浅井・朝倉家 まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ92話 秀吉を間に置き 浅井と京極 オンナたちの戦い

戦国一の女好きは誰か?

そう問われたら、戦国ファンの100人中98人ぐらいが「この人!」と答えるであろう、豊臣秀吉

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

身分高めの女性を片っ端から側室にして、揃いも揃えた美女軍団の中で、とりわけ有名なのが「茶々(淀殿)」である。

今回は、もう一人のお姫様にもご注目!

出自や血筋においては茶々と比べて遜色ない、側室としてのポジションを争った京極竜子(松の丸殿)だーーーーーー!

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

従姉妹同士

◆茶々と竜子は従姉妹です。

【二人の関係は?】

浅井長政の姉の娘・京極竜子

浅井長政の娘・茶々(初・江)

京極竜子さんは、もともと若狭の名門・武田元明に嫁いでおりました。

武田元明は『麒麟がくる』で重要ポジを担う? 戦国期に滅びたもう1つの武田氏

続きを見る

しかし元明は、本能寺の変後の戦乱で明智光秀についてしまい、間もなく死亡(自害説も)。

事実上、旦那を殺され、そしてその仇・秀吉の側室になるのですから、これはもう絶望的なシチュエーションというか何というか……。

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

明智光秀55年の生涯まとめ! なぜ織田家の出世頭は本能寺に襲いかかったか

続きを見る

 

運命の出逢い

◆茶々と竜子の関係をさらに複雑にさせてしまったのが、その妹・初と京極高次でしょう。

二人は夫婦になります。

そのせいか京極高次は秀吉の覚えよく、女のお陰(七光り)で出世した「蛍大名」などとも揶揄されてしまいました。

近江の戦国武将・京極高次が「蛍大名」と呼ばれた切ない理由とその生涯

続きを見る

まぁ周囲のやっかみというやつですね。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-浅井・朝倉家, まんが戦国ブギウギ

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)