藤原宣孝

画像はイメージです(紫式部のもとを訪れる藤原実成『紫式部日記絵巻』/wikipediaより引用)

飛鳥・奈良・平安 光る君へ

藤原宣孝は紫式部の夫~二人は相思相愛だった?光る君へ佐々木蔵之介

大河ドラマ『光る君へ』で佐々木蔵之介さん演じる藤原宣孝(のぶたか)とは何者なのか?

どうやら、まひろ(紫式部)の父である藤原為時は親しいようだ。

酒を持ってきたり、何かと便宜を図っているようで、親戚関係であり、かつ仲の良い友という印象もある。

しかし、それでは終わりません。

どこか調子のよいあの好人物こそ、史実においては紫式部の夫なのです。

プライベートな面については、あまり知られていない紫式部だけに、夫の宣孝はドラマを描く上で非常に重要な存在となるでしょう。

かなり年の差ありそうな二人はいかにして結ばれるのか。

ドラマ序盤では三郎のことを気にかけているようなまひろは、今後、どうなっていくのか?

史実の藤原宣孝を振り返りながら、その人柄や二人の関係性を考察してみましょう。

※以下は紫式部の生涯まとめ記事となります

紫式部
紫式部は道長とどんな関係を築いていた?日記から見る素顔と生涯とは

続きを見る

 


宣孝と紫式部は親子ほどの年齢差

藤原宣孝の生年は不明です。

紫式部とは親子のような年齢差があったとされ、ちょうどドラマで描かれるようなイメージなのかもしれません。

血筋としては藤原北家の高藤系という系統で、宣孝の父である藤原為輔と紫式部の父・藤原為時がいとこ同士でした。

貴族の血縁関係は複雑に入り組んでいるため、劇中で触れられていたように彼らは「ちょっと遠めの親戚」ぐらいが適切な表現なのでしょう。

藤原為時
藤原為時は紫式部の父で何をした?式部丞蔵人とは?光る君へ岸谷五朗

続きを見る

宣孝は、他の貴族と同じく、様々な官職を経験しながら昇進していきました。

結婚前の有名なエピソードとしては、枕草子の「あはれなるもの」(しみじみとするもの)という段に登場する話があります。

※底本によって何段目なのかは異なります

正暦元年(990年)、宣孝は嫡子・藤原隆光と共に御岳(みたけ)詣りへ出かけました。

御岳というのは、奈良の金峰山(きんぷせん)のこと。

古くから山岳信仰が盛んな土地で、平安時代にもお参りに来る人がたくさんいました。お参りの前には50~100日間の精進が必要で、身なりも質素にして行うのが通例です。

そこで宣孝がこんなことを言いました。

「みんながみんな質素な身なりでお参りしなければならないなんて、つまらないじゃないか。

御岳の神様が『地味な服装で来なさい』とおっしゃったわけでもあるまいに」

そうして本人は、紫の指貫に白い上衣(うわぎ)、山吹の重ねというカラフルな出で立ちでお参りしたのだとか。

【指貫】は裾を絞った袴、【上衣】は下着の上に着る着物、【重ね】は書いて字のごとく上に重ねた着物だと思われます。

現代で置き換えれば、紫のパンツに白いシャツ、少しオレンジがかった黄色のジャケットという感じでしょうか。お参りでなくてもだいぶド派手ですね。

 


ちょっと風変わりで派手好き

息子の隆光も、同様に派手な出で立ちです。

青の上衣に紅の衣、模様を摺り乱した水干袴。

こちらも現代の衣服にあてはめるとすれば、青シャツに赤ジャケット、ランダムな模様入りのパンツというところでしょうか。

父子揃ってなかなかの派手好きだったことがうかがえます。

当然、周りの人々はびっくり仰天します。

「あんな格好でお参りしてもご加護はいただけないだろう……」

そう呆れ返っていたところ、2ヶ月後、ときの筑前守が亡くなり、その後任になんと藤原宣孝が選ばれます。

そこで

「彼の考えは間違っていなかったのだな」

と皆が感心したのだとか。

付和雷同しないというか、豪放磊落というか、ただ者ではないというか……少なくとも常人ではない(褒め言葉)何かを持ち合わせていたようですね。

当時としてはかなりの晩婚だったとされる紫式部に対し、手紙で言い寄り始めたのも、

「賢くて少し変わった女性を妻に持つのも楽しそうだ」

などと思ったからなのかもしれません。

※続きは【次のページへ】をclick!


次のページへ >



-飛鳥・奈良・平安, 光る君へ
-

×