歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

アッティラの復元像/photo by A.Berger wikipediaより引用

FGO ローマ 欧州

フン族のアッティラが「神による災い」として魔王級にビビられているのはナゼ?

投稿日:

フン族のアッティラ――。
その名は、ヨーロッパの人々にとってのトラウマです。

「歴史上最も凶悪な男」
と評価する者もいるほどで、凶暴で強引な人物を形容するとき、苦々しげに舌打ちしつつ、
「あいつはアッティラだ!」
なんて形容することもあります。

当時の人々は、アッティラは神が堕落した人に下した罰だと信じました。
「神による災い」
「神の鞭」
というのは、そうした考えから生まれた呼び名です。

BBC『ウォリアーズ 歴史を動かした男たち』アッティラ予告編

しかし奇妙なことに、それほど恐ろしい一族とその王が何者であったのか?
それすらハッキリとしないのです。

5世紀の欧州を震え上がらせたアッティラとは何者か?
どれほどの災厄をもたらしたのでしょう。

 

人ではない何かが襲来する

当時のローマ人はじめヨーロッパの人々は、恐怖のあまり彼らをまるでゾンビのように形容しました。

・馬に乗るためガニ股になった脚
・小柄で筋肉質の肉体
・細い目
・幅の広い鼻
・ボサボサした黒い髪の毛

身につけた衣服は、小動物の皮から出来ていました。
この毛皮製の粗末な服を、ボロボロになって朽ち果てるまで、彼らは身につけているのです。

アッティラの復元像、アジア系として作成された例/photo by Peter d'Aprix wikipediaより引用

清潔なトーガや美しい甲冑を身につけるローマ人からすれば、恐ろしい格好にほかなりません。

さらに彼らはスカリフィケーションを顔面に施していました。
顔の皮膚を赤ん坊のうちに傷つけ、模様にする技法です。

彼らの馬は痩せて、馬の屍が走っているようでした。
その馬と一体になったフン族は、ケンタウルスのようにも見えるのです。

ローマ人にとってフン族は、ただの異民族ではなく、現代人にとってのゾンビのような、得体の知れぬ集団がわさわさと襲ってくるような恐怖感がありました。

4世紀、ローマ人の中には、フン族が来るという噂を聞いただけで恐慌を来たし、避難する者すらいました。

しかし彼らの恐慌は杞憂でした。
フン族はローマに到達することはなかったからです。

そう、アッティラの登場までは……。

 

スポンサーリンク

ブレダとアッティラ

434年、フン族の首長ルアが死去し、後継者として二人の甥が指名されました。

44才前後のブレダと、28才前後のアッティラ。
二人は対立することなく協力して部族を従えていました。

アッティラとブレダのイメージ/illust by Tulipán Tamás wikipediaより引用

ブレダはさして功績を残すこともなく、445年頃に事故死しております。

兄弟が真っ先にしたことは、ローマを脅しつけて和議の金を引き出すことでした。
彼らはマルゴス(現ポジャレヴァツ)で帝国使節団と交渉。多大な要求をつきつけたのです。

・およそ260キログラムの黄金(以前の要求から倍増)
・フン族脱走兵の引き渡し
・フン族の捕虜となってその後脱走したローマ兵の返還あるいは買い戻し
・フン族と敵対する部族とローマ帝国間の同盟禁止
・フン族とローマ帝国の交易における規制撤廃

高圧的で屈辱的な条件を、東ローマ皇帝テオドシウス2世は受け入れます。

ローマ側から返還されたフン族の少年2名は、即座に十字架に磔とされました。
彼らは反抗的な一族出身の王子だったのです。

 

崩れゆくローマ帝国

ローマ帝国の決断は、果たして正しかったのでしょうか?

フン族は、その後も撤退しようとはせず、ヨーロッパ大陸をうろつき回りました。
一度条件に屈したからには、また搾り取れると思ってしまったのです。

「貢ぎ物が足りないだろ」
「まだ脱走兵を帰していないだろ」
「お前ら、俺たちの先祖の墓を荒しただろ」

いくつもの難癖をしつこくつけ続け、441年まで脅迫は続きます。

武装した者が誰もいない修道院は格好の餌食。
多くの修道士と修道女が惨殺されました。

その悪辣さが
「神による災い」
「神の鞭」
と呼ばれたのです。

広く豊かなローマ帝国は、危機に瀕していました。
穀倉地帯である他の属州でも反乱が起こり、その対処のために兵を動員せねばならなかったのです。

この時期はローマ帝国の各地で、綻びるように反乱が続発。
帝国弱体化の表れとも言えるでしょう。

フン族はオーストリア、ハンガリー、ルーマニア、ロシア南部まで進出し、勢力拡大を続けていきます。

年と共に欧州を制していくフン族の侵攻/map by Stw wikipediaより引用

はじめの協定から2年間で、ローマの差しだす黄金は400キログラムに増加。
これに賠償金を加算すると、さらに2000キロの追加が必要でした。

それだけあれば黄金を身につけ、金銀の皿で食事をしてもおかしくない。
しかし、ローマの使者が見たアッティラは、いたって質素な木の食器で食事をしました。定住しようとする気もありませんでした。

彼らはライフスタイルを変えることなく、ただ嵐のように略奪と殺戮をするだけ。
それだけに、付け入る隙もなかったのです。

ローマ人を迎えたアッティラ/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

アッティラこそ軍神なり

前述の通り445年頃にブレダが事故死。
首長はアッティラ一人でした。

448年、ある牛の群れからはぐれた牛が、血を流して戻って来ました。
牛飼いが周辺を探ると、牛は落ちた剣によって負傷していた模様。

「なぁんだ、そういうことね」
で、終わらないのがこの話です。
牛飼いは錆びた剣をアッティラに献上しました。

「これは軍神の剣に違いあるまい」
誰がどう見てもただの錆びた剣なのですが、アッティラは突如そう言い出します。

この怪しげな剣以外に、もう一つ西を目指す理由がありました。

西ローマ皇帝ウァレンティニアヌス3世の姉であるユスタ・グラタ・ホノリアは、野心家でした。
彼女は弟にとって最悪の敵の妻となることで、政治的権力を得たいと考えておりました。

そんなホノリアから、
「私と結婚したら、持参金として西ローマ帝国の領土を譲ります」
という手紙が、印章付き指輪とセットでアッティラへ送られます。

軍神の化身となったアッティラは、花嫁ホノリアと結婚するため西へ西へ。
現在のドイツとフランスの都市は、その影響で支配下に置かれ、壊滅的な打撃を受けました。

アッティラの復元像/photo by A.Berger wikipediaより引用

 

名将フラウィウス・アエティウスとの対決

ここでローマに、スキタイ人の父を持つ名将が登場します。

フラウィウス・アエティウス。
彼は人質としてフン族の中で育ち、青年期を迎えました。

そんな若き日には、アッティラとも友人であったとも言われています。

フン族のやり方を、アエティウスは熟知していました。

451年、フン族とローマ軍は、現在のシャロン=アン=シャンパーニュで激突。
両軍ともに5万から8万の兵がぶつかったというカタラウヌムの戦いです。

この戦いで両軍とも大損害を受けますが、より深刻だったのはフン族でした。
ヨーロッパ支配という夢は、この地で打ち砕かれたのです。

母子の屍を踏みにじり戦うフン族/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

イタリア侵攻

フランスから撤退したアッティラは、元の目的であるホノリアとの結婚を求めて、イタリアになだれ込みました。

アエティウスは、ここでは戦うことができず、他の武将がフン族を迎撃。
劣勢のローマ軍はなんとかとどめようとするものの、戦況は不利です。

多くの都市が破壊されました。

ローマめざし侵攻するフン族/wikipediaより引用

しかしアッティラは、ローマ帝国の息の根を止めませんでした。
教皇レオ1世との話し合いに応じ、撤退したのです。

アッティラとレオ1世/wikipediaより引用

こうして間一髪でフン族が立ち去る「奇跡」は、何度か記録されています。
パリでは、聖ジュヌヴィエーヴが民に呼びかけ熱心に祈ったところ、フン族はフン族は立ち去り、オルレアンに向かいました。

教皇レオ1世の求めに応じたのは、彼の背後に聖ペトロと聖パウロの幻を見て圧倒されたからと伝えられました。
この教皇とアッティラの図は、美術作品の題材として人気があります。

神による奇跡として信じられてきた伝説ではありますが、こうした敵にとっては不可解な撤退は、大抵別の事情があるものです。

食料不足。
疫病の蔓延等。

何らかの理由で、彼らは進軍の理由を失ったのでしょう。

 

あまりにあっけない最期

453年、アッティラは西ヨーロッパからドナウ川側の本拠まで引き返しました。
そしてゴート人の美女イルディコを娶ります。

婚礼の宴が終わり、二人は寝室に向かいました。
そして同衾中、新婦の悲鳴が響きました。

ベッドの中で突然死を迎えるアッティラ/wikipediaより引用

なんとアッティラは、夫婦の営みの最中に鼻血を噴いて、突然死してしまったのです。

一体どういうことなのでしょうか。

ヨーロッパを荒らし回った恐るべき男が、鼻血で死ぬってそれでよいのでしょうか。
これがドラマの最終回ならブーイング間違いなしです。

アッティラには多数の子がいましたし、フン族にはもっと多くの戦士がいました。
しかし、誰もアッティラの代わりにはなれません。
偉大な指導者を失った一族は、歴史の彼方に消えてしまうのです。

恐怖の伝説の中、アッティラはたくましいコーカソイド系の巨漢として描かれて来ました。

しかし実際には、アジア系モンゴロイドではないかとされています。

アジア系として描かれるアッティラ/wikipediaより引用

長い歳月は、その実像すら不明にしておりましたが、その名は現在でも恐怖と嫌悪感を呼び起こすものとして、口にされるのです。




スポンサーリンク


文:小檜山青

【参考文献】
図説 蛮族の歴史 ~世界史を変えた侵略者たち』トマス・クローウェル

 




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-FGO, ローマ, 欧州

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.