歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

動物

日本犬の歴史~純粋な和犬は6種のみ 全国の地犬が絶滅寸前の理由とは

投稿日:

日本原産の犬って何種類いるか、ご存知でしょうか?

数え方が少しややこしいのですが
・和犬6種類
・かけ合わせの日本犬5種類
の合計11種類でして。
次のように分類されます。

【古来の和犬】
秋田犬
甲斐犬
紀州犬
柴犬
四国犬
北海道犬

【それ以外の日本犬】
(ちん)
土佐闘犬
日本テリア
日本スピッツ
アメリカンアキタ
(参考:わんちゃんホンポ

いかがでしょう?
想像すると、思わず目を細めてしまう、可愛く凛々しい和犬の姿がアタマに浮かんできませんか?

しかし、現実問題として見ますと、和犬はあまり人気がありません。

ジャパンケネルクラブ発表の【2016年・登録数ランキング】から抽出させていただきますと……(参考)。

5位 柴犬
29位 日本スピッツ
32位 狆
36位 秋田犬
49位 甲斐犬
63位 日本テリア
98位 北海道犬
102位 土佐犬
105位 四国犬
124位 紀州犬

全133種のうち、最高が柴犬の5位。
それもかなり健闘しているほうで、他は、著名な秋田犬ですら36位、半数近くが下位グループに属している印象です(アメリカンアキタは登録ナシ)。

これは一体ナゼなのか?

単純にビジュアル面や懐きやすさから不人気というのもあるかもしれませんが、そもそも
【数が少ない】
ことも影響していると思われます。

実は和犬には、数が急激してしまった受難の時代があったのです。

それは先の大戦でした。

 

犬と日本人の関係は?

日本人は、縄文時代から多くの和犬と共に暮らしてきました。

縄文人と縄文犬の復元模型(国立科学博物館)/photo by Momotarou2012 wikipediaより引用

が、長い歴史の中では、必ずしも幸せに共存していたとは言い切れません。

弥生時代の遺跡からは、食用にされた犬の骨が見つかっています。
そして、太平洋戦争後の食料難の頃まで、犬を食することがありました。

もともと日本では【肉食がタブー】であり、表だって食べる機会は少なかったものの、禁を破ることはしばしばあったようで。
伝統的に犬食が存在しなかったというのは誤りだったのですね。

映画『仁義なき戦い 広島死闘編』でも、親分・広能昌三に精をつけさせるため、子分たちがコッソリと犬を捕獲、焼き肉として出した場面がありました。
犬肉は、タンパク源として貴重な存在でもあったのです。

武家の時代には、犬を的にして弓術の訓練に励む「犬追物」という武芸も登場しました。

犬追物の様子/wikipediaより引用

矢には、殺傷力の低い特殊な鏑矢を使用したそうですが……それでも犬のストレス、恐怖、痛みは相当なものだったでしょう。

犬と日本人の不幸な関係といえば、豊臣秀吉を挙げないワケにはいきません。
秀吉は【ペットの虎】のため、生きたままの犬をエサに与え、人々に献上を命じていたというのです。

一時期話題になった中国の動物園みたいですね。

 

スポンサーリンク

生類憐れみの令」で犬の待遇が改善

人と犬の関係がガラリと変わるのは、徳川綱吉の時代からです。

皆さんもご存知であろう犬公方様。
生類憐れみの令は、何かと評判よろしくないですが、簡単にまとめると「いのちをだいじに」ということです。

法令自体は複数に渡って何度も出されたもので、
『生類憐れみの令』
という名前の法律が一つだけドーン!と制定されたわけじゃありません。

あくまで総称であり、施行は1685~1709年の間でした。

徳川綱吉/Wikipediaより引用

その中身を見てみますと、
・子供を捨てない
とか
・家の中で死なれると嫌だからと言って重病人を追い出すない
など、現代人からすれば、ごく普通なことも含まれていたりします

というか、そんな指摘が多く、決して悪法とも言い切れないのです。

戦国時代にあった「命を軽んじる傾向」や、平安時代からあった「死の穢れを嫌うあまり人道性を拒否する傾向」など、倫理的にあまり好ましくない部分が改善されたのは、この令のおかげという面もあります。
そして、その倫理面を大切にしよう――という趣旨の中に、犬の命も含まれていました。

以来、人と犬の関係性は劇的に変化していきます。

古くは、人にとって、おぞましく、おそろしい生き物だった犬。
死体をあさったり、野犬が子供を噛み殺したり、悪いイメージが先行しておりましたが、「生類憐れみの令」を機にいざ飼育してみると、これが可愛らしいじゃないですか。

飼い主の代わりに犬が伊勢詣をしてくれる――。
後にそんな風習が生まれたのも、徳川綱吉のお陰だったんですね。

飼い主の代わりに犬がお伊勢参り!? 江戸時代に意外と流行っていた……って、マジかよ!マジです

そうこうするうちに庶民だけでなく、大名や上流婦人の間でも、愛玩犬を飼育する人が増えました。

中でも人気だったのは小型犬の狆。
中国原産の犬で、最も古い記録が奈良時代――という日本原産犬の一種になります。

狆は、女性の間で大人気でした。

 

幕末の動乱と犬たちの運命

時は幕末。
来日外国人たちの犬を見て、日本人はショックを受けました。

まず体格が立派で、見た目が美しいのです。

しかも賢い。
呼べば走って来て、飼い主と交流する――その姿は衝撃でした。
犬の知能の差というよりも、しつけの問題が大きいでしょう。

しかし、当時の人はそう思いませんでした。

江戸時代、犬は「里犬」と呼ばれ、個人ではなく村落や集落単位で飼育されていました。
現在の「地域猫」のような飼育方法ですね。
もちろん個人で飼う場合もありましたが、こうした共同体の「里犬」が多数派だったのです。

ところが西洋人は、個人単位で首輪をつけて、綺麗に手入れしたりするではあーりませんか。

『日本の犬はみすぼらしいが、洋犬は立派で賢いなぁ』
そんな偏見が醸成されたのも、犬の飼い方が影響しているのでしょう。

そもそもが、生まれからして全然違います。
日本では、周囲で里犬が産んだものをもらってくることが大半でした。

狆のように血統があり、姿形にこだわって繁殖させる場合もありますが、大半の人にとって犬は
【タダで貰える価値のないもの】
なのです。

その一方で、西洋犬は見た目からしてステータスシンボルのカッコ良さ。
人々はこぞって買い求めるようになります。

 

スポンサーリンク

おつむは束髪「カメ」抱いて

明治時代、西洋風の格好をして気取っている男女を皮肉った「オッペケペー節」が流行しました。

 

その中に、こんな歌詞があります。

亭主の職業は知らないが。
おつむは当世のそくはつで。
ことばは開化のかんごで。
みそかのことわりカメだいて。

当時の西洋流婦人を皮肉った歌詞なのですが……。
西洋流の束髪にして「カメ」を抱いて――というスタイルを批判されてます。

「亀」ならえーやん……って、それ、どんな状況?と思いますよね。

違うのです。「カメ」は西洋犬のことなのです。
英語圏の人々が「カムヒア!」と愛犬に呼びかける言葉を聞いて、「カメ」というのは犬を指すのだと誤解していたのです。

狆を抱くエドワード7世妃アレクサンドラ/Wikipediaより引用

こうして西洋犬に高い値段がつき、西洋風の名前で可愛がられる一方、日本犬はみすぼらしいとして【駆除の対象】となってしまうのでした。

 

畜犬規則……飼い主のいない犬は撲殺すべし

ミーハーな人たちだけが、こうした風潮を後押ししたわけではありません。
右にならえで西洋流を取り入れたい政府も、犬の飼育法を変えたいと考えました。

「里犬」という飼育法は、いかにも後進的デアル。
哀れな里犬を駆除して、西洋のように一対一で飼育することこそ、文明開化デアル。

とばかりに「里犬」は、危険で不潔なものとして次第に駆除対象とされていくのです。

明治6年(1873年)、飼い主のいない犬は撲殺すべしという「畜犬規則」が始まりました。

実際、里犬たちは殴り殺され姿を減らしてゆきます。
まさしく日本犬受難の時代。
幕末から維新への動乱において、血を流したのは人だけではありませんでした。

まぁ、駆除にはやむをえない一面もあります。
野犬が人に噛みつく危険性がありましたし、狂犬病の怖さもありました。
現代のように去勢や避妊が広まっていなかったわけですから、繁殖も野放図であったことでしょう。

ガス灯がともり、煉瓦の建物が建ち、人々がスーツやドレスに身を包む。
文明開化の中には、犬が絶命する鳴き声も含まれていたのです。

 

スポンサーリンク

戦時供出という大打撃

西洋犬に押され、細々と生きてきた日本犬にとって決定的な大打撃となったのが【太平洋戦争時の犬の供出】でした。

2014年の朝の連続テレビ小説『花子とアン』でも描かれましたが、太平洋戦争時の日本では、兵士の防寒具に毛皮を用いるため、多くの犬猫の供出が行われたのです。
空襲が始まると、非常時にパニックになった犬が危険であるという理由も加わりました。

供出された犬は撲殺され、皮を剥がれました。
こんなことしていれば、当然ながら数はドンドン減るばかり。でしょう。

それでも、です。
西洋犬であれば、戦争が終われば原産国から輸入することができます。

しかし、日本の各地で飼育されてきた地犬(じいぬ)の場合は、そんなことできません。
もともと、そこにしかいないのですから、途絶えたらおしまい。

青森犬
越後犬
秩父犬
赤城犬
加州犬
熊野犬
日高犬
高野犬
阿波犬
壱岐犬

ということで、上記の犬種はすべて絶滅してしまった地犬で、しかも絶滅犬の一部に過ぎません。

明治維新以降の日本では、西洋犬の増加に重きが置かれすぎて、日本の地犬が決定的な打撃を受けてしまったようです。

地犬の姿であるとされる犬張子

こうして歴史をたどると、日本人と犬の関係は、必ずしも良好なものだけではなかったと思えてきます。
しかし過去は過去、現在は現在です。

私たちは犬に対して、もっと優しくなれるはず。
健気な犬とこれからこそ、よい関係を築いていきたいものですね。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
犬たちの明治維新 ポチの誕生』仁科邦夫

 




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!

2位 意外と優しい!? 織田信長さん

3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯

戦国最強・立花宗茂
本物の義、武人とは

5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー

6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉

7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念

8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯

9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!

10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力

注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?

注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!

-動物

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.