歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

武田・上杉家 その日、歴史が動いた

武田義信の哀しき生涯 信玄の嫡男は如何にして自害へ追い込まれていったか

更新日:

「人生山あり谷あり」とはよくいったものです。
成功して絶頂期に入ったかと思えば、ほんのちょっとしたことで転がり落ちていく……なんて話は、歴史上だけでなく、現代でもちょくちょくありますよね。
それが物騒な時代ならなおのことで、今回もそんなお話。

永禄十年(1567年)10月19日は、武田義信が亡くなった日です。

ご存知、武田信玄の長男ですが、戦国ファン以外の人には「廃嫡された人だっけ?」くらいの印象しか持たれてないでしょうかね……知らない人のほうが多いだなんて、まさかそんな。

 

将軍から「義」の字を与えられ前途洋々だった

義信が生まれたのは、天文七年(1538年)のこと。
武田信玄(晴信)と正室・三条夫人の長男であり、本来ならば揺るぎようのない立場でした。

12歳で元服し、その直後にイトコである今川義元の娘を正室にし……と、その準備も着々と進められます。

天文二十二年(1553年)の末には、将軍の足利義藤(足利義輝)から「義」の字の偏諱を受け、義信と名乗るようになりました。
これは武田家の中では初めてのことです。

普通、こういうときって通字(先祖代々名前に使っている文字)ではなくて、もう一方の字をあげるほうが多いんですけれども、足利家も武田家も清和源氏の末裔だからですかね。

また、この時点では新しく館を作ってもらったりと、決して最初から冷遇されていたわけではありません。
将軍から偏諱を受けたことで、箔をつける必要があったのでしょうか。義輝からしても、この時期は三好長慶との対立などにより、一人でも味方がほしかった頃ですし。

足利義輝の壮絶過ぎる散り際! 剣豪レベルまで剣術を磨いた室町将軍

 

スポンサーリンク

初陣でも大活躍 川中島の戦いでも戦功を挙げながら……

義信の初陣は天文二十三年(1554年)、信濃南部の知久家攻めです。
この戦いで義信は、知久家の城である神之峰城を落とし、初陣とは思えぬ大活躍をしました。

これが室町幕府にも評価されたのか、父・信玄が永禄元年(1558年)に信濃守護に任じられた際、義信は「准三管領」とみなされています。

その他、永禄四年(1561年)の第四次川中島の戦いにおいても、義信が戦功を挙げたという話があります。

謙信の本陣を襲撃し、謙信自身が槍を取らねばならないほどだったとされますが、そんなことをしていたら、信玄と謙信の一騎打ちより有名な逸話になっていたでしょうね。
おそらく急襲したことはあったのでしょうけれども、戦果はもう少し控えめだったと考えるのが現実的ですかね。
元々川中島の戦いについては記録がはっきりしませんし、後世に書き換えられたのかもしれません。

こうして頼もしい若武者に成長していったはずの義信に、突如暗雲が立ち込めます。

永禄八年(1565年)10月に、「信玄暗殺計画に関与した」として、いきなり東光寺(山梨県甲府市)に幽閉されてしまったのです。そして二年後に自害へと追い込まれて、亡くなりました。

 

今川家と手を切った余波で義信一派に暗雲立ち込めていた

信玄暗殺計画については、義信が主導したものではなく、義信の傅役・飯富虎昌や側近が密談していたといわれています。いわゆる派閥争いと言えましょう。

しかし虎昌の弟(後に山県昌景)が信玄に密告してバレ、このような始末になったのでした。

なんだかボヤッとした話ですが、背後に武田家の外交戦略の転換があると考えられています。

これに先立つ永禄三年(1560年)、桶狭間の戦いがあり、義元が討ち死にしたことで、今川家はにわかに没落しつつありました。
義元の母である寿桂尼が踏ん張っていても、代替わりした今川氏真が大名としての器量不足であったことが大きな要因とされています。

そのため信玄が「今川家と懇意にしても今後はメリットが少ないし、なんなら諏訪家(武田勝頼の母の実家)を抑えるために勝頼を引き立てるのもアリではないか」と考えるに至っても仕方のない話でしょう。後に長篠の戦いを機に家勢が傾き、織田信長に滅ぼされてしまうのも結果論ですしね。

義信はやはり、正室が今川家出身であることから今川びいきだったとされており、結果、親子での対立が生じ、最悪の終わりになった……という説です。

細部の違いはあるものの、おおむね徳川家康・信康(松平信康)親子と似たような対立であり、結末もほぼ同じといえます。

だいたい、武家の当主暗殺を目論んでいながら、首謀者とみなしたはずの義信を二年も生かしていたあたりが実に怪しいですよね。信康は、「反抗の兆しがある」という段階で、自分の城を追い出されてから半月程度で切腹させられているくらいだというのに。

ちなみに、勝頼は義信が幽閉された直後に、信長の養女を正室に迎えています。
信玄が今川家との繋がりを切りたかった理由にもなりますね。

 

スポンサーリンク

母・三条夫人が具足を奉納していた

真偽の程は今後の研究を待つとして、最後にホロリとくる話をひとつ。

義信の家臣が事の発覚前に、美和神社(山梨県笛吹市)に太刀を奉納したことがあります。
ここは武田家が崇敬していた神社で、別段おかしなことではありません。

この神社に、義信が幽閉されている最中である永禄九年(1566年)、母である三条夫人が具足を奉納しているのです。
三条夫人は息子の解放や武運を願って、願掛けをしたのでしょうね。カーチャン……(´;ω;`)ブワッ

なお、三条夫人については、フィクションではクセのある、どこか悪役として描かれがちです。ときに信玄と不仲であったなんて囁かれたりもしますが、実際は、京都の親類を通じて夫・信玄の手助けをするなど、むしろ良い奥様だったと見る方が自然かもしれません。

詳細は以下の記事に譲りますのでよろしくご覧ください。

三条夫人(武田信玄の正室)は本当に高慢な公家の姫なのか? 書籍『忘れられた正室』より彼女の実像に迫る!

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:武田義信/wikipedia 美和神社_(笛吹市)/wikipedia

 



-武田・上杉家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.