幕末・維新

あの西郷にも愛人がいた? その名も「豚姫」という祇園仲居の人柄に惚れ?

大志を抱き、死と隣り合わせの京へやってきた志士たち。

そんな危険な薫りをまとった男たちに、恋い焦がれる女たち。

幕末の京都には、数多の名物カップルが誕生しました。

木戸孝允幾松木戸松子)。

久坂玄瑞と辰路。

近藤勇と深雪太夫

山南敬助と明里。

そんな中、西郷隆盛はどう過ごしていたのでしょう?

西郷隆盛49年の生涯まとめ【年表付】誕生から西南戦争での最期まで

続きを見る

女遊びや色恋沙汰とは、とんと無縁のイメージですが、実は相思相愛だったと噂される女性がおりました。

その名も「豚姫」。

誤記ではありません。「豚」と書いて「ブタ」姫です。

その正体は諸説ありますが、林真理子氏の『西郷どん』原作では【祇園・奈良福(ならとみ)の仲居・お虎】とされています。

言わば西郷隆盛の愛人的存在ですね。

 

酒豪で肌がきれい ポッチャリ系の「豚姫」さん

「豚姫」とは、愛称からもお察しの通り、なかなか大柄な女性だったようです。

単なる大柄というワケではなさそうで……要するに、ぽっちゃり系だったんですね。

しかも年齢は30才前後だったといいますから、ぴちぴちの若いお嬢さんというわけでもない。

この逸話から「西郷はぽっちゃり好き」なんて推測もありますが、そう単純な話でもないと思います。

性格・相性の良い女性がたまたま太めだった、というのも十分にありうるでしょう。

なんせ虎は、酒豪できっぷがよく、豪快で度胸満点の性格だったと伝わります。突き抜けた性格の人物は、男も女も、強烈に愛されるケースは決して珍しくありません。

というより、モテるのが一般的です。

また虎は、色白で肌が美しく、酒を飲んで肌が火照るとなんとも艶めかしかった、なんて話まで残されています。

美肌にこだわりがあった、という話でもよいではないですか。

 

「女遊び一つとっても、たいしたもんだ」

他ならぬ勝海舟がこう語ってもいます。

「たかが女遊び一つとっても、西郷はたいしたもんだよ。何か見た目じゃないところで惹かれあったんだろうね」

美人にポーッとなるのではなく、豪快で気の合う女性と愛し合う西郷っていいよね、というわけです。

勝は「西郷がぽっちゃり好き」とは言ってません。

「西郷は女でも見た目ではなく、人柄に惚れる」と強調しておりまして。ここは重要ですゾ。

勝海舟77年の生涯まとめ【年表付】いつドコで生まれ維新後は何をしていた?

続きを見る

そもそもロマンスといっても、どういう関係なのか、ハッキリしていません。

男女の仲なのか、男女間の友情なのか、惚れたのか、惚れられたのか、相思相愛なのか。

今後二人のラブレターでも発見されたら面白いかもしれません。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.