万葉集

万葉集/photo by ReijiYamashina wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安

あまりに不憫で泣けてくる防人の歌……って実際どんな歌が詠まれたか

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
防人の歌
をクリックお願いします。

 

貴族たちも防人には「あはれ」を感じていた?

防人に「あはれ」を感じた貴族も多く、これまた和歌の題材として好まれた時代もありました。

他人事扱いだから呑気に歌なんて詠めたんだろう……と思いきや、貴族たちも父や兄・夫が各地の領主(受領)などで単身赴任になることは珍しくなかったので、何となく気持ちがわかったのかもしれません。

もちろん、生活の質には雲泥の差があったでしょうが。

貴族が防人や遠くにいる知人へ詠んだものとしては、こんなのがあります。

「沖つ鳥 鴨といふ船の 還り来ば 也良の崎守 早く告げこそ」

【意訳】沖の海鳥よ、頼りを運んでくる船が来たなら、也良の地の防人にすぐ知らせてやってくれ

「銀も 金も玉も 何せむに まされる宝 子に如かめやも」で有名な山上憶良(やまのうえのおくら)が防人を詠んだものです。

憶良は防人たちが赴任させられた筑前の領主をやっていたので、彼らの悲哀をごく間近に見ていたのでしょう。

子供だけでなく、情に厚い人だったんですね。

次は百人一首十六番・在原行平の歌に注目してみましょう。

「たち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む」

【意訳】今は故あって因幡へ行かなくてはなりませんが、あなたが待っていると聞いたらすぐにでも帰ってくるつもりです

防人や領主の任命ではなく、政争に敗れて失脚したときのもので、心情は似ているんじゃないかと思うので紹介させていただきました。

彼が流された先は須磨だったので、光源氏のモデルの一人ともいわれていますね。

「淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に いく夜寝覚めぬ 須磨の関守」

【意訳】淡路島へ通う鳥の鳴き声に、須磨の関守は何度起こされたことだろう

こちらも百人一首から。

七十八番、詠んだ人は源兼昌(みなもとのかねまさ)です。

至ってフツーに情景を詠んだシンプルな歌ですが、その様を想像すると何となく物悲しいですね。

現代に置き換えれば「単身赴任したあいつは、今日も取引先からの電話で寝入り端に起こされているのだろうか」くらいの感じでしょうか。

こんな感じで行くほうもそれを見た上司達も「防人ってキツくね?」と思っており、農民を徴発するのはやめようということになりました。

あわせて読みたい関連記事

遣唐使
遣唐使は何が目的で始まり なぜ廃止されたのか? 全20回まとめ!

続きを見る

大伴家持
地方!帰京!地方!帰京!で数多の歌 大伴家持の意外に動きのある人生

続きを見る

武士の起源
武士はいつドコで生まれた? 諸説ある起源や成り立ちを整理してみた!

続きを見る

斉明天皇の勇気~みずから新羅との戦に備えて難波を出発、しかも女帝!

続きを見る

鬼ノ城を建てたのは斉明天皇? 高齢の身で自ら戦地へ出向いた石の女帝

続きを見る

元寇
元寇(文永の役・弘安の役)は実際どんな戦いだったか 神風は吹いた?

続きを見る

藤原純友の乱
海賊と共に暴れまわった藤原純友の乱! なぜ貴族が瀬戸内海で略奪行為を?

続きを見る

藤原広嗣の乱
式家を没落させた藤原広嗣の乱! なぜエリート貴族が反逆者となった?

続きを見る

まんが日本史ブギウギ5話 天智天皇が大友皇子へ後任を託すとき

続きを見る

まんが日本史ブギウギ4話 「茜さす」額田王と大海人皇子に対し嫉妬で死にそう

続きを見る

日本にも朝貢した渤海国ってどんな国? 唐や新羅に挟まれながら渡海して

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
防人の歌/楽しい万葉集

TOPページへ

 



-飛鳥・奈良・平安