剣豪・武術・忍者・武器

外国人が選んだ「忍者(NINJA)の伝説10選」がなかなかマニアック!

戦国時代が魅力的なのは、登場人物の戦う姿がカッコいいから。

それは日本も世界も同じで、以下に「外国人が選んだ武将ベスト10」という記事がございます。

【戦国ランキング】外国人が選んだ魅力的なサムライ(武将)TOP10は!

続きを見る

今回は「外国人が選んだ忍者の伝説10選」です!

 

忍者の多くは美化や理想化されている

海外の方は本当にニンジャが好きですよね。

なぜ、こうも世界に拡散したのか――というと1964年東京五輪がキッカケだったのでは?という考察記事も以下にございます。

Ninja(忍者)という単語が世界に普及したキッカケは1964年の東京五輪…?

続きを見る

同時に……外国人が好きなのは、あくまでNARUTO的な漫画的世界観で、「史実なんてまったく無視してるでしょ?」というツッコミもあるでしょう。

私も最初はそうかと思っていました。

しかし、参照記事を読むと少し事情が違うのです。

◆10 Amazing Legends Of Ninjas From History

同記事ではニンジャのことを「戦国時代の静かなる隠密スパイであり暗殺者」と説明しています。

そして、ニンジャは世界中で人々の心を掴んでいるけれど、

・その多くは美化や理想化されている

・数少ない公式記録にも神話や伝説が浸透している

と批判的見解で指摘することも忘れず、今回のベスト10選定にあたっても、

・本当にニンジャだったのか

・そもそも存在したのか

という点についても議論の余地があることを前提にしております。

そういったスタンスだからでしょうか。

10選の中には、一般の日本人ではまず知らないようなマニアックな方まで登場しているのです。

外国人は、どのようなニンジャの、どんなエピソードに関心を持ったのか?

見て参りましょう!

 

城戸弥左衛門(きど やざえもん)

伊賀出身で、火縄銃の扱いに長けた鉄砲術や爆発物のエキスパート。失敗はしたものの、織田信長の暗殺を2度も実行したということで知られています。

2度目について伊賀忍者の歴史資料である「伊乱記」によれば、弥左衛門の他2人の忍者が同時に信長を狙撃、従者7人を倒しながら信長は逃したと記されています。

失敗はしましたが、信長の暗殺を2度も企てることができた手腕が注目されているようですね。鉄砲術を“火遁の術のサブカテゴリ”としているところが面白いです。

※ちなみに『信長公記』にも信長を狙撃したスナイパー・杉谷善住坊が登場します

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

杉谷善住坊、火縄銃で信長を狙撃!超わかる信長公記69話

続きを見る

信長を襲った刺客を処刑!鋸挽きの恐怖とは~超わかる信長公記101話

続きを見る

 

霧隠才蔵(きりがくれ さいぞう)

架空のニンジャとして最も有名な人物。

真田十勇士の中で、ライバルであり友人でもある猿飛佐助に次ぐNo.2として描かれています。

ただし、歴史上に「霧隠」がいないワケではありません。

霧隠鹿右衛門(きりがくれ しかえもん)の別名だと信じられていた“霧隠才蔵”と呼ばれるニンジャが、かつて豊臣秀吉を床下から槍で突いて暗殺しようとしたという記録があります。

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

暗殺は失敗し才蔵は捕えられますが、この事が結果的に二重スパイからの暗殺未遂を防いだということで、豊臣家に一生忠誠を誓う事を条件に許されました。

元記事の“Sanada Ten Braves”という響きがかっこいいですね。

 

伴資定(とも すけさだ)

甲賀の上忍で、徳川家康に仕えた伴流の頭領。

桶狭間の戦い】で信長に大敗北した今川家が再起を図り、鵜殿長照を城主として守らせた堅城の上ノ郷城を資定(与七郎)が落としました。

桶狭間の戦いで信長が勝てたのは必然か『信長公記』にはどう書かれた?

続きを見る

城攻めの際に攻めあぐねていた家康が、資定をはじめとする甲賀ニンジャ80人を雇い、服部半蔵と協力して城への潜入に成功、陥落させたというのです。

文献としては『三河後風土記』にもそのことが紹介されています。

 

藤林長門(ふじばやし ながと)

服部半蔵、百地三太夫とならんで伊賀の三大上忍の一人。

伊賀ニンジャの頭領だったにも関わらず、その事実以外あまり知られていない謎の人物です。

信長による【天正伊賀の乱】により、伊賀及び甲賀のニンジャたちは衰退しており、そのとき生き残った長門も後に殺害されたとされています。

ただ、長門はとても重要な財産を残しました。

彼の子孫がニンジャの技術や知識を記した資料『万川集海(ばんせんしゅうかい)』を編集して後世に伝えたのです。

実は百地三太夫と同一人物ではないか?といった多くの憶測もされております。とにかくナゾだらけ。

 

望月千代女(もちづき ちよめ)

おそらく全ての「くノ一(女忍者)」で最も有名なのが彼女でしょう。

戦国武将・望月信頼の妻であり、貴婦人。

夫が戦争で亡くなったあと、夫の叔父である武田信玄に預けられ、女性工作員の地下ネットワークを組織するための人材募集と訓練を担当します。

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

千代女は、信州の祢津村に組織本部を設置し、孤児や戦争被害者、元売春婦など300人の女性を集めました。

この組織では様々な工作員としてのトレーニングと共に、変装のために巫女としての訓練も積ませています。

千代女が養成した女性工作員たちは信玄が死ぬまで重宝されたそうです。彼女たちは「情報収集」のためのスパイとしての役割が大きかったようですね。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-剣豪・武術・忍者・武器

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.