まんが日本史ブギウギ

大天狗の神通力をとくと味わうがよい【まんが日本史ブギウギ】

源頼朝に「大天狗」と称された人物がいる。

歴代天皇の中でも、おそらくそこまで激しいアダ名の方は他におられないだろう。

後白河天皇(上皇・法皇)である。

若き頃は「今様」にはまり朝から晩まで遊びまくり。
そして保元の乱に始まり、平治の乱、源平争乱の渦中を独自の政治力で引っ掻き回すのであるから、そりゃあただの天狗ではなく大天狗とも言われるわけで。

平清盛との関係も面白い後白河上皇の動きや如何に?――マンガ「日本史ブギウギ」、第71話、スタート!

 

上皇の愉しみ

 

 

処罰

 

法住寺殿

 

熊野詣

 

ユユシキ過言

 

悲願・摂関家再興

 

北政所

※次週へ続く

【過去作品はコチラから→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 



-まんが日本史ブギウギ

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)