明治・大正・昭和

『金色夜叉』発表後に亡くなった尾崎紅葉「清琴楼」で在りし日に思いを

1903年(明治三十六年)10月30日は、作家の尾崎紅葉(こうよう)が亡くなった日です。

彼が意識したわけではないでしょうが、まさに紅葉の時期に亡くなったことになりますね。

それだけでなんとなく風流なイメージが出てきますが、

尾崎紅葉/wikipediaより引用

実はカレ、結構アバンギャルドな生涯を送っていました。寛一お宮像 / ume-y

 

父親に反発していた尾崎紅葉

紅葉は、現在の東京都芝大門に生まれました。

父親は根付(ねつけ・小物を帯から吊るすときに使う留め具)を作る職人と、幇間(ほうかん)という職を兼ねていたそうです。

幇間とはいわゆるお座敷遊びをサポートして、客を楽しませる職業のこと。

芸者さんの女房役みたいな感じですね。

紅葉にとってはそのどちらか、あるいは両方とも好ましく思えなかったらしく、彼は父の仕事について語ることを避けていたそうです。

もう少し前の代では米か呉服を扱う商家だったそうなので、もしかしたら「お金がないために落ちぶれた」と嘆いていたのかもしれません。

母とは早くに死に別れ、母方の祖父母に育てられたことも、父に反発する理由の一つになっていそうです。

父親ならば、紅葉の育成を考えて預けたのでしょうが、子供の頃ってそういうことがわかりませんものね。大人になってわかるようになったとしても、わだかまりになりやすいですし。

学校には真面目に通っており、日比谷高校の前身にあたる東京府中学の一期生になりました。

しかし、ここでの教育は肌になじまなかったようで、府中学を辞めて別の場所で漢学や漢詩・文、英語などを学んでいます。

そして大学予備門(現在の東大)入学を目指します。

今でいうなら、大検を目指した感じでしょうか。

幸い、母の実家の知人が学費を援助してくれたこともあり、紅葉は念願叶って大学予備門へ入学できた……のですが、入学前から詩作や文学に浸りきっておりました。

「手に入ったら興味がゼロになる」というタイプだったんですかね。

これにより紅葉は文壇への道を歩み始めたので、結果オーライでしょうか。

 

「我楽多文庫」が話題となり吉岡書店から小説を発表する

明治十八年(1885年)からは同好の士とともに雑誌『我楽多文庫』を創刊。

最初は肉筆で(!)作っていたそうで、後に好評を得て活版で出せるようになったといいますから、相当のものだったのでしょう。

これが出版社・吉岡書店の目に留まり、

「君たち、ウチが今度出す小説の叢書(そうしょ・シリーズ本のこと)で書いてみないか?」

とお声がかかります。

そして、その第一弾として『二人比丘尼 色懺悔』という作品が出版されました。

比丘尼=尼僧=聖職者と”色”懺悔とは、なかなか倒錯的なタイトルですよね。

これは、偶然同じ武士に恋をしていた女性二人の物語です。

その武士は戦で命を落としてしまい、女性たちは髪を下ろして菩提を弔うことに。そしてあるとき、一方の女性が他方の家に宿を借りたい、と頼んできたところから始まります。

紅葉のアピールポイントとしては「時代を定めない」こと、そして「この小説は涙を主眼とする」ということでした。

ものすごくざっくりいうと、大人向けの民話のようなイメージでしょうか。

外から見ると、この小説にはもう一つ特徴があります。

会話は口語体、地の文は文語体になっているのです。

現代人から見ると、当時の仮名遣いに目が行って、なかなか気づきにくいところですが、実はこれが画期的なことでした。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-明治・大正・昭和
-

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)