日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まんが戦国ブギウギ

秀吉の実弟にして最強のサポーター!羽柴秀長の人心掌握術と築城の名手藤堂高虎コンビがいい味 【戦国boogie-woogie vol.42】

更新日:

 

豊臣秀吉の政権を縁の下で支えたのは誰だろうか。
石田三成や加藤清正、小西行長などの子飼いたち? あるいは前田利家に丹羽長秀、池田恒興、黒田官兵衛などなど。名だたる武将たちが頭に浮かんでくると思うが、やはり一番の屋台骨になったのは実の弟・豊臣秀長であろう。
最終的には110万石の大納言にまで出世して「大和大納言」と称された秀長。
豊臣政権下においては、秀吉に唯一意見のできる武将として重宝され、実際、彼が亡くなった後、秀吉は利休に切腹を命じ、朝鮮への無理な出兵など、数多の失政を繰り返していくのである。
もしも長生きしていれば、徳川政権の誕生もなかったとまで讃えられる秀長が今回、戦国boogie-woogieに登場!

 

秀とか長とか信とか吉とか 名前ってややっこしいよねぇ♪

20141213アニィたかはしさん4コマ漫画1
◆このへりくだった気遣い! 切れ者なれど嫌われ者と言われている石田三成に、秀長さんの1/10の気遣いでもあれば、また政権の運命も変わっていたかもしれませんねぇ。
なお、三成さん登場の詳細は、前回のコチラへ
20141206アニィたかはしさん4コマ漫画1

 

スポンサーリンク

主君を取っ替え引っ替えの高虎も秀長には心酔?

20141213アニィたかはしさん4コマ漫画2
◆浅井長政から秀吉、秀頼、徳川家康、家光まで・・・。都合10人以上の大名に仕えたとして有名な藤堂高虎さんは、一時、この秀長さんの配下となっておりました。秀長さんの前に仕えていたのは、信長に殺された織田信行の嫡男・織田信澄。信澄は器量の小さい大名で、理不尽な扱いをされた高虎が飛び出し、それも一因となって高虎は悪く言われたりしておりますが(すぐに主君を変えるとして)、この後、秀長のもとでは彼の最期まで忠実に仕えております。秀長の器量を表すエピソードかもしれません。

 

スポンサーリンク

日本のマチュピチュも攻略していた

20141213アニィたかはしさん4コマ漫画3
◆日本のマチュピチュ、竹田城――。GoogleのテレビCMで一躍全国区となったこの城は、雲海などで知られておりますが、やはり城跡に残された立派な石垣にこそ、その美しさはあるでしょう。当然、城ですから単に見せるためだけでなく、戦国時代には幾度も合戦の舞台に。特に、秀吉の毛利攻略の際には、秀長が攻め落としたとして知られております。ちなみにこの後は、赤松家が竹田城城主となりますが、関ヶ原の戦いで西軍につき、その後、廃城とされました。

伊賀市のシンボル伊賀上野城/たびねすHPより引用

伊賀市のシンボル伊賀上野城/たびねすHPより引用

 

変わり兜の代表格 名づけて唐人トンボ翅!?

20141213アニィたかはしさん4コマ漫画4
◆武将スペックも高い上に、この変わり兜が素敵ですよねー。まるでトンボやカゲロウのはね(翅)のような姿で、もとは唐の官人から由来したというエピソードを合わせて、勝手に【唐人トンボ翅】と名付けさせていただきました。
ちなみに変わり兜の面白さ知るには、歴史雑談録さんがまとめたNAVERが最高です。よろしければご一読どうぞー^^
◆戦国武将のオモロ系な兜・甲冑 まとめ
歴史雑談録さん戦国武将のオモロ系な兜・甲冑NAVERまとめ

 

漫画・アニィたかはし
連載全話を最初から読む

スポンサーリンク

戦国ブギウギの新刊です!




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-まんが戦国ブギウギ
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.