歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

笠懸/wikipediaより引用

鎌倉・室町時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

守護地頭の役割や違いがバッチリ分かる!なぜ源頼朝は設置したのか?

投稿日:

鎌倉時代の始まりは、武家政権の始まり。
平安時代までとは異なる、新しい役職や単語が出てきます。

その圧倒的代表が【守護】と【地頭】でしょう。

源頼朝が設置した役職として有名ですが、平行して語られることが多いために、
「ドッチが、どんな仕事をしているの?」
なんて混乱したりしてません?

そこで本稿では、
『そもそも守護地頭とはどんな役職なの?』
という点から述べ、続けて、設置の経緯等も見てみたいと思います。

近年では足利直義説が唱えられている源頼朝肖像画/wikipediaより引用

 

守護=各都道府県に置かれた【警察の本部長】

まずは守護から。
現代に置き換えるとすれば、各都道府県に置かれた【警察の本部長】みたいな感じです。

国ごとに一人ずつ任命され、
・大番催促
・謀反人の逮捕
・殺人犯の逮捕
などを主な職務としていました。

「大番」とは、京や鎌倉の警備のことです。
特に鎌倉の警備は御家人にとって当たり前のことですが、わざわざ守護の職務で「催促」とついているからには、行きたがらない者も少なくなかったのでしょう。

領地が遠い場所にある者や、懐事情が厳しい者ならなおさらです。

ただ単に
「来月からオマエさん、鎌倉行きだけどダイジョブ?」
みたいなお知らせで終わったりしないでしょうし……。

この三つのオシゴトをまとめて
【大犯三箇条(だいぼんさんかじょう)】
とも呼んでいました。

ただし、この用語自体は室町時代にできたものだという説が有力でして。
大番催促を外して傷害事件の犯人・夜討・強盗の逮捕を加えた
「重犯五箇条」
とするべきだという意見もあるとか。ややこしい(´・ω・`)

まあ、どっちにしろ「守護は各国に一人ずついて、警察の仕事をしていた」点は変わりません。

犬追物/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

地頭=年貢の徴収と治安維持

次は地頭について。
荘園や公領など、国よりも小さい範囲ごとに一人ずつ設置されました。

職務は年貢の徴収と治安維持です。

実は、平家も似たような役職を作っていたそうです。
頼朝がそれを意識したかどうかは分かりませんが、効率的なシステムだったのでしょう。

各国に何人かいる地頭の中から守護が選ばれましたが、守護と地頭に直接の上下関係はなく、それぞれの任命権は幕府が持っておりました。
そのためトラブルもよく起きていたようです。

特に地頭のほうは直接年貢の徴収を行う者も多かったせいか、
「泣く子と地頭には勝てぬ」
なんて言葉ができたくらいですからね。
当時の武士には、荒っぽい人も多かったでしょう。

むろん、普通に仕事をしていた地頭もいたはずですが、悪いイメージのほうが数倍・数十倍に感じたり、語られたりしますしね。

意外な決まり事としては
【女性も地頭になれる】
ことですかね。
その場合、徴収などに赴くわけではなく、責任者・権利者というところでしょうか。

ただし、女性が守護になることはできませんでした。

守護だと大番役の監督なども行うため、兵学の知識を得にくい女性では難しいと考えられたのかもしれません。
子供や孫の養育などもありますしね。
ただの女性差別であれば、そもそも地頭にすらなれないでしょう。

 

荘園領主たちとトラブルありがち

貴族の荘園などを直接管理する地頭には、自然と「土地」がらみのトラブルが増えていきました。

・地頭から守護に出されるはずの年貢が目減り
・権利を巡って荘園領主と衝突

特に後者はややこしい問題でした。
ヘタをすれば

武家(地頭)
vs
皇室・公家・寺社(荘園領主たち)

という紛争に発展しかねません。
そこで新しいシステムが考え出されます。

一つは【地頭請】です。

荘園領主が、年貢の回収と納入を地頭に任せるというものです。
「請」の文字通り、実務を請け負うわけですね。

地頭は回収した年貢の中から、荘園領主の取り分を納入し、残った分から自分の分け前などを取りました。
地頭が誠実な人でないと成り立たないというデメリットもありますが、荘園領主とのパイプをきっかけに、何らかの便宜や見返りを受けた者もいたでしょう。

もう一つは【下地中分】です。

権利だなんだとめんどくさいことをせず、地頭と荘園領主で荘園を半分ずつ分け、それぞれ自分で管理するというやり方です。
こっちのほうがわかりやすいですね。

年貢=収入が半減することにもなりますが、回収は自分たちで行うため、一定の収入を確保できるのがメリット。
より確実性を重視する人ならこっちを選ぶでしょうね。

「和与中分」といって、荘園領主と地頭の話し合いで年貢や権利を平和的に分け合う方式もありましたが、マイナーだったようです。
まあ、直接収入に関係することですから、どっちもそう簡単には引き下がらないですよね。

流鏑馬/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

最初は「平家討伐が完了まで」の期限付

守護と地頭について。
何となくイメージできたでしょうか?

次に、設置までの流れを確認します。

源頼朝が、平家討伐の兵を挙げ、紆余曲折を経て鎌倉に入ったとき、家臣の進言によってまず関東の地固めに取り掛かりました。
守護も地頭も、そのために生み出された役職です。

守護は当初「惣追捕使」と呼ばれ、平家追討の一翼を担いました。
一方、地頭は当時「国地頭」と呼ばれ、元々荘官(荘園の現地責任者)などをしていた武士に、改めてその土地の支配権や、地元武士の動員権などを与えたものです。

地縁的な繋がりは圧倒的に地頭が強いんですね。
というか、地縁そのもので。

戦国時代でイメージすれば、信濃の一部で勢力を張っていた真田幸村真田信繁)。
あるいは遠江で今川の傘下にありながら土地を有していた井伊直虎など。
そういった地侍が近いかもしれません。

元暦元年(1184年)、源氏軍が平家討伐のため本格的に西上すると、頼朝は「平家の残党狩り等のため」に、西国にもこれらの役職を置くことを後白河法皇に奏上しました。

いかにもゴタゴタして断られそうな案件ですが
「平家討伐が完了するまで」
という前提で許可が出ます。

その後、源範頼や源義経らによって平家討伐が成功。

各地に残る落人伝説などからして、平家の残党は多かったようで。
彼らの追っ手となったのがおそらく惣追捕使だったのでしょう。

後に源頼朝に「日本国第一の大天狗」と罵られる後白河法皇/Wikipediaより引用

 

頼朝も最初は素直に引き下げる

このような流れがあったため、平家討伐が終わると、後白河法皇などは
「もう惣追捕使とか国地頭とかいらないよね? 廃止してくれない?」(※イメージです)
と思っていたようです。

そりゃあ皇族や貴族、寺院など、既存の荘園領主からすれば、
「頼朝だかなんだか知らんけど、ウチらに来る年貢が減ってんじゃーん! そもそも戦の間だけの役職だったでしょ? 早く出てって!」(超訳)
としか思えないですしね。

当たり前といえば当たり前のことです。

その空気を読んだのか。
頼朝のほうから
「そろそろ落ち着いてきたんで、惣追捕使と国地頭を一時停止します」(意訳)
と申し出ました。

あまり朝廷の機嫌を損ね続けていると、ちょっとしたヘマをきっかけに自分が討伐されかねません。
おそらく頼朝は、その辺のバランスを考えて自ら言い出したのでしょう。

実際に、これらの機能は一時停止されました。

 

スポンサーリンク

北条氏一門の独占が自分たちの首を締める

その後、義経追捕などを挟み、建久二年(1191年)、守護・地頭として改めて制度を作ることが許されます。

この前年11月、後白河法皇と頼朝は何度も直接対面して話し合っていたので、この件についても話がまとまっていたのでしょう。
頼朝も法皇の協力に感謝してか、法住寺殿の修繕に家臣を遣わすなどしています。

とはいえ、やはり朝廷の勢力が強い近畿以西では、しばらくの間、荘園領主の支配力が強く残りました。

守護や地頭の地位が安定するようになったのは、承久の乱で幕府軍が勝利を収めてからです。
承久の乱で後鳥羽上皇らが流刑になったため、皇族や公家などの荘園領主は勢力を弱めることになります。

そして鎌倉幕府によって各地へ御家人が派遣され、守護や地頭が実質的な領主となっていったのです。

ただし、守護はアッチコッチに転任させられることも多く、地元に根付くことは稀でした。
当時は、源氏の血が絶えたり、北条氏によるアレコレで幕府自体が安定してなかったので、仕方ありませんね。

むしろ、守護が定住して力を蓄えることを防ぐ目的だった……という可能性もありそうです。
はるか後年の徳川家康も、関が原の戦いが終わった後、西軍に所属した大名の領地を取り上げると同時に、東軍の中で豊臣家に近かった大名を地元から引き離していたりしますし。

さらに時代が下り、北条氏による専制が進むに従って、守護は【北条氏一門の独占】状態となっていきます。

鎌倉幕府が倒れたのは
元寇に対する恩賞がなかったことと、それに関連する借金の倍増」
というのが最大の理由ですが、同時に
「北条氏による守護独占も、各地の地頭や御家人たちの不満の種」
となっていたのが大きいでしょう。

元寇の際は守護が各国の兵を動員していましたし、討幕のときも同じだったようですしね。

ところで、守護といえば室町・戦国時代の「守護大名」を連想する方もいらっしゃるかもしれません。
ついでに、こちらについても少しだけお話ししておきましょう。

 

島津家、毛利家、伊達家も

守護という役職自体は、室町時代にも存在していました。

しかし、室町幕府の支配力がのっけからショボかったので、各地の守護が地頭や地元の有力者などを家臣にして財力や兵力を蓄える……というケースが頻発します。
そうやって大名化していったのが守護大名です。

守護大名はその力を背景にして、室町幕府の政治に食い込もうとし、京都へ滞在するようになります。
その場合、領国の統治については家臣や守護代という代理人に任しておりました。

応仁の乱後、守護大名は戦国大名になったり、没落したり、様々な道を辿ります。
それがさらに江戸時代に続いて各地の藩主となり、明治時代には華族になり……と繋がっていくのです。
※江戸期には途中で領地を変えられることも多々ありました(転封)

鎌倉時代に守護・地頭へ任じられ、その後も長く続いた家としては、
・島津家
・毛利家
・伊達家
などがありますね。
島津家は、大河ドラマ『西郷どん』でもお馴染み、島津斉興島津斉彬、そして島津久光を輩出した家です。
戦国時代にも四兄弟が有名ですが、同じく毛利元就の毛利家も、伊達政宗の伊達家も、説明する必要もないほどの知名度ですね。

気になった戦国大名がおられましたら、成り立ちを調べてみると面白いですよ。

 

スポンサーリンク

もともと地方に持っていた荘園に流れる貴族も

守護・地頭の設置は、武士の生活安定化を促す一方、長い年月をかけてジワジワと皇室や公家の困窮化をもたらしました。

ザックリとまとめますとこんな流れです。

①承久の乱で上皇軍が敗北

②皇室や公家が持つ荘園の領主が守護や地頭にナメられるようになる

鎌倉幕府滅亡

④室町幕府開始

⑤応仁の乱で戦国時代突入

⑥守護(大名)・地頭がどさくさに紛れて皇室・公家に年貢を収めなくなる

⑦皇室・公家のお財布が寂しくなる

このため公家の中には各地の大名家の下へ身を寄せたり、元々、地方に自分が持っていた荘園に移住して直接管理をしたりする者も現れました。
後者の例としては、土佐一条氏が有名ですね。

戦国時代、なぜ土佐に名門一条家が下向したのか? 初代・教房から七代・政親で滅亡するまで

長宗我部元親に滅ぼされたあの家ですが、元はれっきとした藤原北家の流れをくむ公家です。
詳しくは上記の記事をどうぞ。
なかなか興味深い展開です。

 

信長の父も良い関係を築いていた一人

もっとも、各地の大名の中には、変わらず皇室を尊崇したり、公家に敬意を持っている人もいました。
彼らは皇族や公家を経済的に援助し、その見返りに官位や勅令などを得て、win-winの関係を築いていきます。

毛利元就や織田信長の父・織田信秀が有名ですね。

元就は大内義隆を通して朝廷に献金を行い、従五位下・右馬頭(うまのかみ)の官位をもらっています。
右馬頭は馬寮(「めりょう」または「うまのつかさ」)という役所の役人です。

朝廷が所有する馬の飼育や、各地にある勅旨牧(朝廷が所有する牧場)の管理を行うところで、ここの官職をもらうことは、武士にとって憧れでした。
武士も良い馬を育てたり買ったり、戦に使ったりしますから、朝廷との数少ない接点だと感じられたのでしょうね。戦のときに武力を示すチャンスもあったでしょうし。

また、元就にとっての右馬頭は、ご先祖様が叙任されたことのある官位でした。

朝廷は「前例があること」を基準に物事の可否を決めることが多いので、叙任の決め手になったかもしれません。

織田信秀は地元の経済発展を支援し、それで得た利益をたびたび朝廷に献金していました。
目的は伊勢神宮や内裏の修繕費です。

これに対し、信秀も官位を受けています。
やはり従五位下と高くはありませんでしたが、信秀自身が40歳前後で亡くなってしまっているから……というのもあるかと。

もしも信秀があと10~15年くらい生きられたら、そのぶん献金を重ね、もう少し上の官位をもらっていたでしょう。

厳密に言うと、信秀の家は尾張の守護ではなく、守護“代”だった織田大和守家の庶流です。
尾張の正式な守護は斯波氏という家なのですが、徐々に勢力を弱め、信秀・信長の時代には諸々の事情で大名としての形を保てなくなっておりました。

織田信秀イメージby富永商太

守護・地頭に限りませんが、暗記ポイントとしてだけでなく、こうした前後の時代との繋がりを見ていくと、歴史が楽しくなったり、大河ドラマなどをより深く味わえるのではないかと思います。

まぁ、現代とは事情が違いすぎるので、ご自身で調べるとなるとなかなか骨が折れますが……。ままなりませんねぇ。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:国史大辞典「守護」「地頭」守護/wikipedia 地頭/wikipedia

 




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-鎌倉・室町時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.