歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

その日、歴史が動いた 諸家

近衛信尹は父・前久に負けず劣らずのスーパー公家! こうして戦国の世を渡り歩いた

更新日:

いつの時代もいい意味で「らしくない」人っていますよね。
か弱い・華奢な感じの人が漢らしい性格をしていたり、ムキムキマッチョマンが乙女チックな趣味を持っていたり。外見や一般的なイメージからかけ離れているほど、魅力や人間性の深さがうかがえるような気がします。
本日はそんな人と言えなくもなさそうな、とある公家のお話です。

慶長十九年(1614年)11月25日は、公家の近衛信尹(のぶただ)が亡くなった日です。

イラスト・富永商太

イラスト・富永商太

 

関白の座を失い「摂関家の伝統を潰した」と批判される

戦国~江戸時代の公家というと、教科書ではひたすら影が薄いどころか存在しなかったかのような扱いです。

が、一人ひとりに着目してみると、なかなか面白い人生を歩んだ人もいます。信尹もその一人。なんせ公的な人生のスタートである元服の際、冠を被せる「加冠役」があの信長です。
公家にはちょくちょく「信」の字が付く人がおりますが、彼の場合は信長から一時もらったことになっています。

これは時勢上の問題と、小さい頃から父親の近衛前久(さきひさ)と共に地方へ行くことが多かったので、公家同士より武家との付き合いのほうが気軽だったという理由もあるようです。
なお、父の前久は上杉謙信や織田信長と親交を持ち、武術にも長けていたスーパー公務員ならぬスーパー公家様。

そんな父親の地位だけでなく能力も授かったのか。信尹は15歳で内大臣、20歳で左大臣と順調に出世し、その流れで関白の座にも就こうとしておりましたが、ここで暗雲がたちこめます。日の出の勢いにあった羽柴秀吉・秀次にその座を譲ることになったのです。
このため信尹は、公家の間で「摂関家の伝統を潰した」とそしられ、孤立して心を病み、27歳で自ら左大臣を辞職することにもなります。いじめダメ、絶対。

 

スポンサーリンク

「ならば武士になってやる!」と朝鮮出兵に志願するも……

普通の人なら、そのままいろいろな意味で真っ逆さまです。

信尹はここで「何がどうしてそうなった」とツッコミたくなるような行動力を発揮します。なんと、秀吉の朝鮮出兵に際し、名護屋まで行ってしまったのです。

「関白になれないならいっそ武士になってやる」と思っていたようです。やけくそにもほどがあるやろ。

当然のことながら後陽成天皇や菊亭晴季(信長と仲良かった人)に怒られた上、味方したはずだった秀吉にまで怒られて薩摩に三年間流刑になりました(´・ω・`)
これが29歳のときのことです。

まとめると「遅すぎた中二病」を発揮していたわけですね。

 

流罪先の薩摩にすっかり馴染んでしまい

薩摩へ行ってからの信尹は、さすがに落ち着きました。
罪状としては流罪ですけれども、公家の流罪って基本的に「数年、京から離れて頭冷やしてこい」(超訳)という意味合いが強いので、空気を読んで気分を切り替えたのでしょう。
お供が45人(!)もいたようなので、流刑というより公認バカンスでは……。

かつて父も薩摩へ行っていたことがあるためか、信尹は刑期中、薩摩の主・島津義久に厚遇されています。
当時の一般的な公家からすれば薩摩は僻地にも程がある場所だったでしょうが、幼い頃から上方以外での場所に親しんでいた信尹にはあまり気にならなかったかもしれません。

薩摩のあちこちを散策しては和歌を詠み、人々に書道や絵、御所言葉など都の文化を伝えています。信尹が暮らしていた屋敷には、信尹手植えと言われている藤の木が今もあるとか。
京に戻れることになったときにも「あと一・二年いたい」と手紙に書いていたくらいです。罪人とはいったい……うごごごごご。

書にも優れた才能を発揮し、東京国立博物館に図屏風も残されている/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

関ヶ原でヘタ打った島津の所領安堵に一役買う

あまりゴネているわけにもいかないので、最終的には命令通りきちんと京都に戻りました。信尹31歳の時に帰京しているので、何らかの理由で刑期が短くなったようです。
「だめだこいつ……放置してたら永遠に帰ってこねえ」とか思われたわけではないでしょう。たぶん……。

予定より早く帰ることになりながら、信尹は島津家との連絡を続けておりました。
関ヶ原の際、撤退する島津家の家臣を助けて、薩摩に帰れるよう計らったり、徳川家と島津家の間に立って、島津家の所領安堵に一役買ったりしています。
連歌を通じて黒田官兵衛とも付き合いがあったので、官兵衛当てに「島津家を助けてほしい」という手紙も書いていたとか。
鶴ならぬ公家の恩返しといったところでしょうか。

この義理堅さが朝廷からも好ましく思えたのか、36歳のとき左大臣に復職し、40歳で関白に出世。真面目に仕事をしていたらしく、50歳で亡くなるまでの間については特に目立った逸話がありません。
まあ、この経緯で晩年にもなにかやらかしてたら、もっと有名だったでしょうね。

良かったのか悪かったのかわかりませんが、収まるべきところに収まってめでたしめでたしということで。トーチャンの前久もなかなかアグレッシブで面白い人なので、いずれ改めて取り上げたいと思います。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:近衛信尹/Wikipedia 西日本新聞

 

 




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!


2位 意外と優しい!? 織田信長さん


3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


4位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-その日、歴史が動いた, 諸家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.