日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

意外と知らない国立公園の定義や目的 1934年に初めて瀬戸内海・雲仙・霧島を指定

更新日:

精神的に疲れたときは、どこかで美味しいものを食べたり綺麗な景色を見に行ったり、温泉でゆっくりしたくなりますよね。特に雄大な自然のあるようなところは良いお宿も多く、食や温泉も揃っているので定番でしょう。
もちろん外国の方からもそういった場所は人気ですが、人が多く立ち入るようになると荒れがちになるというのもまたよくある話です。
「人を呼ぶために地元が荒れた」というのでは本末転倒ですし、一度失われた自然はそう簡単には戻りません。

それを防ぐため、自然を保護するための制度が”国立公園”です。
昭和九年(1934年)3月16日は、国内初の国立公園として瀬戸内海・雲仙・霧島の三ヶ所が指定された日ということで、本日は国立公園のお話をさせていただきます。

 

日本の中でも【傑出した自然の風景】を保存するため

これ、多分誰もが一度は聞いたことのある単語だと思うのですが、その定義や目的は意外とご存知ないのでは?
何となく「自然が残っている綺麗な場所」「大自然の中の観光地」というイメージをお持ちの方が多いのではないかと思いますが、実はちょっと違います。
国立公園は、日本の中でも【傑出した自然の風景】を保存するための認定制度なのです。

つまり、厳密に言えば観光のために保護しているのではなくて、自然の姿を未来に残しておくためのものなんですね。
このため最低限の管理・案内施設といった最低限の設備や、比較的自然そのままでもレジャーを楽しめるキャンプ場などはありますが、大規模な宿泊施設が設けられているところはほとんどありません。あったとしても、国立公園の区域の外です。

細かい話ですけども、「ここから先はダメ!!」ってはっきりさせておかないと「なあなあ」になっちゃいますからね。ケジメ大事。
自然は刻一刻と形を変えるものですので、100%認定当時のまま残っているところというのも少ないでしょうけども。

 

スポンサーリンク

東は和歌山から西は福岡まで 最も広い瀬戸内海国立公園

では、せっかくなので最初に認定された三つの国立公園を簡単に紹介していきますね。

”瀬戸内海国立公園”は最も広い国立公園です。

瀬戸内海国立公園(水色で塗られた部分が指定されたところ)/出典:環境省HP

瀬戸内海国立公園(水色で塗られた部分が指定されたところ)/出典:環境省HP

東は和歌山県・西は福岡県までまたがる、まさに”瀬戸内海”全域を指定されています。歴史関連でいえば、源平の合戦が一番縁のある時代でしょうかね。

その広大さゆえに四つの区域に分けられ、各区域に一つずつ管理事務所が設けられています。
名前の通り瀬戸内海とそこに浮かぶ1000以上の島々が主体ですが、区域内には六甲山(兵庫県神戸市)などもあり、幅広い景観を楽しむことができます。
船旅を満喫するもよし、山に登るもよし、海辺の景色を楽しむもよし、もう少し足を伸ばして温泉に入るもよし、と四拍子揃った国立公園です。

 

瀬戸内海国立公園(Wikipediaより)

スポンサーリンク

島原の乱の舞台?にもなった雲仙天草国立公園

雲仙国立公園は現在”雲仙天草国立公園”として登録されています。指定当初は天草地域が含まれていなかったのですが、1956年に追加されました。

雲仙天草国立公園/出典:環境省HP

雲仙天草国立公園/出典:環境省HP

 

雲仙地域は度々噴火のニュースが出るあの雲仙岳を中心とした火山群と、それらが生み出す温泉地帯といった、山にちなんだ風景を楽しむことができます。別府の地獄めぐりのように、ここにも”地獄”とつく温泉がいくつかあるようです。九州こええ。

歴史でこのあたりに関係する出来事というとやはり”島原の乱”ですが、一揆勢の本拠だった原城は、ちょうどこの国立公園のど真ん中あたりの位置です。

一方、天草地域では”天草松島”や妙見浦など、こちらは海の景色を楽しめます。
同じ公園扱いになるだけあって距離的にも近いので、訪れた際は両方巡りたいところですね。

 

霧島錦江湾国立公園は追加と分割を経て現在のカタチに

霧島錦江湾国立公園は、この中では最も複雑な経緯をたどってきています。
まず鹿児島県にある霧島山周辺が国立公園になった後、桜島を含めた錦江湾(鹿児島湾の雅称)と何故か屋久島が追加され、2012年に屋久島周辺が分割されるというよくわからない変遷を経てきました。

霧島錦江湾国立公園

霧島錦江湾国立公園2

 

こちらも火山に近いということで温泉が多く、訪れる人も多いのですが、火山活動が活発なため場合によっては入れないこともあるようです。
環境省の紹介ページにも危険情報が書かれて……いるはずなのですが、この記事を公開する時点ではアクセスできませんでした(2015年3月16日午前8時現在)。気象庁のサイトを見ろってこと?(´・ω・`)

桜島の噴火は以前取り上げたことがありますので、よろしければどうぞ→過去記事:溶岩によって大隅半島と地続きに!桜島の大正噴火から学ぶこと【その日、歴史が動いた】
また、霧島山には”七不思議”があったり、坂本竜馬夫妻が新婚旅行に訪れていたりと、いろいろ逸話が多いようです。最近は某これくしょんにも出てくる戦艦の名前の由来としても知られているでしょうか。

 

鳥取砂丘に車が乗り入れる痛ましい事件が… 

とまあこんな感じで、それぞれに歴史や文化や名所があるがゆえに「景観の保存」が第一にされているわけですが……普通の観光地と同じように考えている人が多いせいか、つい先日こんな事件がありました。
「禁止と知らず」鳥取砂丘に四駆、蛇行繰り返す【読売新聞】

鳥取砂丘が”山陰海岸国立公園”の一部であることもあまり知られていないですけども、これはひどい。

山陰海岸国立公園1

山陰海岸国立公園西側/出典:環境省HP

 

山陰海岸国立公園東側/出典:環境省HP

山陰海岸国立公園東側/出典:環境省HP

 

これを機に、国が「国立公園はただの観光地じゃありません(´・ω・`)」ってことをアピールしたほうがいいんじゃないですかねえ。

登山客による富士山の環境悪化も前々から指摘されていますが、こういう点からの呼びかけは今までなかったと思いますし。(※富士山も”富士箱根伊豆国立公園”の一部です)
オリンピックのついでに名所を訪れるする外国人の方も増えるでしょうから、今のうちから始めないとマズイ気がするんですけども。頼むよお偉いさん。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:瀬戸内海国立公園/wikipedia 環境省国立公園

 

 





1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?



井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正
伊達家 伊達政宗 伊達成実
最上家 最上義光 鮭延秀綱
毛利家 毛利元就 吉川元春
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
前田家
黒田家
北条家
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
浅井・朝倉家
立花&高橋家 立花宗茂
諸家
剣豪・武術・忍者
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い


-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.