歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

オリンピック

カーリングの歴史500年 スコットランド「轟音のゲーム」が紳士の競技となるまで

投稿日:

ウインタースポーツは、どのようにして生まれたか?

スキーにしろ、スケートにしろ、ソリにしろ。
成立過程を聞けば、なんとなくその歴史も理解できるもので。

「移動がラクだから!」
「獲物を追いやすいから!」
とまぁ、人間の本能が道具を発達させ、そしてそれが遊びやスポーツへと発展したことがわかります。

ところが、冬季五輪にも採用されている競技の中で、一つだけ
『なぜ、こんなものが生まれたのだろう?』
と、首をヒネらざるを得ないものがあります。

カーリングです。

漬物石みたいな大きな石を氷上でスベらせて、中心を取る――。

ルールは極めてシンプルながら、だからと言って、どうして石ころを転がそうだなんて発想したのか?
ご理解できる方は少ないでしょう。

そこで本稿では、この競技がいかにして生まれ、競技化されていったのか。
カーリングの歴史を振り返ってみたいと思います。

雪中の狩人(遠景には氷上でカーリングをする人たち)/Wikipediaより引用

 

16世紀のスコットランドで誕生

ウィンタースポーツの中心は、やっぱりスキーとスケートでしょう。

実際、その歴史もかなり古く、
スキーの歴史4500年
スケートの歴史3000年
とされています。(各リンク先に詳細記事がございます)

では、カーリングは?

まずは発祥地から遡ってみますと、これがなかなか意外な国でスコットランド。16世紀頃、つまり約500年の歴史となります。

少しジックリ考えてみれば、妥当な地理条件と言えます。

スコットランドは美しい湖沼で知られる地方です。
グレートブリテン島の北部に位置して寒さは厳しく、冬場になれば河川や湖が凍結、それでいて積雪量が多くはない。
納得の条件ですね。

実際、スコットランドの湖の水を抜いてみると、16世紀初頭の原始的なカーリングストーンが発見されることがあるそうです。

スターリングという都市には、世界最古のカーリング石も保存されています。

 

スポンサーリンク

「轟音のゲーム」と呼ばれていた

「カーリング」という単語の初出は16世紀です。
スコットランドのパースで印刷された、ヘンリー・アダムソンの詩が出典でした。

それまでは「轟音のゲーム」と呼ばれていました。
石のぶつかる音が大きかったからですが、印象深い名前でありますね。

なお、「カーリング」という語の由来は、ストーンを投じるときのモーションを「カール」と呼んだことから来ています(諸説あり)。

ブリューゲルの絵にみえるカーリングの様子/Wikipediaより引用

 

紳士のスポーツ

カーリングは、スコットランドで盛んだった、とあるスポーツと関係が浅くありません。

ゴルフです。

グリーンの上にボールを乗せて芝目を読んでカップインさせる――。
氷上のデコボコを読んで石を滑らせ中心に寄せる――。

ゲームの主目的が同じ構造であることに加えて、審判員が存在しないセルフジャッジの伝統も、共通しています。

ゴルフもカーリングも、紳士のスポーツです。
敵に勝っても露骨に喜ぶ、不正を働くような、そんな行為を慎むのがマナーであり、ルール。

もう勝ち目がないとわかったら、潔く負けを認めて相手を称える――そんなスコットランド紳士らしさが要求されるスポーツなのです。

ゴルフを楽しむスコットランド氏族(18世紀)/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

スコットランド、冬の娯楽として発展

1716年、スコットランドのキルシスで、世界最古のカーリングクラブが誕生しました。

驚くことに、このクラブは現存。
2014年冬季オリンピックソチ大会の銀メダリストであるマイケル・グッドフェロー選手も同クラブ出身です。

キルシスは、世界史上初のカーリング専門の競技場が作られた場所でもあります。

当時は100×250メートルほどの面積であったと記録。
初期のカーリングストーンは、そのあたりから拾ってきた底が平らの石でした。
ボーリングの球のような穴を開けたものもあります。

ただ、競技として昔は、今ほど慎重&正確に投げてはいませんでした。

スコットランド産のウイスキーをグビッとあおって体を火照らせ、ワイワイと楽しく遊ぶ。
そんな冬の娯楽でした。

 

カナダへの移住を機に拡散が始まる

16世紀から19世紀にかけて、カーリングはあくまでスコットランドご当地の娯楽であり、他の地域には広がっておりません。

そんな状況に変化が訪れたのは、カナダにスコットランド移民が住み着いてからです。
これで他の地域に始めて広まり、1807年には北米初の「ロイヤルモントリオールカーリングクラブ」が発足しました。

1897年、カナダでのカーリング/Wikipediaより引用

1830年にはアメリカ、その後、スウェーデンやスイスにも伝播。

世界初の競技会「世界カーリング選手権」は、1959年のエディンバラおよびフォルカークで開かれたスコッチカップでした。

1909年、カナダでのカーリング/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

オリンピックへの採用は1998年長野大会から

スコットランドのご当地種目であるカーリングが、オリンピック種目に採用されたのは1998年長野大会からです。
スキージャンプの原田選手が「船木~船木~」と祈る陰でひっそりと始まっていたんですね。

初めて同競技をご覧になられた時は、さぞかし『これは何だ?』と驚かれたことでしょう。

かくして世界へ着実に広まっていったカーリング。

世界カーリング協会の創設は1966年で日本カーリング協会は1984年です。

スコットランドでは古くからありながら、長いことご当地競技にとどまっていたため、日本あるいは世界規模での協会設立はごく最近のことだったんですね。

 

ウインタースポーツと関係の深い国まとめ

最後に他のウィンタースポーツがどの地で発祥・発展したか。表にマトメてみました。

スキー競技ノルディック:ノルウェー
スキー競技アルペン:オーストリア
スケート競技全般:オランダ
ソリ系競技:スイス
カーリング:スコットランド(イギリス)

こうして見ると、現在に至るまで強豪国である場合が多いとわかりますね。

スキーやスケートは、移動手段。
ソリ競技は、サンモリッツでのリゾート地で遊んだことがきっかけ。

そしてカーリングは、スコットランド紳士の遊戯が発祥というわけです。

やはり、歴史あるスポーツには気合いが入り、強豪選手も育ちやすいのでしょう。

その成立から、紳士的なジャッジシステムが採用され、なおかつ独特の魅力を持つカーリング。
「氷上のチェス」とも称される魅力は、ご自身にまったくプレイ経験がなくても、テレビ画面から離れられなくなりますよね。

スコッチウイスキー片手に観戦というのも悪くなさそうです。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考】http://results.worldcurling.org/

 



-オリンピック

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.