橋本左内

橋本左内肖像画(島田墨仙作)/wikipediaより引用

幕末・維新

橋本左内26年の生涯 哀しき最期とは~西郷の心に居続けた福井藩の天才

西郷隆盛に影響を与えた人物は誰か?

そう問われたら、多くの方が以下の人物あたりから候補者を挙げるでしょう。

では、もう一つ質問です。

西郷隆盛が死の直前まで大切に持っていた「手紙」の送り主は誰か?

西郷隆盛49年の生涯まとめ【年表付】誕生から西南戦争での最期まで

続きを見る

それは齢26にして【安政の大獄】の犠牲者となった、福井藩の天才――。

橋本左内です。

 

福井藩の神童

橋本左内(本稿はこの名で統一)は天保5年(1834年)、福井藩奥外科医・橋本長綱の長男として誕生しました。

幼いころから聡明だったことで知られた左内は、15才にして『啓発録』を執筆。その骨子は、以下の五項目からなっておりました。

『啓発録』

1. 13~14才になったら大人に頼るような子供っぽさは捨てる

2. 士気を鼓舞してゆく

3. 志を立てる

4. 勉学に励む

5. よりよい人付き合いを目指す

これだけのことを、きっちり文章にして記すとなれば、やはり神童ということでしょう。

『啓発録』は現代語訳(→amazon)も出版されており、今なお学生やビジネスマンの間で人気があるほどです。

 

優れた頭脳は「池中の蛟竜」と称される

神童として知られた左内。『啓発録』を著した翌年、16才にして緒方洪庵に弟子入りしてからも、その才能に尽きることはありません。

適塾で医師を育成した緒方も、左内の頭脳には舌を巻き、彼をこう呼びました。

「池中の蛟竜」

出典元は『三国志』の呉志・周瑜伝ですね。

これから世に出るのを待っている――そんな大きな才能という意味が込められておりました。

緒方洪庵は聖人かっ!? 適塾で医師を育て種痘撲滅にも奔走 しかし最期は……

続きを見る

左内の、ちょっと変わった性格を表すエピソードとして、こんな話があります。

あるとき、友人が負傷しました。それを見て、左内はその傷をあろうことか焼こうとします。

「火傷なら治療法を知っているから」

かような理屈でした。

合理的というか、何というか。常人の発想から離れたところにいる――我々凡人は、唖然とするばかりでしょう。

橋本左内肖像画(島田墨仙作)福井市立郷土歴史博物館蔵/wikipediaより引用

 

西洋化と藩政改革に抜擢

左内の秀才ぶりは、更に広く知れ渡り、交際範囲は広まります。

西郷隆盛、藤田東湖、梅田雲浜、横井小楠。島津斉彬に付き従い、江戸に出向いていた西郷は、彼らと接する機会を得たのでした。

藤田東湖
藤田東湖(青天を衝け 渡辺いっけい)史実はどんな人? 水戸藩を過激化?

続きを見る

岩倉や春嶽に才能を見込まれた横井小楠とは~知られざる幕末志士伝

続きを見る

そして西郷は、同年代の優秀な思想家として、左内の名を挙げるほど高く買っていました。

もちろん、さほどに若く優秀な左内を、世間も放ってはおきません。

藩主・松平春嶽松平慶永)に取り立てられ、書院番、侍読(秘書)、御手元御用掛と順調に出世。それだけ仕事が出来たのでしょう。

松平春嶽(松平慶永)幕末のドタバタで「調停調停また調停」だった生涯63年

続きを見る

藩校・明道館の蘭学係にも就任し、洋書習学所を開設しました。

積極的に西洋の学問や技術を取り入れ、藩政改革や開発に取り組んだのです。

藩政改革にも尽力しました。

これが20代前半までのことというのですから、まさに早熟の天才というほかありません。

列強の脅威を感じ、いかにして日本もそこから学ぶか? その点についても、左内は若くして構想を抱いていました。その内容は……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >

-幕末・維新
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)