絵・小久ヒロ

織田家 麒麟がくる特集 週刊武春

ナゾ多き信長の母・土田御前に迫る~信長の死後は?そもそも生まれは?

投稿日:

何らかの歴史が動いたとき――。
日本史では、女性の影響を受けたケースが比較的多く記録されています。

信長の母・土田御前どたごぜんも、戦国史に大きな影響を与えたとされるうちの一人でしょう。

創作物では、以下のような人物像で登場することの多い女性です。

【土田御前(~1594年)】

織田信秀の正室として嫁ぎ、信長と信行、そしてほか数人の子供を産んだ。

嫡男は信長だったが、あまりにもひどい言動をしていたため、土田御前は信行を可愛がり、跡を継がせたがった

かようにフィクションではシンプルにまとめられる人物ですが、実のところ彼女自身に関することはあまりよくわかっていません。

歴史に影響を与えた記録は残っていても、女性の人となりそのものの記録は乏しいのです。

それでも日本史に衝撃を与えた織田信長の母ですから、どうしても興味は尽きません。
本稿では、知りうる限りの実像に迫ってみましょう。

 

生まれは?

土田御前は、出自どころか、名前の読み方すら、2019年時点では確定していません。

今のところ【素性】については以下のような説があります。

佐々木六角氏後裔・土田政久の娘説

土田政久の娘説が最も知られておりますが、裏付ける一次史料は今のところありません。

後年になって、土田氏の縁者・生駒氏を母とする信雄関係の史料から、この説が出てきたとされています。

小嶋信房の娘説

信長の姉・くらの方が嫁いだ大橋重長の記録『津島大橋記』や『干城録』などでそう記されています。
『干城録』は徳川家康~徳川家光時代の江戸幕府の家臣について書かれた本です。

しかし、小嶋信房という人の素性がそもそもハッキリしていません。

小嶋という名字は関東~東海にかけて。
特に愛知県に多く、小島という武士の家も当時あったらしいので、まったく根拠がない説ともいいきれません。

くらの方が嫁ぐ際、小嶋信房の養女として輿入れしたというので、小嶋家にはそれなりの力があったはずです。
土田御前が小嶋家の出身かつ、当時の織田弾正忠家(信長の家)よりも格上だったからこそ、養女にしたのでしょうね。

六角高頼(義賢の祖父)の娘説

『美濃国諸旧記』に、信長生母は六角高頼の娘だという記述があるのですが……。

この本の成立が寛永末期(1640年代ごろ)の上、著者の素性がわからず、やはり信憑性はアヤフヤ。
土田氏自体にも近江六角氏の庶流説がありますし、根拠がないというわけでもないのがモヤっとするところです。

 

スポンサーリンク

名前は?

読み方も複数の説があります。

この時代、女性の呼び名は実家の地名から取ることが多いので、実は素性がわからないと読み方も確定できません。

例えば、美濃可児郡の土田から来たのであれば「どた」、尾張清洲の土田なら「つちだ」になるとか。
字面は変わりませんので、別人と混同されることは少なく、文章上での問題はありませんね。

そういうわけで、嫁ぐ以前のことも、それ以降のことも、記録が多いとはいえません。
織田信行が兄・信長に謀殺される前は、一緒に末森城に住んでいたようです。

俗説では完全に信行の味方だった彼女。
信長を敵視していたかのように語られますが、記録上の言動ではそうでもありません。

信長と信行の対立が深刻化し、【稲生の戦い】で信行方が敗れた後は仲立ちとなって、弟・信行の赦免を信長から引き出しています。

また、信長が計略のため重病のふりをしたときも、信行に
「日頃のことはともかく、実の兄上なのですから、お見舞いに行きなさい」
と言っていたことが、信長公記に書かれています。

永禄元年(1558年)11月に信行が謀殺された後は、信長のもとで暮らしていたようです。

信長の息子たち(織田信忠織田信雄織田信孝など)や、浅井氏滅亡後のお市の方の娘たち(茶々・初・江)の世話をしていたともいわれています。
祖父母にあたるワケですから、かわいい孫たちだったのでしょう。

彼らに信長への反抗心がみられないため、土田御前も信長を嫌っていたというわけではないのでしょう。
仮に本心を隠していたとしても、子供って親族の不仲を敏感に感じ取るものですしね。

信長の妹・お市の娘である浅井三姉妹(絵・富永商太

 

信長が殺されてからは?

そこからしばらく、土田御前に関する記録は途絶えます。

本能寺の変が起きた天正十年(1582年)6月以降は、孫の信雄に庇護されたようです。
それ以前は、おそらく安土城に住んでいたのでしょう。

本能寺の変が起きた際、蒲生賢秀(氏郷の父)らが安土城から自分の城である日野城へ信長の妻たちを避難させた――とされているので、この中に土田御前もいたのでしょうか。

賢秀は天正十二年(1584年)4月に死亡。
また同年同時期の小牧・長久手の戦いで織田信雄と蒲生氏郷は敵味方になっているので、少なくともこの二年の間に、土田御前は信雄のもとへ行っていたと思われます。

信雄のところにいた頃は、化粧料けしょうりょうをもらっていたことが記録されています。

顔を飾る、お化粧品のことではありません。
ある程度の身分の女性に与えられる生活費のことです。

領地や田畑が分けられて、そこから税などを得たり、水路の権利を相続する形で優位に立つ「化粧水けしょうみず」など、いろいろな形式がありました。

土田御前の場合、
「祖母の生活費を孫が出していた」
と考えれば、現代に割と近い感じかもしれませんね。

信雄の家臣や親族への所領をまとめた【織田信雄分限帳】では、土田御前と思われる【大方殿】の化粧料が【◯百四十貫文】と記されています。

【◯の部分】が一字下がって書かれているため、書き損じか破損か、あるいは訂正されたようですね。
この記録、厳密に席次や金額で並んでいるわけではないので判断しにくいところ。

他の女性の例を見てみますと。

濃姫・徳姫らの化粧料】

信長の正室・濃姫かもしれないとされる「安土殿」という女性の化粧料が600貫文

信長の娘・徳姫と思われる「岡崎殿」が700貫文

信雄の正室らしき「御内様」が500貫文

彼女らに比べて、信長の母親かつ、信雄の祖母である土田御前の化粧料が140貫文というのは、さすがに少なすぎる感もあります。
◯に何らかの数字が入っていた、と考えるほうが自然でしょうね。

 

スポンサーリンク

秀吉に対する抑制力はあったかも

天正十八年(1590年)7月頃に信雄が改易されると、土田御前は移動を余儀なくされます。

伊勢国安濃津にいた息子・織田信包(信長の弟)のもとに引き取られ、文禄三年(1594年)1月7日にここで亡くなりました。
その後、文禄三年(1594年)9月に、信包も改易されてしまっているので、ある意味では幸いでした。

どちらかというと、土田御前の存在が信包改易の抑止力だったのかもしれません。

信包が改易されたのは、天正十八年(1590年)の小田原征伐の際、北条氏政・氏直父子の助命を嘆願したのが遠因とされています。

ちなみに、信雄が改易されたのは、小田原征伐の後の領地替え(尾張→三河・遠江)を嫌ったのが原因。
豊臣秀吉の怒りを買い、即座に改易されました。

信雄が領地替えを嫌がった理由は不明ですが、敵の肩を持ったという意味では、信包のほうが罪が重いといえなくもないところ。

それでも信包の改易まで4年もあったのは、信雄の改易が決まり、土田御前が信包のもとに行くことになったばかりだったからではないしょうか。
そこからさらに別の織田家親族のもとへ移動させるのは、さすがに秀吉にとっても体裁の悪いことだったのでしょう。

なにせ、秀吉が一番世話になった信長の母親ですからね。
ねね(高台院・北政所)やなか(大政所)など、秀吉の身近な女性たちが口添えした可能性も考えられます。

特にねねは、かつて秀吉の浮気で悩んでいた際、信長から激励の手紙をもらったことがあります。
信長本人に恩返しができなくなったから、その母親である土田御前をできるだけ丁重に扱おうと思っても、不思議なことではありません。

土田御前も”有名な割には、記録が少なさすぎて実情がわかりにくい”という人物。
今後、いずれかの史料発見でイメージが激変する……なんてこともあるかもしれません。

土田城址近くの土田御前の像(岐阜県可児市)/photo by 恭パパ wikipediaより引用

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
国文学研究資料館(→link
三重県津市四天王寺(→link
土田御前/wikipedia

 



-織田家, 麒麟がくる特集, 週刊武春

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.