美賀君

美賀君(一条美賀子)/wikipediaより引用

幕末・維新

美賀君(慶喜の正妻)は本当に嫉妬深い? 徳川慶喜の女性関係が複雑だ!

渋沢栄一の生涯を描いた大河ドラマ『青天を衝け』――。

主人公である栄一を差し置いて衝撃的なキャラクターだったのが第6回放送で登場した徳川慶喜の正妻・美賀君(演:川栄李奈さん)でしょう。

慶喜との夫婦仲がうまくいかず、嫉妬のあまりに短刀を持ち出し、刃傷騒動を巻き起こす!

一体あれは何事か?

そんな史実があったのか?

そもそも徳川慶喜は正妻に対してあんなに冷淡だったの?

数々の疑問が湧いてきたと思いますが、実際のところ美賀君に限らず、慶喜の周囲にいる女性には興味深いエピソードを持った方が多いのも事実。

そこで本稿では、以下の女性たちに注目し、

・吉子(母)
・得信院(若き祖母)
・千代君(最初の許嫁)
・美賀君(正妻)
・お芳(辰五郎の娘)
・信と幸(側室)
篤姫(家定正妻)
和宮(家茂正妻)

徳川慶喜とのエピソードなどを取り上げてみたいと思います。

徳川慶喜(一橋慶喜)は家康の再来とされた英邁? ラスト将軍77年の生涯

続きを見る

 

慶喜はイケメンだった

徳川慶喜はイケメンであった――。

慶喜の女性関係を考察していく上で、ここはまず押さえておきたいところ。

大奥がざわつくこともあった。ゆえに13代将軍・徳川家定が慶喜に反感を抱いていた……そんなゴシップ情報もあるほどです。

徳川家定(十三代将軍)って何だか可哀想……篤姫の夫として期待されるも

続きを見る

女性たちだけではありません。

フランスから贈られた軍服も着こなす慶喜に対し、来日した外国人も感心。

輝く瞳、形のよい鼻、上品に微笑む口元、健康的な肌などは、貴族的でまさしく紳士である、と複数名が書き残しております。

『西郷どん』で低評価だった慶喜像を覆す! 英仏も惚れたタイクーンとは

続きを見る

外見だけではありません。

慶喜の気品を保ったのは、母親の存在も大きかったことでしょう。

吉子(演:原日出子さん)の出自は、慶喜に大きな影響を与えました。

 

誇り高き母・吉子

徳川斉昭の妻であり、慶喜の母である登美宮・吉子。

有栖川宮織仁親王の女王であった彼女は、当時ならば「薹(とう)が立った」と囁かれる27歳で嫁ぎました。

むろん恋愛結婚などではなく、徳川光圀以降、尊皇を掲げていた水戸藩ならではの人選です。

そんな彼女の血筋を尊んだのか。

暴れん坊として知られる斉昭は側室を置かず、夫婦仲は睦まじかったとされます。

徳川斉昭
徳川斉昭(青天を衝け・竹中直人)の史実は幕府を揺るがす問題児?【慶喜の父】

続きを見る

しかし彼女は、ただおしとやかな女性でもありません。

あるとき、乗馬の練習をする吉子に対して、斉昭はゲスい冗談を言いました。

「女が馬に乗るときは、鞍に棒を立てたら落ちないだろう」

すると彼女はこう返したのです。

「御前は前壺に穴を開けたらよろしおすなぁ」

夫の女癖の悪さを皮肉って嫌味で返したのです。咄嗟にこんな言葉が出てくるとは、頭の回転が良いだけでなく、夫の性癖を快くは思っていなかったのでしょう。

なんせ斉昭は「側室は置かないが、お手付きをしないとは言っていない」というような、とんでもない品行の持ち主でした。

斉昭が大奥で嫌われることとなった事件があります。

不犯の誓いを立てていた女中・唐橋に対して、強引に性的な関係を持ったのです。唐橋を悪女とする見方もありますが、大奥やその他女性の反応からしてそうではないでしょう。

例えば、斉昭が水戸の偕楽園で梅見をする際、女中たちは未婚の証である丸髷を結いました。

既婚のあかしである島田髷にしておくと、斉昭が手をつけてしまうと噂されていたのです。

吉子は賢夫人らしく嫉妬を隠していても、本音が漏れることもあったのでしょう。

幕末のお姫様8名 それぞれの意外な行く末~鹿鳴館の華、籠城戦の指揮……etc

続きを見る

そんな母と慶喜が、母と子としての時間を過ごせたのは、明治維新以降のことでした。

幼少期から将軍の座を追われるまで、慶喜は長く母と離れて生きていたのです。

斉昭は、江戸での生活が悪影響を及ぼしかねないと考えており、我が子を水戸に送っておりました。慶喜も生後七ヶ月で江戸を離れています。

慶喜は父の厳しい教育方針で、さぞや生真面目に育ったと思われそうですが、そうでもありません。

戦ごっこ、火事ごっこが大好きで、勉強は嫌い。

奥女中たちは「七郎麿様は何をするにも強気で困った……」とぼやいていたとか。

猫を木に縛り付けて、手裏剣の的にしていたというのですから、相当な暴れん坊の側面もあったようです。

そんな慶喜は、11歳で江戸に向かいます。

将軍・徳川家慶にとって、慶喜は甥にあたります。

家慶正室の喬子女王(たかこじょおう)が、慶喜の母・吉子の姉にあたる人物でした。

 

あこがれの若き祖母・徳信院

江戸についた慶喜の面倒を見たのは、慶喜の養祖母となった徳信院(演:美村里江さん)でした。

彼女は伏見宮貞敬親王の王女であり、名は直子女王(つねこじょうおう)。

11歳のときに京都から一橋家へ嫁いで来ました。

一橋家7代目当主・徳川慶寿(よしひさ)の正室となったのです。

しかし、夫は25歳の若さで早逝してしまい、彼女は出家して「徳信院」となりました。

慶寿が末期養子とした昌丸も夭折したため、その後継者に取り立てられたのが徳川慶喜です。

つまり彼女は18歳にして祖母となり、11歳の孫(慶喜)を見る立場となったのです。

幼くして母と引き離された慶喜にとって、この徳信院こそ母に代わる存在。

大河ドラマ『青天を衝け』で美賀君が嫉妬に狂っても不思議ではない年齢だったんですね。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)