歴史戦国ジャンルでアクセス日本一!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

絵・小久ヒロ

西郷どん特集 幕末・維新

永田熊吉=西郷どんで塚地武雅が演じる実在キャラ!西郷菊次郎を西南戦争で助ける

投稿日:

大河ドラマ『西郷どん』で、ドランクドラゴン塚地武雅さんが演じる熊吉
ユーモラスで心優しい使用人として登場しておりますが、ふと、こんな風に思ったことはありませんか?

『熊吉さんって、あくまでオリキャラ(ドラマのオリジナルキャラクター)でしょ? 実在しないんでしょ?』

確かに、日本の歴史を振り返ってみれば、使用人の事績や名前が残るケースはほぼありません。
ゆえに熊吉も「ちょうどいいオリキャラだなぁ」と思われがちなのですが、ところがどっこい彼は実在します。

しかも、西郷家の大事な場面にはちょいちょい絡んでくるから、とてもスルーはできない重要人物。

一体、どんな人物なのか。
史実の熊吉(永田熊吉)、その生涯をマトメてみました

 

父子二代で西郷家に仕える

熊吉は、彼の父・熊次郎の代から西郷家に仕える使用人(従僕)でした。

誕生は、天保6年(1835年)前後。
同年代の人物は、吉田松陰坂本竜馬橋本左内福沢諭吉等がおります。

西郷隆盛が文政10年(1827年)生まれですから、実は主人である彼の方が年上なのですね。

ドラマでは、年齢設定を少し変えているのでしょう。
あるいは、父親の代での活躍も加えて、キャラクターを構成しているのかもしれません。

西郷家は貧しい家として描写されています。
それでも、熊吉のような使用人を雇うことはできました。
下級武士といえども、その程度の余裕はあったのです。

西郷家のような大家庭では、家族だけではとても生活を回せない、ということもあったのでしょう。

 

 

スポンサーリンク

西郷の子・菊次郎の命を救った

西郷が江戸に出てるとき、熊吉は同行しています。
おそらくや身の回りの世話等をしたのでしょう。

そんな彼は、西郷家の歴史の要所において顔を出します。

明治10年(1877年)の西南戦争では、西郷の実子で唯一戦場にいた菊次郎を庇いました。

菊次郎が右脚を切断すると、背負って戦場を移動したのです。
そのときには40才を超え、当時としては若くはない年齢でしたから、さぞかし苦労したことでしょう。

また、熊吉自身も長岡の戦いで左脚に傷を負いました。
幸い銃弾が貫通したため、切断にまで至らなかったようです。

熊吉は、西郷から菊次郎を託されました。

西郷菊次郎/wikipediaより引用

菊次郎を庇って、西郷の実弟・西郷従道の陣に投稿。
そこで従道は大変喜んだとされています。

菊次郎とともに行動したため、熊吉は戦線を離脱し、主人である西郷の死を見届けることはありませんでした。

 

糸の使者として東京に向かう

西郷の死後、残された一家は逆賊の身内として、辛い日々を送ることになります。
非情にもほどがありますが、日本全体に与えた影響を考えれば致し方ありません。

かくして経済的にも困窮していた鹿児島の西郷家に、東京から親戚が多額の香典を持って来ました。

未亡人の西郷糸子は、誇り高い人物です。
香典の受け取りを強く断ります。

それでも相手は押しつけるように置いて帰京。
そこで糸子は、熊吉に香典を返しに行くように頼みました。

熊吉は、わざわざ香典を持って東京にまで向かったのです。

岩山糸(西郷糸子)/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

上京し、西郷従道のもとへ

西郷の死後も鹿児島で暮らしていた糸子が上京するのは明治29年(1896年)のことです。
熊吉はそれ以前に上京していたようです。

東京では、西郷従道の家で庭師をしていました。
彼にすれば、西郷家そのものに仕えていたわけでして、兄の隆盛も弟の従道も、主筋にあたります。

熊吉は、庭師として厚遇されたようです。

従道からすれば兄の形見のような恩人のような人物であり、甥の命を救ってくれた人物です。
それは当然、厚遇することでしょう。

熊吉の家族も、従道が面倒を見ました。
西郷家と熊吉の関係は、主人と使用人という関係を越えて、ほとんど家族同士といったような、濃いものであったのです。

西郷従道/wikipediaより引用

熊吉は明治33年(1900年)に死去。享年66。

時代の要所において、顔を出す西郷家の使用人は、考えてみれば、西郷の両親よりも、三人の妻よりも長い付き合いがあった人物と言えます。

誰よりも、西郷のことを知っていたのは熊吉だったのかもしれません。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
国史大辞典
歴史人物研究会『幕末明治 時代を変えた女たち

当サイトで実験しました

 





動画配信サービス・主要7社
当サイトで試してみました


注目!西郷隆盛2番目の妻
愛加那(とぅま)とは?


1位 朝ドラまんぷくモデル
安藤百福50歳からチキンラーメンを開発!


2位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


5位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


6位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


7位 四国の覇王!
長宗我部元親の生涯とは


8位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


9位 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


10位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


注目! 日米修好通商条約の真実
タフネゴシエーター岩瀬忠震


-西郷どん特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.