ジル・ド・レ/wikipediaより引用

フランス

レジェンド級の鬼畜貴族ジル・ド・レ~ジャンヌの戦友は大量殺人鬼

調査の結果、城からは、
・着衣のない50名もの幼い少年の遺体
・黒魔術が行われた痕跡
・悪魔崇拝
・男色
・異端
・背教
・涜神の証拠
が発見されました。

それだけではありません。
さらに80人から200人もの少年が、拷問殺人の犠牲になり、手足と頭部を切断されていたことも発覚。
しかも、気に入った首を選ぶため、側近に並べさせていた事実も明らかになりました。狂気というほかありません。

法廷に引き出されたジルは、救国の英雄として堂々たる態度を見せ、裁判官を罵ったかと思うと、次の瞬間には自分は敬虔なキリスト教徒だと訴え、泣き崩れるという、まるで違う態度を見せました。
一貫していたのは「性的快楽のため少年たちを嬲り殺しにしていた」という狂った主張だけです。

戦争で荒廃した世界に暮らす当時の人々にとって、血腥い話は確かに身の回りに溢れてはおりました。
が、それでもジルの告白は暴力的過ぎて衝撃が強く、聞く者は顔を背け、顔面からは血の気が失せるほかありません。
一部の証言はあまりの残虐さのため、裁判記録から削除されたほどです。

そして同年10月26日、ジルは貴族にとっては不名誉な絞首刑に処されました。

救国の英雄が何故こんなことになってしまったのか。人々はそう嘆きました。

生まれつき残酷な面があったのか。幼い頃、祖父に性格を歪められたせいか。戦場で血と暴力を経験してしまったせいか。ジャンヌ・ダルクの処刑に絶望したのか。
それはおぞましくも悲しい、英雄の失墜でした。

ジル・ド・レの処刑を描いた絵/wikipediaより引用

 

ジャンヌ・ダルクの死を理由にしてよいものか

救国の英雄から一転し、鬼畜変態貴族・西の横綱級にまで墜ちたジル・ド・レ。
まるで堕天使のようなその生き様は、人々に衝撃とインスピレーションを与えます。

花嫁をたて続けに殺していたという童話「青髭」のモデルともされ、『悪徳の栄え』の作者であるマルキ・ド・サドはジルにあこがれていたと言われます。

そしてジルは、百年戦争を舞台としたフィクションには必ずといっていいほど登場します。
最近では漫画『ドリフターズ』や、ゲーム『Fate』シリーズにも出ておりましたね。

こうしたフィクションでは、ジルが堕落した理由についても描かれることがあり、ジャンヌ・ダルクの死にショックを受けたという説が多いようです。

ジャンヌからすれば「人のせいにしないでよ!」と強固に主張したいのではないでしょうか。

文:小檜山青

【参考文献】

『ダークヒストリー2 図説ヨーロッパ王室史』(→amazon link

 



-フランス

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.