ゴールデンカムイ18巻(→amazon link

ゴールデンカムイ特集

ゴールデンカムイ18巻~門倉は会津藩士か仙台藩士か?ルーツを徹底考察!

更新日:

「典獄というのは歴代…福岡藩とか長州藩とかの出身者がなるもんでね
つまり明治新政府の人間だ
いっぽう看守は地元の人間が採用される
戦争によって北海道に流れ着いた氏族の成れの果て
屯田兵も囚人もみんな元はそんなもんよ
看守ってのは昔から典獄よりも 囚人たち側の人間が多かったのさ
俺の親父は土方さんと共に戦った旧幕府軍だった」

※『ゴールデンカムイ』第127話より引用した門倉の言葉

『ゴールデンカムイ』18巻表紙は、ちょっと意外かもしれません。
網走監獄看守部長であった門倉とその相棒のキラウシです。

さて、この門倉。
実は永倉新八を差し置き、土方組では三人目の表紙となりました。

一人目は土方本人(3巻・14巻)、二人目は牛山(6巻)。

ゴールデンカムイ14巻(→amazon link)

あれ?
実は結構重要な人物なんじゃないの?
そう思った方もおられるのではないでしょうか。

そんなわけで、門倉の背景にあるかもしれない、そんな歴史を見ていきましょう。

 

父は土方の戦友だった

まずは門倉の紹介から。

土方組が幕末以来の活躍であるため、相対的に若く思えます。
しかし、杉元組はいうまでもなく、実は第七師団よりもかなり年齢が上です。

網走監獄でも7年目。
そこそこキャリアが長いわけです。

仕事ではやる気がない。
だからこそ、犬童の目をかいくぐった。しかし、それもフェイクであったかもしれません。

彼の父、実は土方歳三と戦った旧幕府軍の一員でした。

その父がよほど土方と親しかったのか。
看守の職を捨てても構わない。土方のためならばついていく――そう言い切っていたのです。

だからといって、特に強いわけでもない。
それどころか運が悪い……そんな彼のことをちょっと考えてみましょう。

 

函館戦争の勝ち組と負け組

彼自身は、おそらく40代です。

慶応3年(1868年)。
つまりは明治維新前後の生まれと推察できます。
当人は、幕末の記憶がギリギリあるかないかというところでしょう。

父は、土方(1835年、天保6年)のプラスマイナス10歳としまして、文政年間から弘化年間の人物と推測。
問題はここから!

こうした旧幕府軍は、箱館戦争のあと、どういう生き方をしていたのか?

箱館戦争そのものは、旧幕府軍の敗北です。

土方の戦友は全員負け組と言えるわけ、さすがにそう単純なものでもありません。

五稜郭と四稜郭と箱館戦争~土方歳三が亡くなり榎本武揚が降伏するまで

明 ...

続きを見る

実は、箱館戦争を戦った中にも、様々な事情はありました。

箱館戦争で死ぬ気だったかどうか?
生かされると思っていたのか?

ここは重要な点です。

死ぬ気であった代表格の筆頭こそが、土方その人です。

関東の豪農に生まれ、俳諧を趣味としていた土方歳三。
新選組を率いていたとはいえ、その才能を明治で生かせるかとなると、到底そうは思えません。

新選組への恨みを募らせた攻撃側も、彼の命を惜しむはずがないのです。

土方歳三35年の生涯をスッキリ解説! 多摩のバラガキが五稜郭に散るまで

幕 ...

続きを見る

その正反対の立場であったのが、榎本武揚です。

彼の才知は、殺すにはあまりに惜しい――新政府もそこは意識していました。
勝海舟や榎本は、その才知を惜しんだ新政府でも順調に出世を遂げております。

福沢諭吉がそのことを、著書『痩せ我慢の説』で「ゲスの極み!」と攻撃するほどでした。

福沢諭吉67年の生涯をスッキリ解説!強烈な武士の誇りを持ち続けた偉人の素顔

で ...

続きを見る

さて、ここで考えたいことがあります。

門倉の父が、そのどちらでもなかったということ。
彼が戦死したかどうかは、現時点では不明です。

しかし、土方ほど宿敵扱いされるわけでも、榎本ほど大出世したわけでもない。
彼の息子は、看守というそれなりの地位で、狸のふりをして生きてきたわけですから、その父も、世間からすればその程度の認識だったでしょう。

門倉父子とは、箱館戦争で辛酸を舐めた。
けれども、そこまで大物ではない幕府側。
そういう生い立ちだと推察できます。

 

具体的にどこの藩士なのか?

では、門倉の父とは、具体的にどんな立ち位置であったのか?
そのルーツを絞ってみたいと思います。

◆土方戦友の子孫

→土方の戊辰戦争転戦ルートからすると、

【会津→仙台→函館】

となります。北海道入植士族でも、この進軍ルートに合わないものは除外できます。

◆北海道に入植した

→幕府側の藩についた藩士子孫であり、新選組隊士、旗本、幕臣は除外できるでしょう。

可能性としてゼロではないものの、そこまで高くはありません。

江戸幕府の海軍はなぜ不完全燃焼で終わった?幕臣・中島三郎助と勝海舟の無念

も ...

続きを見る

この条件を満たし、かつ入植した人数が多い藩となりますと、

・仙台藩およびその支藩

・会津藩

が、ツートップとなります。
人数、入植時期でも、もっとも早いのです。

幕末お姫様8名 それぞれの意外な行く末~鹿鳴館の華、籠城戦の指揮……etc

映 ...

続きを見る

余市のリンゴ「緋の衣」と会津藩士~北海道移住の敗者は赤い実に賭けた

生 ...

続きを見る

奥羽越列藩同盟のリーダーであった仙台藩。

「京都守護職」として、新政府首脳部の憎悪を集めていた会津藩。

さて、どちら?

◆仙台藩

門倉の性格がそうかもしれません。

北海道移民からは、
「仙台出身者はつきあってられない!」
という、割と身もふたもない評価があるほどでして。

戊辰戦争でも他の藩から、
「ドンゴリ(ドンという音が聞こえただけで五里逃げる=弱虫)」
と、陰口を叩かれたという話も……。

大藩意識が抜けずに、ノホホンとしているマイペースさがそう思われたようです。
これは嫉妬もあるののでしょうが。

そんな趣旨のことを、他ならぬ仙台出身者である故・菅原文太氏もおっしゃっております。

菅原文太兄ぃは仙台藩士の末裔~書評『仁義なき幕末維新』に見る賊軍子孫の気骨

以 ...

続きを見る

◆会津藩

土方との因縁が何より深い。
新選組は、会津藩の支配下にあった組織です。
会津戦争で降伏せずに、土方とともに戦った藩士も多かったものでした。

会津藩人脈には、メリットもあります。

明治以降、新選組隊士であることよりも、会津藩士であることを重視して生きた大物がいます。

斎藤一こと藤田五郎です。
あの永倉新八と並び、新選組最強候補の剣士です。

そんな斎藤を、会津人脈をたどって召喚もできるかもしれない。そういう意味では、ある意味大変おいしいのです。

史実で真面目に守衛さんだった斎藤の性格からしますと、
「そんな無謀なことをしないで、余生をまじめに生きてください……」
と、止めに入って来そうではありますが。

ちなみに劇中当時、史実の斎藤は東京女子高等師範学校で庶務掛兼会計掛をしております。
真面目な勤務態度、親切な人力車誘導で慕われておりました。

『るろうに剣心』の頃とはまるで違います。

それでも、参戦したら面白いんですよねぇ。

斎藤一72年の生涯をスッキリ解説!謎多き新選組・最強剣士は会津に眠る

新 ...

続きを見る

さあ、どちらでしょう?
判明する日は来るのでしょうか?

この謎に、ちょっとしたヒントがあるかもしれません。

 

門倉という名と出身地

門倉という名を考えてみましょう

彼の下の名前は不明ですが、姓は門倉です。
東日本では坂上田村麻呂の子孫とされる姓になります。

鹿児島地名ルーツの門倉は、この場合、除外してよいでしょう。

門倉は、仙台藩と会津藩、どちらの可能性が高いのでしょうか?

会津藩領には、ズバリ! 門倉山があります。

福島県南会津郡南会津町にある山、それが門倉山。

自然、豪雪、おいしい野菜……あまりに山奥なため史跡すらほとんどない。
平家の落人がこのあたりに落ち延びてきたと言われるほど、小さな田舎町です。

◆おいでよ南会津(公式サイト)

冬はスキーが楽しめます。
18巻で雪を楽しむ、そんな門倉を思いつつ、門倉山に行ってみよう――そんな観光もありですよ!

どこまで作者が意識していたかはさておき、そういう聖地巡礼もできるのです。

有名な山ではありませんので、どこまで元ネタか、わかりませんが。

 

看守はつらいよ

さて、ここで冒頭にあげた門倉の言葉についても、考えてみましょう。

屯田兵も囚人もみんな元はそんなもんよ

看守ってのは昔から典獄よりも 囚人たち側の人間が多かったのさ

本州からの囚人には、白石のモデルこと白鳥良栄のような、問題のある囚人も含まれていました。

それだけではなく、政治犯も多数おりました。

「THE・脱獄」とある英国人と日本人の奇想天外!味噌汁の塩分で鉄を錆びらせ……

1 ...

続きを見る

網走監獄(網走刑務所)の歴史 本当に「凶悪犯の吹きだまり」だったのか?

網 ...

続きを見る

自由民権運動で逮捕される囚人もいたのです。

中には、こんな悪政への反発した者もいたわけでして。

三島通庸「鬼県令」と呼ばれて~いだてん三島弥彦の父は元精忠組メンバー

2 ...

続きを見る

門倉のいる北海道。
その監獄ともなれば、明治政府の抱える矛盾点の吹き溜まりでした。

明治維新で敗れた側、北海道にまで流されたその子孫がいる。
自由民権運動逮捕者の中には、父祖の地から来た者がいる。

そういう政治の矛盾点が煮詰まった場所にいて、門倉がこりゃもう土方さんに協力しても仕方ねえと思っても、そこは仕方のないところでしょう。

 

第七師団とスキー

ちょっと門倉からは離れるのですが、補足説明を。

単行本2巻の第8話で、スキーが登場します。
ロシア式のものとされていて、野田先生がこう解説しています。

——リアリティを追求している、と。
野田 でも、あまりこだわりすぎると話の展開が縛られてしまいます。スキーはこの時代にはまだ日本に普及していませんでしたが、ロシアにはすでにあったので、貿易が盛んな小樽には入ってきててもおかしくないはずだ、とか自分に言い聞かせて描いたり。もっとも、スキー板に「ロシニョール」とかブランド名が入っていたら、ツッコまれてもしょうがないですけどね。(このマンガがすごい!WEBより引用

当時の日本でスキーが発達していないという点はその通りです。

日本におけるスキーの普及は『ゴールデンカムイ』開始後。
1911年(明治44年)、新潟県高田市に、オーストリア人の青年士官であるレルヒが伝えたとされます。

しかし、第七師団がスキーを知っていても、そこまでおかしくはありません。

アイヌにもスキーはありました。
お抱え外国人でも楽しむものがいました。

そして1895年(明治28年)、日清戦争後、松川敏胤大尉が戦利品として日本にスキーを持ち帰りました。

松川敏胤/wikipediaより引用

1902年(明治35年)には「八甲田雪中行軍遭難事件」が発生すると、その悲報を受けて、ノルウェー王・ホーコン7世がスキーセット2台をお見舞いとして贈呈しています。

イタリア駐在日本武官も、陸軍省にスキーを送っているのです。

八甲田雪中行軍遭難事件~マイナス20℃ 真冬の青森で登山そりゃ遭難するわ!

急 ...

続きを見る

スキーを導入しなければ――そう思ってもおかしくありません。

それでは第七師団はどうでしょうか?
北海道ですから、もう真っ先にスキーを習いたいところでしょう。

1903年(明治36年)。
第七師団札幌月寒第25連隊に、ノルウェー式スキー3台が届きました。

つまり、鶴見あたりがこう思っていてもおかしくはない。

「これからはやはりスキーだ!」

ノルウェー式とロシア式という違いはありますけどね。

ただし、このときの第七師団において、スキーが定着するまでには至りません。
なかなか難しかったのです。

資産家や外国人がスキーを導入するものの、定着はレルヒ(ハンガリー王国の軍人)を待つ他なかったのでした。

スキーの歴史は紀元前2500年から! 狩猟具がやがて武具になり、そしてスポーツへ

平 ...

続きを見る

日本にスキーを定着させたレルヒは「旭川の雪質がいい」という話を聞きつけると、興味津々になりました。

そして1912年(明治45年)、ついにレルヒの願いが叶います。
旭川に着任し、スキー指導を始めたのです。

北海道スキーもまた、レルヒによって始まりました。

『ゴールデンカムイ』の鶴見配下は、何人生存できるかわかりません。
生き延びたところで、反逆者として手痛い目にあうことでしょう。

それでもこのピンチを切り抜けることができれば、レルヒからスキーを習ってもおかしくはありません。

さぁ、頑張ってレルヒからスキー講習を受けてみよう!
何人がそうできることやら……。

第七師団はなぜゴールデンカムイで敵役なのか?屯田兵時代から続く過酷な環境

主 ...

続きを見る

 

土方組と第七師団の戦い

門倉に話を戻します。

日清戦争のあと、スキーを持ち帰った松川敏胤大尉は、仙台藩出身です。

レルヒからスキーを習った、第七師団所属の三瓶勝美は、会津藩出身です。

『第九』の普及で有名な松江豊寿。
彼は1911年(明治44年)、第七師団長高級副官副官であったという経歴があります。

会津藩出身です。

松江豊寿の会津魂が「坂東俘虜収容所」で感動の第九を鳴り響かせた

明 ...

続きを見る

♪国内初のベートーベン「第九」は板東俘虜収容所で♫ドイツ人捕虜が演奏した

1 ...

続きを見る

門倉の言葉を振り返ってみましょう。

第七師団の構成員も、旧幕府軍子孫が多い。
つまり鶴見配下である第七師団内にも、土方の生存を知れば心が揺れる者がいるかもしれないわけです。

土方だって、斬り捨てる中に会津藩士の子孫がいたら、平常心を保てない可能性はあります。

アシリパの父・ウイルクにせよ。キロランケにせよ。

土方組にせよ。

鶴見以下の第七師団にせよ。

全員がそのまま反政府同士で手を組めば、もしかすると一致できるのかもしれません。

そこまでいかずとも、自分たちは明治政府から弾かれた同士だと悟り、手をにぎり合うこともできるかもしれない――こう書いてきて、思い当たるところがあります。

杉元一行も、第七師団も。
幕末以来の因縁を持つ者が多いにも関わらず、北海道開拓使のミッシングピースがあるのです。

それが、奥羽越列藩同盟に参加した士族子孫です。
他の登場人物ルーツも踏まえてみましょう。

『ゴールデンカムイ』主要キャラ9名の出自やルーツ 史実からマトメてみた!

北 ...

続きを見る

『ゴールデンカムイ』尾形百之助のルーツと因縁を考察!薩摩と水戸の関係とは

2 ...

続きを見る

◆新政府「薩長土肥」

薩摩(鹿児島県):鯉登父子、花沢幸次郎・勇作父子(尾形の父および異母弟)

長州(山口県):有坂(モデルの有坂成章の出身地から)

土佐(高知県):該当者なし

肥前(佐賀県・長崎県):該当者なし

◆旧幕府にゆかりがある

会津(福島県):該当者なし

仙台(宮城県):該当者なし

庄内(山形県):該当者なし

米沢(山形県):該当者なし

長岡(新潟県):鶴見(推定 ※月島の佐渡島は幕府天領)

水戸(茨城県):尾形(推定)

駿河(静岡県):二階堂(推定)

推定ばかりで申し訳ありませんが、藩と廃藩置県の都合ですのでご了承ください。
一番そうであれば面白い可能性で考慮しております。

こうしてみてくると、やはり会津と仙台の空白は引っかかります。
前述の通り、この二藩は初期北海道開拓者の二大ルーツです。

以上の要素からしまして、結論から言いますと。

本命:会津藩士子孫

対抗馬:仙台藩士子孫

大穴:それ以外

このあたりでしょう。

入植初期にやってきた、開拓者と屯田兵の一世世代。

慣れない土地で暮らし始め、幕末以来の苦難を我が子に語り継いできた。
薩長に負けてはならぬと言い聞かせて来た。
そんな人々。

チャラくて運が悪く、政府側の監獄たちからは「狸」と呼ばれ、侮られてきた門倉。
そんな門倉が、武士の誇りを炸裂させるミッシングピースとして戦ったら、それはもう熱い展開ではありませんか。

彼個人として素晴らしいというだけではなく、奥羽武士末裔開拓者のプライドをも刺激する、それこそ熱い展開になりかねません!

そんなわけで、狸のような門倉の今後に期待したいところ。
幕末史までさかのぼり、なかなか奥が深い『ゴールデンカムイ』。
門倉父の経歴を含めて、その素性が明らかになる時が待ち遠しいですね。

ともあれ門倉さん、キラウシニシパ、表紙の登場おめでとうございます!!

文:小檜山青

【参考文献】
『ゴールデンカムイ 18巻』(→amazon link
『北海道の歴史下 近代・現代編』北海道新聞社(→amazon link
『北の会津士魂』好川之範(→amazon link
『土方歳三と榎本武揚: 幕臣たちの戊辰・箱館戦争』宮地正人(日本史リブレット人)(→amazon link

 



-ゴールデンカムイ特集

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.