日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

宇佐美定満(宇佐美定行)・歌川国芳作/wikipediaより引用

スポンサーリンク

武田・上杉家 その日、歴史が動いた

宇佐美定満(定行)の不審死 謙信の参謀はなぜ溺死という最期を迎えた?

更新日:

世の中には、想像以上に不思議な出来事が多いものです。「不思議」の意味合いがミステリーだったりホラーだったりギャグだったり、時と場合によって随分変わりますが。
今回は織田信長の本能寺の変と並び、戦国時代のミステリーに分類されそうな、とある事件について考えてみましょう。

永禄七年(1564年)7月5日は、上杉家の家臣である長尾政景と宇佐美定満(定行)が溺死するという事故があった日です。

のっけから穏やかならぬ雰囲気が漂いますが、現代に至るまで事の真相がわからない、というミステリーな話でもあります。
まずはこの時点までの上杉家・長尾家について、内部事情をみていきましょう。
かなり長くなりますが、そのくらいやらないと考察するのも難しいんですこの事件(´・ω・`)

 

越後長尾家は、謙信の府中上杉氏と政景の上田長尾氏に分かれる

他の大名家同様、上杉氏は多数の系統に枝分かれしています。
歴史の表舞台でよく出てくるのは、その中で越後守護を代々務めてきた家です。そのまんま「越後守護上杉家」と呼んでいます。

長尾氏は桓武平氏の末裔で、やはり多くの系統に枝分かれしている家です。越後守護上杉家と絡んでくるのは、「越後長尾家」と呼ばれる系統です。こっちもまんまですね。
越後長尾家は、さらに府中上杉氏と上田長尾氏という系統に分かれます。簡単にいうと、上杉謙信(長尾景虎)が府中上杉氏、長尾政景・景勝親子が上田長尾氏の出身です。
戦国時代の上杉家を扱った著作物では、上田長尾氏に属する武士を「上田衆」と呼んだりもしますね。

今回の話には関係ありませんが、桓武平氏の末裔には平将門などもいます。つまり、「謙信や景勝は将門とものすごく遠い親戚」ということになるわけです。
といっても時代も地域も違うので、親戚といえないくらい遠いですけども。まあ、意外な繋がりがあって面白いよねということで。

 

スポンサーリンク

天文の乱まで遡る因縁があった!?

さて、話は溺死事件の20年ほど前にさかのぼります。

越後守護上杉家が断絶の危機に瀕したとき、奥州の伊達家から「じゃあうちの息子を一人あげるよん」という話が持ち上がりました。天文の乱(伊達稙宗と晴宗の親子争いを機に東北中が大喧嘩)のきっかけとなった、伊達実元養子入り未遂事件です。
養子を迎える側の上杉家でも、当然これは問題になりました。養子を迎えるにしても、身近な家から迎えるのが筋ですし、伊達家の中で揉めまくったために、養子が来るのか・来ないのか、よくわからん状態になったからです。

そして伊達家と奥州各地の大名が天文の乱をやっている間に、上杉家と長尾家も入り乱れて抗争を繰り広げていました。
よそにまで迷惑かけた稙宗ェ……。

このとき、府中長尾氏の当主は長尾晴景という人物でした。謙信の実兄です。
彼はかなり温厚な人で、国人たちに対しても力で押さえつけるより宥和を試み、争いを収める主義でした。武将というよりは政治家に近いというか、戦国時代では珍しいタイプですね。

しかし、天文の乱がらみのイザコザではその手がききませんでした。
そんな中、お寺に入っていた謙信が還俗し、あっさり家中を鎮めてしまいます。これによって府中長尾氏は晴景派と謙信派に分かれ、身内同士での争いが始まってしまいました。

当時の上田長尾氏の当主は政景で、このとき晴景側についています。

最終的に謙信が府中長尾氏の当主になり、政景もアレコレを経て軍門に降るのですが、これが後々尾を引きました。
政景の父・房長が少々アレな人だったため、その頃のイメージが重なって、政景やその配下の上田衆の待遇も、良いとはいえないものになってしまったのです。

しかし、政景は「一度帰順したからには……」と気分を切り替え、謙信に忠実に仕えました。
家中の混乱に愛想を尽かし、再び出家しようとする謙信を説得して引き止めたり、春日山城の留守を預かったり、信頼も勝ち得ていったのです。

また、政景の正室は謙信の姉・仙桃院であり、夫婦仲が良かったことで、息子である景勝にはあまり悪影響が残らなかったようです。義理の兄ということで、謙信も多少なりとも心強かったでしょう。

 

スポンサーリンク

藤原南家の末裔とされる宇佐美家

溺死事件のもう一人の当事者・宇佐美定満(定行とも)は、藤原南家の末裔とされる家柄の人です。
こちらは先祖代々、越後守護上杉家に仕えてきた家でした。

定満は延徳元年(1489年)生まれなので、大永六年(1526年)生まれの政景とは40歳近く離れていることになりますね。
溺死事件の1564年は御年75歳のご老体です。

定満については「天文の乱がらみのドタバタの際、誰の味方についていたのか」「いつ頃隠居したのか」について諸説入り乱れていて、どんな人だかはっきりしない面もあります。
最終的に晴景、次いで謙信に仕え、政景が降伏する際にも功績があったといわれていますので、重臣であることには変わりないのですが。

まとめると、政景と定満は「仲良しではないが、遺恨があってもおかしくはない」という感じの間柄だったことになります。

この日二人が溺死した件についても、諸説入り乱れています。

「二人が酒に酔った状態で舟遊びをしていたために、うっかり足を滑らせた」
「定満が捨て身で政景を暗殺した」
「他の上杉家臣による政景謀殺に、定満が巻き込まれた」

などです。三つめだったら老人を粗末にしすぎやろ。

実は事件が起きた場所も確定していません。
定満の領していた琵琶島城の浮かぶ野尻湖という説が有力ですが、他にも数カ所の候補があります。
定満の墓が琵琶島城址、政景の墓が野尻湖近隣の真光寺にあるからでしょうか。

政景の墓については、
「最初は野尻湖の湖畔に墓が作られたが、その前を馬で通るとやたらと落馬する」
ことから移転した……という伝説があります。怖すぎ。

また、定満にはこの事件に先立つ永禄五年(1562年)に、北条氏との戦で戦死した説もあります。その場合、政景と一緒に溺死したのは別の人物ということになりますね。

何にせよ「主従や衆道関係でもない相手と(結果的に)心中」というのは実にイヤな話です。
時代的に、衆道絡みのいざこざが原因であってもおかしくはありませんが、その辺を深く勘ぐるとキリがなくなりますのでやめておきましょう。

 

「ワシの命に変えても、邪魔者の政景を取り除かねば!」だった?

政景の息子・景勝は当時8歳。
戦国の世で父を亡くした武家の息子が安穏に暮らせるはずもなく、上杉謙信の養子となって生き延びることになります。そして御館の乱に打ち勝ち、戦国をなんとか生き延びて現代に続くわけです。
もしも定満のねらいが政景や上田長尾氏の勢力を削ぐことだったとしたら、むしろ逆効果になってしまっていますね。

定満が何を考えていたのかは本人のみぞ知るところですが、ひとつ仮説を立ててみましょうか。
謙信はこの事件から11年前=天文二十二年(1553年)に、村上家という別の家から養子を迎えています。山浦国清(後に景国と改名)という人で、謙信の養女と結婚していたため、実質的には婿養子=跡継ぎ第一候補です。
それを見て、定満は「これでお家は安泰! 後はワシの命に変えても、邪魔者の政景を取り除かねば!」と忠義を燃やしていた……なんてのはありそうです。

定満にとって計算外だったのは、謙信がその後も景勝ら養子を迎え続けたこと、最期まで跡継ぎをはっきり決めなかったことかもしれません。
ちなみに、国清はその後別の家を継いだために山浦姓となりました。謙信没後の御館の乱では景勝側につきましたが、小田原征伐に参加した後の行方はわかっていません。これまたモヤモヤしますね。

野尻湖には、定満を供養した塚がある琵琶島へ渡れる定期船があるので、ここが事件現場だったとしたら、ごく近くまで行けることになります。
周辺に宿泊施設が数か所あるようですし、この辺に泊まって事件の真相を考察するのも一興になりそうです。歴史作家さんが行ったら、何かしらインスピレーションがわいたりして。

上杉謙信の跡目でモメた「御館の乱」 勝ったのは姉の子・景勝か、それとも北条家からの養子・景虎か

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:長尾政景/wikipedia 宇佐美定満/wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-武田・上杉家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.