戦国ブギウギ武田三代記

関東騒乱は終わらず~信玄最初の結婚へ向けて【マンガ武田三代記】

足利氏の争いに加えて、関東管領・上杉氏の内紛等も起き、とにかくカオスだった関東騒乱。

北条家も侵出してきて混乱に拍車がかかります。

いったん北条と手を結んだ武田信虎はどうするのか?

たしかに甲斐・相模の争いが無くなれば、双方、好きな方面へ軍を進めることができますが……。

一方、上杉氏も生き残りを賭け、新たな一手に取り掛かります。

一体どんな作戦だったのか……戦国ブギウギ武田三代記vol.6のスタート!

◆信長・秀吉・家康の天下統一を描いた戦国ブギウギ

◆聖徳太子の時代から幕末までの超長距離をコツコツ歩んだ日本史ブギウギ

 

お好きな項目に飛べる目次

コイツとは無理

◆伊豆から小田原へと進出してきた北条氏綱

武田との争いを避け、和睦を成立するため千貫文を送りました。

しかし、イケイケドンドンの氏綱はすぐさま岩付城を攻め落とし、間もなく武田との和睦も破綻します。

 

縁談

◆後の武田信玄vs上杉謙信が印象強いせいか。

信玄の縁談といえば、京都から迎えた三条の方(三条夫人)が頭に浮かぶかもしれませんが、実は当初、上杉家と進められたのです。

 

武田ルール

◆長きに渡って甲斐国内に一族が拡散しまくった結果、跡目争いも激しくなった甲斐武田氏。

信虎の祖父である武田信昌からして激しいものでした。

信昌は、嫡男の武田信縄ではなく次男の油川信恵に跡を継がそうとしてドンパチやり、いったんは信縄が継ぐのですが、その死後、今度は他ならぬ信虎が油川信恵(叔父)との抗争に発展します。

つまり信恵は二度、跡目争いをしているワケですね。

争いに買ったのは信虎で、甲斐武田15代当主に。

そんな骨肉の争いを経験したはずなのに、自分の子供の代で同様の争いを起こそうとする信虎さんってば……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-戦国ブギウギ武田三代記