この歴史漫画がアツい! 江戸時代

漫画『Y十M~柳生忍法帖~』で「十兵衛流#HeForShe」を学ぼうぞ!

2020年春、こんな事件がありました。

◆「自民党総裁として申し訳ない」馳氏視察への抗議に首相

男性政治家が女性支援団体の支援に訪れたところ、その言動に問題があり、安倍首相が謝罪するほどの事態に至ったというものです。

この手の騒動が持ち上がると、こんな気持ちも湧き上がってきたりしませんか?

「じゃあ男は女を助けるなってこと?」

「どうすればいいのよ。めんどくせえな〜」

普段から、女性支援の書物なり、コンテンツなりに目を通すのは面倒だ。SNSで質問するにも、ハードルが高い。

そんな方に一つオススメなのがこれ。

映画『マッドマックス 怒りのデスロード』を見よう!

 

と同時にもうひとつ、歴史サイトならではの作品を紹介させていただきます。

山田風太郎原作&せがわまさき作画の

『Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~』(→amazon

です!

ハチャメチャな剣術ワールドを楽しめることもさることながら、同時に『十兵衛流 #HeForShe』を学べてしまう、この名作。

何言ってるかわからない?

すみません、これから解説させていただきます!

※文中敬称略

 

あらすじ:女の城を穢した者は女の手により

江戸時代初期、寛永19年(1642年)――。

陸奥の要衝・会津を治める加藤明成は、暴虐の限りを尽くしていた。

主君を見限った国家老・堀主水は、一族郎党ともども会津から退転する。

この【会津騒動】では、下剋上を根絶したい幕府の意向もあり、堀一族の男が処断されたが女に罪はない。剃髪し、仏門に入ることで許されるはずであった。

堀一族の女たちは、鎌倉の東慶寺に入る。

この尼寺を襲ったのが「会津七本槍」と呼ばれる猛者たちであった。

東慶寺は女の城であり、女を守るべきものである。それを男である「会津七本槍」が汚した――。

寺を保護する天樹院(千姫※本項ではわかりやすく千姫とします)はこのことに激怒。

堀一族の女七人で、必ずや七本槍を討ち果たせ。されど、女七人であれほどの武芸者を斃せるのか?

仇討ちを果たすために七人の女を鍛え上げ、尼寺を穢した者どもに天誅を加えるのだ。

と、その助っ人に選ばれたのが柳生十兵衛三厳であった。

山田風太郎に息子を散々に描写された松山城築城の加藤嘉明を地元愛で歴女が語る

続きを見る

柳生一族に生まれた酒乱の嫡男・柳生十兵衛はこれでヒーローになりました

続きを見る

山田風太郎「甲賀忍法帖」徳川の継承争いに翻弄された哀しき忍者たちの戦い

続きを見る

 

千姫の意地と誇り~この世にはアジールがある

歴史に詳しい方であれば、あらすじを読んだ時点で、突っ込みたい気持ちが湧いてくるかもしれません。

「千姫って、当時の将軍・徳川家光の姉でしょ? だったら家光に頼んで処罰すればいいじゃん」

実はこのことを、十兵衛を遣わした沢庵も言っているのです。

それでも千姫は、断固として女自身の手による仇討ちを主張します。

なぜか?

千姫の意地と誇りがある。彼女は山田風太郎作品で複数登場しておりますが、女性としてはほぼ最強の知恵と勇気があります。

『くノ一忍法帖』では、千姫が豊臣の誇りを背景に、忍法勝負を仕掛けております。

せがわまさき作画の若き千姫は『山風短』にも登場しますので、興味がある方は是非お読みいただければ。

史実の千姫も、男たちの思惑で人生を無茶苦茶にされています。

親のいいつけで嫁いだ先の夫・豊臣秀頼だけでなくその子も殺され、豊臣家は滅亡。何もかも失った彼女にも意地と誇りがありました。

秀頼の血を引く天秀尼を守り抜き、尼寺に入れた。それが東慶寺なのです。

東慶寺とは、千姫の意地と誇りでした。

女の意地と誇りなんてどうでもいいでしょ。そういう意地悪な見方に、千姫は断固立ち向かうことにしたのです。

他に、東慶寺には女のためのアジール(聖域)という意味もありました。

宗教的な場所であるから、俗世のルールは通じない。ここに逃げ込めば、暴虐から守られる。そんな縁切寺としての意味がある。当時のシェルターですね。

アジールは過去のもののようで、保護団体というシェルターは存在する。

※『駆け込み女と駆け出し男』

そういう、暴虐から逃げてきた人々がいる場所に、部外者がズケズケと入っていけばどうなるか?

危険です。

やってはならぬことなのです。

ズカズカと入って重たいものを持ってあげたからいいじゃん♪ そんな甘っちょろい見方は危険であると、本作は教えてくれます。

 

柳生十兵衛のHeforShe

彼が彼女のために尽くすこと――。

エマ・ワトソンのスピーチから広まった#HeForShe。

この概念の完璧な体現者が、本作の主人公である柳生十兵衛です。

柳生一族&将軍争い関連のオススメ作品はコレ! ドラマ『柳生一族の陰謀』放送記念

続きを見る

沢庵経由でこの仇討ちを頼まれたとき、十兵衛はそんなことには無理があると困惑。その上で命を捨てる覚悟で特訓するように告げます。

この時点で十兵衛は半端ない。

◆実はボランティア(志願)です

十兵衛は諸国放浪をし、剣術修行をしている。

けれども依頼内容は、彼自身の武芸者としての履歴書には書けないものです。

匿名の助力が条件なので、般若面を被った「般若侠」(はんにゃきょう・般若面を被ったナイスガイ)として行動する。

金銭的にもどこまでお得なのか、ちょっとわかりません。

あくまで十兵衛は自発的なのです。

◆セクハラは絶対にしない

女体化ゲームが花盛りです。

戦国武将が美少女化していて、アドバイスをする主人公に惚れてくる。

どの美少女を攻略しようかな♪

 

そういう流れが楽しいことは否定しませんが、本作の十兵衛は真逆を突っ走っています。

堀一族七人の女たちは、会津でも噂に上った美女揃い。

そんな美女を指導するうちに、「十兵衛先生……❤︎」となってもおかしくない。十兵衛はイケてますので、それも理解できる展開ではあります。

が、十兵衛はその気持ちに応じない。

それどころか自分に対して愛情を見せた女に驚くほどなのです。これは鈍感というより、彼なりの生真面目さゆえ。十兵衛は、ラッキースケベとも無縁の男でした。

エロが多いことで有名な山田風太郎作品ですので、ともかく肌が露出する場面は多い。

しかし、そういう場面でも十兵衛はちょっと気まずそうな顔になって、早く服を着なさいと指導する。最終盤は絶世の美女が愛して欲しいと迫ってくるのですが、困惑するばかりなのです。

こういう性格だからこそ、沢庵が彼を推薦したのだとわかります。ハーレムでヨダレまみれになるようでは指導ができませんし、敵にやられてしまうでしょう。

千姫も依頼の際に「女相手だからと浮かれるなよ」と釘を指しております。

十兵衛はものすごく強い。

けれども、強いだけではつとまらない。十兵衛にならないと、女の団体を助けられないのかよ!

それはそういうものです。

映画『マッドマックス 怒りのデスロード』でもありました。

主人公であるマックスが、フュリオサを助けるだけだ。なんで? マックスが女どもを直接助ければいいだろ。そういうツッコミはあった。

これはジョージ・ミラーが、フェミニズムの専門家と話してこうしたのです。

男に囚われた女が、別の男によって救われるのでは、所有権の移動であり、解放ではない。

ゆえに、マックスはああいう立ち位置なのです。

これは十兵衛も同じで、エンディングで彼が特定の誰かと結ばれることはありません。

けれども……。

◆差別しない、優しい

ネタバレになるのであっさりと書きます。

本作は最後の場面で、十兵衛はある女性への優しさを示します。その相手は敵側にいた存在であり、罪がないわけでもない。

それでも十兵衛なりに、彼女もまた逆らえぬ立場を利用された、哀れな籠の中の鳥だとわかっているのです。

そんな彼女のことを気にかけられるのは、俺だけだ。彼はそんな思いを胸に抱いています。

十兵衛の女性相手への思いは、性欲抜き。プラトニックラブですらない。支配欲がない。

ただ、助ける。義侠心を証明することを目的としているのです。

すごすぎるぜ十兵衛……って、ここで気になるのが十兵衛そのもののキャラクター。

なぜ、こういう人物になったのでしょうか?
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-この歴史漫画がアツい!, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.