後鳥羽天皇(後鳥羽上皇)/wikipediaより引用

鎌倉・室町

後鳥羽上皇(後鳥羽天皇)は知られざる武闘派! 菊の御紋を使い幕府と戦うも

元暦元年(1184年)7月28日は、後鳥羽上皇(後鳥羽天皇)が即位した日です。

承久の乱】という、どでかいインパクトを持っているため、皇室の中でも屈指の存在感ですが、意外と親近感や人間くささを感じさせる人物でもあります。

その辺もひっくるめて、振り返ってみましょう。

 

神器なし3歳で即位した後鳥羽天皇

後鳥羽天皇が即位したのは、わずか3歳のとき。

当時は平家が、安徳天皇三種の神器を西国へ持ち去っており、後白河法皇後白河天皇)と公家の間では、力ずくで天皇と神器を取り戻すか、それとも平和的に交渉するかで意見が割れていた頃です。

大天狗と称された後白河天皇(後白河法皇)若かりし頃を振り返ってみる

続きを見る

6歳の幼さで壇ノ浦に沈んだ安徳天皇――清盛と頼朝に振り回された生涯

続きを見る

その中で「いっそ、安徳天皇に代わる新しい天皇を即位させてはどうか」という案が出ました。

となると神器なしの即位となるため、さすがの後白河法皇も慎重になります。

占いをしてみたり、公家・学者への下問を重ねて検討したり。

悩み続けた結果、「神器なき即位」が朝廷で公認され、後鳥羽天皇は即位します。

しかし、その後もこの”神器なき即位”は、後鳥羽天皇自身と公家たちの間で精神的に尾を引くことになりました。

天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ・草薙剣など異名多々)だけは何度捜索しても見つからなかったとされています。

 

天叢雲剣は武力の象徴だからこそ

後に、後鳥羽天皇の息子である順徳天皇が承元四年(1210年)に践祚したときは、かつて平家が三種の神器を持ち出す前に、伊勢神宮から後白河法皇に献上されていた剣を代わりにしています。

伊勢神宮への参拝で日本人なら知っておきたい7つの秘密

続きを見る

現在もこの剣が熱田神宮に収められているといわれていますね。

その2年後にも剣の探索をさせているあたり、後鳥羽天皇は諦めきれなかったようです。

現代では複数の形代があるといわれていますが、当時は空前絶後のことですから、トラウマやコンプレックスの種になってしまうのも仕方のないことです。

また、天叢雲剣は「天皇の武力の象徴」とされているものです。

正式な武力の象徴を持たなかった後鳥羽天皇が、後々武家のまとまりである鎌倉幕府に敗れた……というのは、なかなかに皮肉な史実ですね。

 

18歳で譲位してから三代にわたって院政を行う

後鳥羽天皇は幼少だったため、即位後しばらくの間は後白河法皇が院政を行いました。

12歳になり、後白河法皇が亡くなってからは、関白の九条兼実が政務を取り仕切るようになります。

しかし、頼朝を征夷大将軍にしたことや、頼朝の娘を入内させようとしたことから、次第に後鳥羽天皇との仲が悪くなっていきました。

一方、土御門 通親つちみかど みちちかの娘が皇子を産んだため、兼実とその娘である中宮・任子は朝廷から追われていきます。

土御門通親は公家である村上源氏の人で、源通親ともいいます。

頼朝たちと直接の親戚関係はありませんが、何らかの接触はあったかもしれませんね。頼朝自身が、昔、朝廷に出入りしていたこともありますし。

源頼朝53年の生涯まとめ! 出生から鎌倉幕府の設立 死因 その素顔に迫る

続きを見る

後鳥羽天皇は18歳で第一皇子だった土御門天皇に譲位し、その弟・順徳天皇、順徳天皇の息子・仲恭天皇の三代にわたって院政を行いました。

何だか奇妙な話ですが、当時は院政こそ望ましい政治形態だと思われていた時代でしたからね。

これには「上皇が政治、現職の天皇が儀式を受け持つことでバランスが取れる」という考えもあったようです。

おそらくは、次世代が若い・幼いうちに譲位しておけば、後継ぎとなる皇子が現職の間に産まれる可能性が高まり、皇位継承がスムーズになる……という意図もあったことでしょう。

当時の乳幼児の死亡率からすれば、一人どころか二~三人候補者がいても、疫病などで全滅……ということも珍しくありませんし。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-鎌倉・室町
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.