豊臣家 麒麟がくる特集 毛利家 その日、歴史が動いた

清水宗治こそ男の中の男!備中高松城水攻めのケジメ=切腹は武士の鑑となる

投稿日:

「日本独自の文化」と言われたら、真っ先に何を連想します?

おそらく大多数の方が和食や着物あたりを連想すると思うのですが、一つ強烈な風習というか武士独特の慣習を忘れてはいませんか。

そうです。
切腹」です。

天正十年(1582年)6月4日は、備中高松城主・清水宗治が切腹した日。
戦国ファンの方なら清水宗治と聞いただけでピンときたでしょう。

そうです。
豊臣秀吉による中国地方攻略のハイライトであり、毛利家にとっては三木の干殺し・鳥取の飢え殺しに続く悪夢「高松城の水攻め」の城主です。

鳥取城の渇え殺し……豊臣秀吉と黒田官兵衛の恐るべき合戦術とその攻防

清水宗治の切腹以降、この死に様が武士による「誉」となったとされますが、それはなぜなのか?

本稿では清水宗治の生涯と共にその最期までを見て参りましょう。

 

もともと毛利家の家臣ではなかった

宗治は元々毛利家の家臣ではありませんでした。

三村家という備中(現・岡山県西部)の武士に仕えており、毛利元就の台頭で主家を見限って毛利家に従ったという経緯があります。
もっとも三村家は中枢人物ですら毛利家につくような状態だったので、元就と比較できるような器量の持ち主がいなかったのでしょうね。比較する相手が悪すぎますが。

しかし、宗治はその真面目さで毛利家での存在感を高めていきます。

特に、元就三男・小早川隆景の配下で毛利家の中国掌握に貢献したため、隆景の信頼はひとしおでした。
だからこそ、備中高松城という要衝を任されたのです。

ですが相手は常識も何もかも吹っ飛ばす秀吉。

水攻めという前代未聞の攻城に対し、忠誠心だけでは太刀打ちできませんでした。
約3km四方を7mもの塀で取り囲み、水没させたと史料にありますが(『川角太閤記』など)、実際は300mでそれが可能であることが研究の結果明らかになっています。

備中高松城の5,000に対し、秀吉軍は20,000。

鳥取城のときの城内は「刀折れ矢尽きる」どころではなく、家畜や雑草を食べつくしてもなお飢えるという惨事に陥ったことを、宗治も伝え聞いていたことでしょう。
詳細は、歴女医まり先生の記事にお譲りしますが、あれを少しでも聞いていたら「二度と繰り返してなるものか」と思うはずです。

「鳥取の渇え殺し&三木の干し殺し」人肉の恐怖 極度の空腹で一気にメシ食うと死ぬ?

そこへ秀吉から毛利方に対し
「宗治殿の命と引き換えに城兵を助けよう」
という降伏勧告がきたのですから、宗治に選択肢はありませんでした。

 

スポンサーリンク

本能寺の一件は伝わった?それでも静観するしかない?

秀吉と安国寺恵瓊の交渉により定められた和睦の条件は4つでした。

①清水宗治の切腹(城兵の命は助ける)
②備中高松城を明け渡す
③毛利の五カ国を秀吉に割譲(実際は三カ国となる)
④毛利から人質を出す

実はちょうどこのときに本能寺の変が起きています。
当然のことながら秀吉がひた隠しにしたため、毛利も宗治も信長の死を知らずにこの条件を飲んでいます。

いや、実際は毛利にも本能寺の一件が伝わっていた――という指摘もあるのですが、実際は、情報がかなり錯綜していて毛利方でも確信を持つに至れなかったのです。
毛利としては、アヤフヤな情報に乗って家全体の命運をかける余裕はありませんでした。

というのも、実は備中高松城だけでなく毛利全体がピンチに陥っていたのです。

度重なる合戦で毛利家全体が疲弊していたばかりか、制海権を握られて物資の運搬が滞り、これ以上の戦争継続が不可能でした。
そこで秀吉から出された条件は決して悪くはないもの。渡りに船とばかりに和睦を結ぶほかありませんでした。

ちなみに、毛利が本能寺の変について「織田信長は確かに死んでいる」という確証を得たとき、秀吉はすでに遠く離れた摂津尼崎(180km先)におり、もはやどうこうできる距離ではありませんでした。

 

船上で一差し舞を披露して

さて、いざ切腹となった清水宗治。
彼は自分の兄弟や援軍に来ていた将と共に腹を切ったのですが、このときの作法が切腹の基本になったと伝わります。

なんでも「水浸しになった備中高松城から小船で出てきて、その上で一差し舞を披露してから腹を切り、介錯人に首を落とさせた」のだそうで。

清水宗治/wikipediaより引用

潔いばかりではなく、美しく命を差し出した宗治に対し、秀吉は賛辞を惜しまなかったとか。
どのタイミングで言ったのか(そもそも本当に言ったのかも)不明ですが、「宗治の死を見届けるまでは出発できん」とも口にしていたそうです。

さすがに後の武士達は舞うことまではしませんでしたが、「腹を切ってから首を落とす」という点は、武家社会の中でずっと続いていきます。

幕末頃にヨーロッパ人が切腹の場を見物したことがあるのですが、その時も同じやり方だったそうです。
といっても、扇で腹を切るフリをするだけで、実質的には斬首と変わらないということも多かったようですが(なぜなら腹を切るのがあまりに痛いから)。

また、宗治の最期をモデルにしたと思しき表現で歴史から退場したことになっている人物もいます。

他ならぬ本能寺の変の当事者、織田信長です。

だいたいの創作で「信長は敦盛の一節を舞い(あるいは口ずさみ)、何人かの敵を返り討ちにした後、自ら本能寺の奥に入って腹を切った」としていますよね。
シチュエーションこそ違えど、宗治とそっくりじゃありませんか?

誰がこの表現を始めたのかはわかりませんが、おそらく「これカッケー! 信長にピッタリじゃん!」って思った人が書いたんでしょうね。

 

スポンサーリンク

超絶かっこいい辞世の句が実は……

宗治の辞世の句がまた、超然とした心境を良く表しています。

「浮世をば 今こそ渡れ 武士(もののふ)の 名を高松の 苔に残して」

個人的にはこれ、訳すのが無粋に感じるほどの名歌だと思います。

死や滅びに美学を見出すのは日本人特有の感覚といわれますが、「無駄死にじゃんwww」と思う人々も、こういった美しさや潔さを知ったら、また違う感想を抱くのではないでしょうか。

と、エエ話で終わりたかったのですが……。
実はこの歌、長州藩士の清水家が、自身の家を誇るため後世に作った可能性が高いとのことです。

まぁ、いずれにせよ彼が城兵の命を救い、毛利家を危機から脱出させたのは間違いありません。

備中高松城の本丸があった場所には現在、清水宗治の首塚が設置され、今なお多くの方に供養されているとのことです。

清水宗治の首塚

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
『秀吉の虚像と実像』(→amazon link
清水宗治/wikipedia

 



-豊臣家, 麒麟がくる特集, 毛利家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.