吉本興業の始まりとなった第二文芸館/wikipediaより引用

明治・大正・昭和

吉本興業の歴史 何がどう凄い?明治時代から笑いを追求してきた創業者哲学

吉本側は、放送したJOBK(NHK大阪放送局)にも、出演した春団治にも大激怒。
以降、彼らの寄席での春団治出演を禁じ、借金のあった春団治の家財道具を差し押さえてしまったのです。

吉本は怖い――。
今の芸人もそんな風に笑いにすることがありますが、もしかしたらこうした体質を言っているのかもしれません。

しかしこの騒動は、吉本もJOBKも春団治も折れて、丸く収まりました。
ラジオ出演を契機に春団治は更に人気が出て、寄席にも客が集ったのです。

更にJOBKは、エンタツアチャコの「早慶戦」をラジオ放送し、大評判をかっさらいます。

エンタツアチャコの「早慶戦」/NHKアーカイブスで閲覧できます

 

1932年(昭和7年)、「吉本興業部」は「吉本興業合名会社」に改称しました。
このころになると落語は完全に落ち目になり、万歳にとってかわられるように。それに従って、落語家と万歳師の対立も起こります。

しかし万歳にしても、元のものから大きく変わっており、そのため「漫才」の字が宛てられるようになります。東京にも進出し、全国的な人気となりました。

1934年(昭和9)に花形落語家の初代・桂春団治が没すると、いったん吉本と落語の縁は切れてしまうことになります。

林正之助はのちに、こう語りました。
「大阪落語を滅ぼしたのは、この私です」
吉本にとって、落語はもはや重要なものではなくなっていたのです。

 

大衆のニーズに応えて、映画に雑誌に吉本ショウ

吉本は常に大衆のニーズにこたえるのが身上。

映画が流行すれば映画に芸人を出す。
雑誌が必要となれば雑誌を発刊する。
それが吉本でした(現在の雑誌はマンスリーよしもと)。

1930年(昭和9年)にはアメリカから「マーカス・ショー」を招聘し、大評判を呼びました。
さらに吉本は、宝塚少女歌劇団の「レビュー」が人気となるや、

 

「吉本ショウ」を始めるのですから節操ありません。
しかし、歌えて踊れてギャグもできる芸人たちのショウは意外にも大評判となりました。

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いとはこのことながら、1931年(昭和10年)、吉本興業の産みの親・吉本せいは、「辻坂事件」という脱税疑獄に巻き込まれ、病に臥せります。
そのため彼女は隠退し、37才の正之助がトップに君臨することとなるのでした。

 

芸人たちも次々に戦地へ送られる

1939年(昭和14年)、日本が戦争へと向かい、列島に暗雲立ち込める最中、吉本にも危機が訪れます。
売れっ子芸人のミスワカナ・玉松一郎が、松竹系列の新興キネマ部に突然移籍したのです。

このころ関西映画界は、熾烈な争いを繰り広げておりました。
松竹にとって最大のライバル・東宝が、吉本から林正之助を役員に迎えるという話があったのです。
東宝は、あの宝塚少女歌劇団の創設者でもあり、才知あふれる小林一三ですから、東宝と吉本が組むとあれば、松竹にとってはおそろしい話です。

小林一三の生涯84年をスッキリ解説!わろてんか伊能栞(高橋一生)のモデル

そこで先手を打って、吉本から売れっ子芸人を引き抜こうとしたのです。

もともとミスワカナ・玉松一郎側は、契約問題で色々と不満が鬱積したようですが、この一件によって吉本側も彼らの映画『お伊勢参り』を上映中止に追い込むなど、容赦ない態度を取ります。
吉本VS新興――。
マスコミはこのドロドロとした芸能界の争いに飛びつき、吉本も芸人の待遇改善を迫られました。

しかし時代は、彼らの争いなど些末なことにも思えるほど、暗い方へ動き始めていました。

戦時下でお笑いどころではない1943年(昭和18年)。
その年の一月、新世界で火災が起き、吉本の劇場・花月、更には、せいが買い取っていた通天閣まで焼け落ちました。
せいは通天閣の復興をあきらめ、資材を軍部に提供します。

吉本の芸人たちも、次から次へと兵士として戦場に引っ張られてゆきました。

かつてはエンタツアチャコやミスワカナ・玉松一郎を軍隊慰問に行かせ、宣伝に利用していた吉本。
しかし、今やそれどころではありません。
正之助自身もいつ徴兵されるかと怯える日々でした。

1944年(昭和19年)になると、「決戦非常措置要綱」が閣議決定されます。
非常時だから国民生活を制限するというもので、その中にはこんな一項目も……。

「高給享楽の停止」

戦争中にお笑いなんてもってのほかということで、全国各地の劇場が封鎖されました。
もちろん吉本も例外ではありません。
舞台に立つ芸人も、芸人が立つ舞台も、もはや何も残されていない空っぽの劇場。
空襲にも容赦なく襲われ、ほとんどが焼き尽くされました。

火の海と化した大阪では、劇場どころではなく、行き場を求めて人々が逃げ惑います。
とてもお笑いどころじゃありませんでした。

 

吉本がお笑いを捨てる!?

1945年(昭和20年)、日本は敗戦を迎えました。

しかし、大阪には劇場どころか食料もありません。
この状況でどうやって人を笑わせるのか。

正之助は、戦地から復員してきた芸人に吉本解散を言い渡します。
どうしても去ろうとしないアチャコだけを残し、他は皆四散してしまいました。
大阪の焼け跡に寄席を復活させたのは、ライバルである松竹でした。

これを見て思うところがあったのでしょうか。
敗戦後一年を経て1946年(昭和21年)、正之助は千日前グランド劇場を再開させます。
続けて梅田と新世界にもグランド劇場ができました。

ただし、ここで行われたのは映画の上映です(京都のグランドは進駐軍向けキャバレー)。

正之助は、これからは映画の時代であり、配給でいこうと考えていたのです。
彼は1947年(昭和22)には東宝株式会社の取締役におさまり、ますます映画に注力するようになりました。

そして1948年(昭和23年)、吉本は株式会社に上場し、1950年(昭和25年)には、最大の功労者である吉本せいが世を去ります。
笑いを捨てた吉本興業を、彼女はどう思っていたのでしょう。

 

「花のれん」の復活と吉本新喜劇

笑いを捨て、映画だけにしぼった吉本。演芸ブームが起こっても、ライバル松竹が笑いを席巻しても、手を出すことはありませんでした。
しかし、時の流れは速いものです。すぐに映画すら脅かしかねない技術が誕生しました。

テレビです。

この状況に危機感を抱いたのは、吉本の八田竹男でした。
「このまま映画だけに絞っていたらあかん」
と、笑いの復活と、テレビとの連携を訴えるのです。

正之助としては、戦後芸人を手放した苦い経験もあります。
同時に、映画だけでうまくいっているのだから、という思いもありました。

しかし、八田の熱意に押され、もう一度お笑いをやることを決意します。

思うが早いが梅田グランドを改装して「うめだ花月」をオープン。
吉本興業の“紋”である花菱を描いた「花のれん」が復活を遂げました。

八田の思いは、他のライバルに対抗することではなく、まったく新しい笑いを、テレビを通してお茶の間に届けること。
ライバルの松竹が義理人情を重視した演芸であるのに対して、若者を狙ったナンセンスな笑いを作り出すことにしました。

それこそが今ではコテコテと称される「吉本新喜劇」の誕生です。

八田の読みは当たりました。
テレビは新世代の娯楽として、日本人にすっかり定着したのでした。

 

苦難の時代と笑いの王者へ

勢いにのった吉本は演芸場の「花月」を復活させるのですが、危機が訪れます。
1963年(昭和38年)、正之助が病に倒れてしまったのです。

この後を受けて東京にいた弟の弘高が社長に就任しますが、今度は1966年(昭和41年)に弘高が病に倒れ、正之助が復帰することになります。
実はこの頃の吉本は、低迷期でした。

復活の契機は1967年(昭和42年)、テレビではなく、深夜ラジオでした。
パーソナリティを務める若手落語家・三代目笑福亭仁鶴が、若者中心に大人気を博したのです。
更には桂三枝(現在の文枝)もラジオで人気に火が付き、この二人に加えて横山やすし・西川きよし(やすきよ)の漫才コンビが吉本の人気御三家となり、にわかに吉本全体が上向きになります。

1980年(昭和55年)には「漫才ブーム」も到来しました。
今の若い方たちにとってかろうじて馴染みがあるのは「ビートたけし」のツービートぐらいかもしれませんが、吉本興業でもオール阪神・巨人やB&B(ただし事務所を転々)、西川のりお・上方よしお、島田紳助・松本竜介など数多の人気芸人を抱え、売り上げはぐいぐいと伸びてゆきます。

ただしブームは僅か二年ほどで終焉。
その反動でしょうか、漫才そのものの人気にも翳りが見え始めます。
そこでめげるどころか新たな笑いを模索し、実現してしまうのが吉本の吉本たる所以なのでしょう。

1982年(昭和57年)、その後の大改革となる「吉本総合芸能学院」(NSC)を大阪に開校するのでした。

師匠に弟子入りせず、若い世代のセンスを伸ばす――。
そんなスタイルが受け入れられて、一期生の中からダウンタウンやトミーズ、ハイヒールが出てきたことは周知のところでしょう。
この革新的な養成所ブームは、今や他のお笑い事務所でも当たり前となり、吉本以外からも多くの若手芸人が輩出されるようになっております※吉本も1995年(平成7年)に東京で開校。

しかし、今後、どんな新しいお笑いが出てくるのか。
となると、恥ずかしながら筆者の知見では想像すらつきません。

それは漫才ブームの頃に人気となったベテラン芸人を見れば一目瞭然かもしれません。
正月などの特番で、たまに彼らの話芸をテレビで見かけても、腹の底から『面白い!』と笑える方は、失礼ながら少ないでしょう。

定番のギャグやダジャレ、上手いコトを言うなどして、ご年配の芸人さんがニコニコと笑顔を浮かべ、これで漫才ブームの頃はみんながゲラゲラ笑っていた。
しかし、今それを見せられても、多くの人は“意外さ”を感じられない――要はツマラナイ。
特にアラフォー世代から下はその傾向が顕著で、ほぼ全員がダウンタウン以来の笑いに影響を受けすぎていて、それがスタンダードになっています。

そんな状況で、次に新しい笑いなんて生まれてくるのでしょうか。

いや、それでもやってしまうのが吉本なのでしょう。
それこそが“伝統と革新”を歴史に持つ、彼らの強みかもしれません。

文・小檜山青

【参考文献】

【参考サイト】
吉本興行ヒストリー

 



-明治・大正・昭和
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.