フン族アッティラ

アッティラの復元像/photo by A.Berger wikipediaより引用

欧州 アジア・中東

「歴史上最も凶悪な男」フン族のアッティラが欧州人に恐れられるのはなぜ?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
フン族のアッティラ
をクリックお願いします。

 

崩れゆくローマ帝国

ローマ帝国の決断は、果たして正しかったのでしょうか?

フン族は、その後も撤退しようとはせず、ヨーロッパ大陸をうろつき回りました。

一度条件に屈したからには、また搾り取れると思ってしまったのです。

「貢ぎ物が足りないだろ」

「まだ脱走兵を帰していないだろ」

「お前ら、俺たちの先祖の墓を荒しただろ」

いくつもの難癖をしつこくつけ続け、441年まで脅迫は続きます。

武装した者が誰もいない修道院は格好の餌食。

多くの修道士と修道女が惨殺されました。

その悪辣さが「神による災い」「神の鞭」と呼ばれたのです。

広く豊かなローマ帝国は、危機に瀕していました。

穀倉地帯である他の属州でも反乱が起こり、その対処のために兵を動員せねばならなかったのです。

この時期はローマ帝国の各地で、綻びるように反乱が続発。

帝国弱体化の表れとも言えるでしょう。

フン族はオーストリア、ハンガリー、ルーマニア、ロシア南部まで進出し、勢力拡大を続けていきます。

年と共に欧州を制していくフン族の侵攻/map by Stw wikipediaより引用

はじめの協定から2年間で、ローマの差しだす黄金は400キログラムに増加。

これに賠償金を加算すると、さらに2000キロの追加が必要でした。

それだけあれば黄金を身につけ、金銀の皿で食事をしてもおかしくない。

しかし、ローマの使者が見たアッティラは、いたって質素な木の食器で食事をしました。定住しようとする気もありませんでした。

彼らはライフスタイルを変えることなく、ただ嵐のように略奪と殺戮をするだけ。

それだけに、付け入る隙もなかったのです。

 

アッティラこそ軍神なり

前述の通り445年頃にブレダが事故死。

首長はアッティラ一人でした。

448年、ある牛の群れからはぐれた牛が、血を流して戻って来ました。

牛飼いが周辺を探ると、牛は落ちた剣によって負傷していた模様。

「なぁんだ、そういうことね」で、終わらないのがこの話です。

牛飼いは錆びた剣をアッティラに献上しました。

「これは軍神の剣に違いあるまい」

誰がどう見てもただの錆びた剣なのですが、アッティラは突如そう言い出します。

アッティラの復元像/photo by A.Berger wikipediaより引用

この怪しげな剣以外に、もう一つ西を目指す理由がありました。

西ローマ皇帝ウァレンティニアヌス3世の姉であるユスタ・グラタ・ホノリアは、野心家でした。

彼女は弟にとって最悪の敵の妻となることで、政治的権力を得たいと考えておりました。

そんなホノリアから、

「私と結婚したら、持参金として西ローマ帝国の領土を譲ります」

という手紙が、印章付き指輪とセットでアッティラへ送られます。

軍神の化身となったアッティラは、花嫁ホノリアと結婚するため西へ西へ。

現在のドイツとフランスの都市は、その影響で支配下に置かれ、壊滅的な打撃を受けました。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-欧州, アジア・中東