豊臣家 その日、歴史が動いた

天下人・秀吉「吉野の花見」雨に祟られブチギレて、全山焼き討ち寸前だぁ!

更新日:

文禄三年(1594年)の2月27日、豊臣秀吉が吉野で大々的に花見を行いました。

『あれ?時期尚早じゃない?』
と思われた方、ご明察です。

当時のその日は、新暦に直すと1594年4月17日になり、シロヤマザクラを中心とした約200種3万本が見頃を迎える4月上旬~中旬に当てはまります。

秀吉も、さぞかしノリノリだったことでしょう!
と思いきや……。

 

到着から3日間、雨が降り続き、秀吉ブチ切れ

満開シーズンに子飼いの大名やお姫さんたちを引き連れ、さぞかし当人は楽しかったことでしょう。

この時期って最初の朝鮮出兵「文禄の役(1592-1593年7月)」が終わったばかりで微妙な時期なんですけどね。
※2度目の「慶長の役」は1597年から

秀吉当人はといえば、天下統一事業を成し遂げ、前年には一時諦めかけていた世継ぎ(後の豊臣秀頼)も得て、文字通りこの世の春を謳歌。
周囲の心境などドコ吹く風だったようです。

イラスト/富永商太

しかしここで「そうはいくか!」とばかりに横槍が入ります。

といっても武将達ではありません。
吉野山の神仏です。

秀吉はこのとき徳川家康前田利家伊達政宗といった錚々たるメンツも引き連れていたのですが、秀吉の現地到着から実に三日間も雨が降り続いたというのです。

どう見ても天罰です、本当にありがとうございました。

さすがに苛立った秀吉は、吉野のお坊さんに八つ当たりします。

「降り止ませないと全山焼き討ちすんぞ!!」(意訳)

そんな無茶振りをして、周辺のお寺に晴天祈願をさせました。
ホント、これって耄碌でしょ、老害でしょ。

神仏も「アイツ気に入らないけど、いつも拝んでくれてる奴らが困るのは嫌だな。そろそろ勘弁してやろう」と思ったのか、無事に雨は止んで花見が出来たそうです。

人が余計に殺されたりしなくて、ほんと良かったですわ。

 

紫式部の粋なはからいで名歌が生まれた

さて、吉野山は古くから桜の名所として知られていたため、この二つを詠んだ和歌がたくさん残っています。

ついでですので、その中から割とわかりやすいのを拾ってみました。
まずは個人的に好きなこれからいきましょう。

いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな
【意訳】「古の奈良の都で咲き誇っていた八重桜が、今日この日は今日の都でもあでやかな姿を見せてくれています」

伊勢大輔という平安時代女官が詠んだもので、百人一首の61番にも採られています。
「九重」は宮廷のことを指し、「八重」と対になっていて技巧的に優れていながら、意味もわかりやすいとても良い歌です。

彼女は藤原彰子に仕えていたので、紫式部の後輩にあたるのですが、この歌を詠んだときも紫式部がちょっと絡んでいます。そのときの風流な話をば。

春のある日、かねてから付き合いのある奈良のお坊さんから「春のおすそ分けに」と八重桜の枝が届けられました。
宮中のことなので、こういうときに御前に捧げる役も決まっていて、このときは紫式部がやることになっていました。

しかし彼女は、最近来たばかりの伊勢大輔をここで大々的に紹介してあげようと考え、「今年初めての桜ですから、新しい方がおやりなさいな」と役目を譲ります。
日頃から気に入ってたんでしょうね。

後世のように「決まりだからダメ!」なんてヤボなことを言う輩もおらず、丸く収まるかに見えましたが、何せこのときは彰子だけでなく一条天皇もご一緒の席でしたから、伊勢大輔は相当緊張したに違いありません。

しかしその状態でもこの見事な歌を詠んだのですから、推薦した紫式部はもちろん、主の彰子も鼻が高かったでしょう。
高貴な方々なのでそんなはしたない態度は取らなかったと思いますけども。

 

名前は一発で暗記できるが受験には出ない【小野老】

奈良に都があった頃の人も、もちろん桜の歌を詠んでいます。

青丹よし 奈良の都は 咲く花の におうがごとく 今さかりなり
【意訳】「今の奈良は、桜の花のように美しく栄えています」

小野老(おののおゆ)という、聖武天皇の時代の人が詠んだ歌です。
大宰府のお役人なのですが、スゴイ名前なので一度見たら忘れられないでしょう。

「青丹よし」は奈良の枕詞で、青丹という顔料の素材となる石が奈良でよく採れたことから来ているそうです。

当時、聖武天皇に初めて皇子が誕生したので、都全体が祝賀ムードになっているのを大宰府で話のタネにしたとき詠んだのだとか。
残念なことにその皇子は翌年亡くなってしまったため、女帝である孝謙天皇が位に就いたのですが、まあそれは別の話ですね。

 

吉野山に庵のあった西行も数多の名句を

時代が前後しますが、桜と和歌といえば西行もかかせません。
もちろん吉野山のことも詠んでいます。

たくさんあるのですが、ここでは二つだけご紹介しましょう。

なにとなく 春になりぬと 聞く日より 心にかかる み吉野の山
【意訳】「春になったようだと聞いてから、吉野山のことが気になって仕方がない」

吉野山 さくらが枝に 雪ちりて 花おそげなる 年にもあるかな
【意訳】「吉野山の桜の枝に雪が降っているので、今年は春が遅くなるようだ」

西行は吉野山に庵を結んでいたこともあるので、特に後者の歌は”花見のために来た”というよりは毎年のこととして捉えている感がありますね。

亡くなる直前に詠んだ「願わくは」の歌も、もしかしたら吉野山をイメージして詠んだのかもしれません。

現代では忙しすぎて山々へ花見をしに行くというのは難しいです。

道路や川沿いの桜並木をじっくり眺める程度の余裕は欲しいものですね。
案外、そのほうが公園や観光地より静かに楽しめるかも?

なお、吉野山の桜情報は、吉野町のHPに掲載されますよ(2月末現在は掲載ナシ)。

長月 七紀・記

【参考】
吉野山/wikipedia
吉野町ホームページ

 



-豊臣家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.