まんが日本史ブギウギ

あの大奥とスキャンダル♪絵島生島事件から吉宗へ まんが日本史ブギウギ195話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
まんが日本史ブギウギ195話
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

八代将軍

◆徳川宗家を継いだのは暴れん坊将軍でお馴染みの徳川吉宗でした。

就任するまでの流れがなかなか波乱含みでして……以下の記事に詳細がございます。

徳川吉宗が将軍になるまでのミステリー 7名の重要人物が次々に死亡って!?

続きを見る

 

◆広く庶民からの意見を募った「目安箱」。

歴史の授業でもお馴染みですが、当時は単に「箱」と呼ばれていました……って、そのまんまやないかーい。

目安箱
吉宗考案の目安箱はちゃんと機能した?享保の改革に対する批判は?

続きを見る

ちなみに徳川家には、御三家だけでなく御三卿(ごさんきょう)もあり、これまた吉宗が最初に設置したところから始まりました。

御三卿
御三家と御三卿って何がどう違う? 吉宗が田安家を創設した理由

続きを見る

 

年貢

◆「米将軍」と呼ばれるほど、お米の対策・可能性に取り組んだ吉宗。

年貢の徴収方法をめぐって採用されたのが「定免法(じょうめんほう)」です。

収穫量に応じて税率を決めるコストを省き、毎年一定額を受け取ることにしたんですね。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ