前田家 まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ5話「笄斬り」で若き利家、織田家から追放!

織田信長豊臣秀吉を語る上で欠かせないのは徳川家康……ではなく前田利家ではないでしょうか?

尾張の統一以前から信長に付き従い、ときには夜も共にしたなんて。

秀吉が信長配下となってからも、三者は常に同じ道を歩み、本能寺の変で彼等の立場が一変すると、今度は秀吉と共に大名人生を歩んでいきました。

利家、もっと評価されていいよね!

てなわけで今回は、若かりし頃の利家が窮地に追い込まれた【笄斬り事件】にクローズアップ!

笄は「こうがい」と読みます。

 

お好きな項目に飛べる目次

丸根砦建設中

◆戦争でも先頭に立ってしまう信長さんですから、建築現場にも顔を出すのは当たり前。これが家臣を盛り上げるコツでもあったのでしょう。尾張は、いわゆる弱兵などと揶揄されることもありますが、リーダーひとつで集団は性格をガラリと変えます。ゆえに、信長さんは現代人にも人気があるのでしょう。

 

笄事件

◆いったんは信長の仲裁で済んだ話だったのです。しかし、それでも相手の茶坊主が利家を刺激し続けたようで。利家、我慢できずにぶった斬り! 戦国時代の武士をナメたら、マジ危険ですね。絶対にタイムスリップしたくない。

前田利家(織田家の重臣)血気盛んな槍の又左は加賀百万石をどう築いた?

続きを見る

 

マツ

◆このときの苦労がもとで、利家さんは「金がすべて」的な発言をするようになった――嫁のまつには「ケチ」だと諭された――なんて逸話もありますが、さすがにそれは言い過ぎでしょう。むしろ利家さんは、他の大名に貸した金も無理に取り立てるようなことはせず、遺言に「チャラにしてやれ」と言ったなんて話も。かっこいい!

 

寧々さん

◆利家さんが持っていたという長い槍。秀吉と酒を飲んでいたときも持ち歩いていたんすかねー。さすが槍の又左!

戦国ブギウギ 次の話は……。

まんが戦国ブギウギ6話 忠勝、成政、利家たちの桶狭間前哨戦

続きを見る

書籍版『戦国ブギウギ』です!

 



-前田家, まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.