戦国ブギウギ武田三代記

北条の台頭は許さん!上杉と組んで信虎が関東へ【マンガ武田三代記】

武田信虎が甲斐で足場を固める頃、関東では劇的に勢力図が塗り替えられていました。

北条氏の台頭です。

伊勢宗瑞(北条早雲)の息子である北条氏綱は、偉大なる父に負けず劣らずの勇将。

敵対していた上杉朝興(扇谷上杉)は氏綱によって北へ北へと追いやられ、拠点を河越城まで移すばかりか、長く敵対していた上杉憲房(山内上杉)との和睦まで余儀なくされるほど追い詰められておりました。

そんな氏綱を牽制するため、自らの所領を増やすため、大永四年、信虎は関東へ出兵する。

戦国ブギウギ武田三代記vol.5のスタート!

◆信長・秀吉・家康の天下統一を描いた戦国ブギウギ

◆聖徳太子の時代から幕末までの超長距離をコツコツ歩んだ日本史ブギウギ

 

お好きな項目に飛べる目次

岩付城の戦い

◆このとき18,000という大軍で出動の信虎さん、本気のようですが……。

 

ボクの祖父

◆上杉・武田軍は同年7月までに岩付城を攻略。

以降、この拠点は長い間、北条や上杉勢との激戦区と化して参ります。

北条氏綱
早雲の跡を継いだ名将・北条氏綱~関東へ躍進遂げる55年の生涯まとめ

続きを見る

 

母の提案

◆勝千代とは後の信玄さんです。

理屈っぽいといえば理屈っぽいですが、素直ではあるんですね。

その素直さも、学問から得たという、まことに秀才肌なタイプだったんでしょう。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-戦国ブギウギ武田三代記