阿波局

源平・鎌倉・室町

史実の阿波局(義時の妹・実衣)は野心家?鎌倉殿の13人宮澤エマ

嘉禄3年(1227年)11月4日は阿波局が亡くなった日です。

2021年までだったら、即座に「誰ですか?」と聞き返された方でしょうが、今年は違います。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に序盤から登場し、途中、夫の阿野全成が誅殺されるという不幸に遭いながら、3代将軍となる源実朝の乳母を務めるなど、鎌倉幕府でもなかなかの重要ポジションに就いているのです。

宮澤エマさん演じる実衣がそうであり、小池栄子さんの北条政子とのぶっちゃけトークは、ドラマの見どころでもありますね。

そんな阿波局は史実では一体どんな人物だったのか?

彼女の生涯を振り返ってみましょう。

 

阿波局が阿野全成の妾とは?

実衣(阿波局)の父は北条時政です。

史実における生年は不明で、母も不明。

兄の北条宗時北条義時と同じ母とされることが多く、『鎌倉殿の13人』でも

・宗時
・政子
・義時
・実衣

というきょうだいの並び順で、4人の母が同じような設定になっていました。

つまり伊東祐親の娘になりますね。

伊東祐親
史実の伊東祐親はどんな武将?孫を殺した?鎌倉殿の13人浅野和之

続きを見る

時政の子は、ドラマに出ている以上に大勢いるのですが、省略されています(詳細は以下の記事へ)。

あきちえ北条時政の娘たち
北条時政の娘ちえ(重忠の妻)あき(重成の妻)の悲劇鎌倉殿の13人

続きを見る

娘たちは多くの有力御家人に嫁いでゆき、実衣(阿波局)もまた、源頼朝の弟・阿野全成という相手に恵まれたのでした。

表記上は全成の「妻」ではなく「妾」とされることもありますが、いわゆる愛妾ではなく正妻ですね。

当時は身分の釣り合いが取れない場合「妾」と呼ぶことがしばしばあり、河内源氏・源義朝の息子(阿野全成)と北条時政の娘(阿波局)では、立場的には月とスッポンで仕方ありません。

そして、頼朝の信頼する弟と結ばれた実衣(阿波局)が、鎌倉殿の跡取りをめぐる血生臭いパワーゲームに巻き込まれてしまうのは不可避でした。

 

頼朝は乳母子を大事にするからこそ

寿永元年(1182年)8月12日――源頼朝と北条政子の間に、長男・万寿(後の源頼家)が生まれたのが始まりです。

待望の長男誕生に鎌倉は祝賀ムード!

と思いきや、不穏な空気が漂っていたと『鎌倉殿の13人』では語られます。

頼朝と浮気相手が絡んだトラブル。

亀の前事件】が起きたのです。

亀の前
史実の亀の前事件(頼朝の浮気騒動)とは?鎌倉殿の13人江口のりこ

続きを見る

頼朝が亀という女性と密通し、それが時政の妻りく(牧の方)から政子に伝わり激怒&襲撃!

亀は邸を壊され、直前に命からがら逃げ出していましたが、こうしたドタバタからついには北条時政までキレてしまい、伊豆へ引っ込んでしまいます。

史実でもユーモラスな事件で、ドラマでも笑える場面として描かれました。しかし……。

政子としても、単なる嫉妬だけで、ああも激しい行動に出たとは言い切れません。

頼朝の妻であり、その子を産む母であればこそ、北条氏の地位も保たれる。つまり北条氏の者としては、それを脅かす女性を排除せねばなりません。

北条政子
史実の北条政子はどこまで鎌倉幕府を支えた?鎌倉殿の13人小池栄子

続きを見る

また、ドラマにおける万寿の誕生では、何人かの御家人たちも浮足立っていました。なぜか?

乳母夫(めのと)のポジションです。

劇中での上総広常は、万寿が生まれると乳母夫(めのと)になりたいと志願し、断られていました。さすが関東随一の実力者だけあって、彼は鎌倉での変化を嗅ぎ取っていたのでしょう。

石橋山の戦いで頼朝に矢を放った山内首藤経俊が助命されたり、比企尼には頭が上がらなかったり。

広常は「頼朝が乳母子を大事にする」と語っていました。

そうした状況を踏まえ、何かあったとき救いのカードとなる――として乳母夫を志願したのでしょう。

頼家の誕生前にそんな風潮が生まれつつあり、かつそれが御家人たちに段々と伝わってゆき、不満や謀反の火種にもなっていく……という細やかな描写です。

結局、万寿の乳母には、頼朝の乳母でもあった比企一族が指名されました。

 

千幡の乳付役となる

時は流れます。

源義経の活躍もあり、寿永4年(1185年)に【壇ノ浦の戦い】が勃発。

この戦いで平家を滅亡させた頼朝は、文治2年(1186年)2月26日、大進局という女性に男児を産ませました。

大進局と祥寿姫
女好きいい加減にしろ!大進局に子を産ませ兄貴の元ヨメ祥寿姫を狙う頼朝

続きを見る

ドラマでは完全スルーされたのでご存知ない方もおられるかもしれません。

頼朝が女房の一人・大進局に手を付けたのですが、これに激怒した政子は出産の儀を全て省略させ、生まれた子も出家させられ「貞暁」という僧になります。

文治5年(1189年)には源義経が自害。

比企氏の血を引く正室・郷御前も運命を共にしました。

郷御前
実は義経の正室・郷御前が迎えた非業の死とは?鎌倉殿の13人三浦透子

続きを見る

そして運命の建久3年(1192年)がやってきます。

3月に後白河法皇が崩御すると、7月に頼朝は征夷大将軍の号を授かり、8月9日には頼朝と政子の二男・千幡(後の源実朝)が生まれました。

二男の誕生は、実衣(阿波局)にとって激しくインパクトのある出来事でした。

彼女は乳付役(ちつけやく・初めて乳をふくませる役)に任命されたのです。

他の女房を従え、御所へ。

大勢の御家人が見守る中、大役を果たし、ホッと一息……つく暇はありません。

鎌倉幕府は日本史上初の「幕府」です。

それゆえ、後世なら常識なことがそうではなく、例えば征夷大将軍の号も、九条兼実が数種類の候補を挙げ、頼朝が選んだものでした。

九条兼実
史実の九条兼実はエリート貴族で頼朝の敵味方?鎌倉殿の13人田中直樹

続きを見る

実衣(阿波局)に関わってくるのは相続の話です。

当時は長子の相続が確定しておらず、兄の万寿、弟の千幡、どちらにも資格はありました。

万寿を擁する比企か?

千幡を擁する北条か?

そんな対立の構図がありました。

鎌倉では、文治5年(1189年)7月から9月にかけての奥州合戦が終わると、

奥州合戦
頼朝が奥州藤原氏を滅ぼす奥州合戦はなぜ起きた?真の狙いは義経に非ず

続きを見る

戦の時代に終止符が打たれ、代わりに権力闘争が激化していたのです。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-源平・鎌倉・室町
-,

×