川路利良/wikipediaより引用

幕末・維新

薩摩藩士・川路利良が導入した近代警察制度~仏英の歴史と共に振り返る

あなたは過去へタイムスリップしたいですか?

歴史好きなのに、いや、歴史好きだからこそかもしれませんが、私はお断りしたいです。

というのも、少しでも時代を遡ると「近代的正義」や、薩摩藩の川路利良が導入した【近代警察制度】が存在せず、なんとも理不尽な慣習が横行しているからです。

その昔、近代警察が誕生する以前の犯罪捜査はデタラメ尽くしでした。

なにせ当時は身分制度の全盛期であります。

運悪く領主様が殺人鬼だと、殺されっぱなしが普通という狂気の世界。

超代表的な人物を2名上げるとすれば

大量殺人貴族ジル・ド・レの所業~ジャンヌの戦友は伝説級の鬼畜だった

続きを見る

血の伯爵夫人バートリ・エルジェーベト 女性最凶のシリアルキラーが激ヤバ!

続きを見る

あたりでしょうか。

二人とも外国人の殺人鬼ですから「西洋は嫌だなぁ」という程度の印象かもしれませんが、事はさほどに単純ではありません。

幕末の日本だって、どんだけ地獄よ!

という話で「西洋人や西洋かぶれをぶっ殺すとイケイケになれる!」という思想結社が人を殺しまくりでした。

危なくて、うかうか町も歩けません、マジで。

岡田以蔵の人斬り以蔵っぷりが狂気! 幕末の四大人斬りで最もガチな生涯28年

続きを見る

幕末の訪日外国人は日本にガクブル!? 銃でも勝てない日本刀も切腹もヤバすぎ

続きを見る

そんな日本に、作法も知らない外国人がどっと雪崩れてきたのですから、幕末はいよいよ危ない。

実際、トラブルも頻発し、その最たる例が生麦事件でした。

生麦事件
生麦事件でイギリス人奥さんは頭髪を剃られ 英国vs薩摩に発展する

続きを見る

この事件では、注目すべきポイントがあります。

イギリスは当初、一行を殺した【実行犯】を引き渡すよう薩摩に通告しました。

これに対し、薩摩では、

「殿とそん父上ん首が欲しかじゃと!?」

と勘違いして、それは絶対にできない!ということで薩英戦争にまで発展してしまいます。

薩英戦争で意外に少ない薩摩の被害~その後イギリスと仲良くなったのは実益から

続きを見る

犯人を寄越せというイギリスに対し、そんなことは一切頭になく、藩主の命で責任をとらされると勘違いしてしまう薩摩。

この認識の違いこそが【近代的正義の有無】の差であり、警察制度の差なんですね。

当時の英国には、すでに近代警察が誕生しており、犯人の引き渡しという発想が自然でした。

逆を言えば日本に、そんな思想は皆無だったのでした。

一体この警察制度、日本ではいつ誕生したかご存知でしょうか?

ご想像のとおり明治維新によってもたらされますが、諸外国を勉強して導入したのが他ならぬ薩摩藩の川路利良(かわじとしよし)となります。

※文中の記事リンクは文末にもございます

 

我々の生活基盤ともなっている近代的正義とは

川路利良は、一部では不名誉な出来事で知られております。

他ならぬ警察制度の勉強のため渡欧していたとき、フランスの列車の中で便意を催し、新聞の上にひねり出したブツを窓から放り投げ、それが鉄道の作業員にブツかって一騒動起きてしまったのです。

薩摩藩士のトンデモ武勇伝!大久保の畳回し!従道の裸踊り!川路の大便投下!

続きを見る

むろん、これは緊急事態だったからこそ。

他の薩摩隼人のエピソードもぶっ飛んでいて驚きも多々ありますが、まぁ、大便投擲事件はあくまで一度だけのものでしょう(と思いたい)。

ともかく、彼によって近代警察制度と共に近代的正義の思想が導入され、後の日本に多大なる影響を与えました。

警察制度をもとに犯人を特定して罪を償わせる――。

この近代的正義は、現代の我々の生活でも基盤となってますが、川路利良のお陰だったんですね。

もっと広く知られてもいいと思うのです。

歴史的にわかりやすい一例が1811年の英国ロンドン。

【ラトクリフ街道殺人事件】です。

シャーロック・ホームズが19世紀の英国に生まれた理由~名探偵渇望の時代

続きを見る

 

英国ではラトクリフ街道殺人事件をキッカケに

ラトクリフ街道殺人事件とは……二家族7名、しかも赤ん坊まで殺されてしまった惨殺事件。

犯人とされたのはスコットランド人の水夫ジョン・ウィリアムズで、彼は勾留後に自殺し、その遺体は心臓に杭が打ち込まれて市民に公開されました。

ロンドン当局もこれで終わりにしたかったのでしょう。

しかし市民からは思わぬ反発が起きました。

「あの船員は犯人じゃないだろ!」

「よそ者を殺して誤魔化す気か? 騙されねーからな!」

市民から嫌われがちなヨソ者(スコットランド人船員)をスケープゴートにしてごまかす――イギリスでも、19世紀当初はそんなもんだったんですね。

逆に、それまでは乱暴な手法が通じていたわけで、今度ばかりはロンドン市民たちも怒り狂ったのです。

さっさと真犯人を探せ!と。

事件の真相を求める「近代的正義」はこうして意識されるようになり、そこで注目されたのがフランスでした。

「フランスには、なんでも“警察組織”ってのがあるらしいぜ!」

かくして生まれたのが「スコットランドヤード」=警察組織。事件から18年後、1829年のことでした。

スコットランドヤード/photo by Anthony O'Neil wikipediaより引用

実際、近代警察制度が導入された英国では、激変しました。

労働者階級の生まれだろうと、貴族邸に押し入り、犯罪捜査でに挑む。

「刑事」も誕生したのです。

シャーロック・ホームズ』の代表的刑事レストレードの挿絵

※BBC『SHERLOCK』ではルパート・グレイブスが刑事レストレードを演じております

1887年には、アーサー・コナン・ドイルが発表した推理小説『緋色の研究』がヒット。

主人公の私立探偵シャーロック・ホームズは、今日に至るまで大人気となっています。

アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ』生みの親の素顔

続きを見る

では、いったいナゼ、この作品がウケたのか?

血みどろの探偵劇が面白いから?

それもあるかもしれませんが、実際は、19世紀になってようやく人々が目覚めたのではないでしょうか。

自分の嫌いな属性の、無実の人間を殺しても、そんなものは野蛮なリンチであり正義とは無関係。何の益もないどころか、真犯人が放置されている危険性を考えれば有害でしかない。

「科学的根拠や推理をもとに実行犯を捉えてこそ“近代的正義”ではないのか?」

と、こうした【近代的正義】を求める人類の声こそ、近代的警察組織が産声をあげた背景にりました。

では、組織としての近代警察はいかなる経緯でもって成立したのか?

フランスに目をやってみましょう。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)