まんが日本史ブギウギ

地味すぎる足利将軍たちの治世がいま始まる【日本史ブギウギ】

足利将軍、全部言えます?

キャラのたった①尊氏・③義満・⑧義政・⑬義輝・⑮義昭の5名はスイスイ出てくると思われるが、もう四代目あたりから怪しくなるのは徳川将軍と同じ。
しかも名前が読みづらく、以下にざっと並べてみると……(年表示は在職期間)。

足利尊氏(1338-1358年)
足利義詮(1359-1367年)
足利義満(1369-1395年)
足利義持(1395-1423年)
足利義量(1423-1425年)
※足利義持(1425-1428年)代理
足利義教(1429-1441年)
足利義勝(1442-1443年)
足利義政(1449-1474年)
足利義尚(1474-1489年)
⑩足利義材(1490-1493年)
足利義澄(1495-1508年)
足利義稙(1508-1522年)10代足利義材の再登板
足利義晴(1522-1547年)
足利義輝(1547-1565年)
足利義栄(1568-1568年)
足利義昭(1568-1588年)

途中に代理とか再登板などがあったりして混乱必至な上に、

⑤足利義量→よしかず
⑨足利義尚→よしひさ
⑩足利義材→よしき
⑭足利義栄→よしひで

この辺りは読みも難しく、事績の印象も薄いからなんにも頭に入らない。

とはいえ、彼等の治世に何もなかったのか?と問われればそんなワケもなく、義満からの代替わりで早くも……マンガ「日本史ブギウギ」、第126話スタート!

 

博多商人

 

勘合貿易

 

鬼夜叉

 

義満最晩年

 

じつは六代目

 

義持の治世

 

上杉禅秀の乱

 

五代目

※次週へ続く

【過去作品はコチラから→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 



-まんが日本史ブギウギ

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)