諸家

【戦国ランキング】外国人が選んだ魅力的なサムライ(武将)TOP10は!

更新日:

もくじ

    日本文化を好きな外国人って、ニンジャやサムライに憧れていますよね。
    というのは完全な決め付けですが、そう大きくは間違っていない気もします。

    では、実際にどんな戦国武将が人気なのか?

    気になっていたところ、様々なテーマのトップ10を紹介するListvarseという海外のサイトで、

    【魅力的なサムライTOP10】

    が取り上げられていたのを発見しました。

    今回はそのTOP10をざっくりとご紹介したいと思います!

     

    10位 巴御前

    巴御前/wikipediaより引用

    木曽義仲を支えた女性武者としてお馴染みですね。

    討死を覚悟した義仲との別れ際、最後の奉公として戦った敵将・恩田八郎師重との一騎打ちで、怪力で評判だった八郎師重の首をねじり切って倒したという逸話が有名ではないでしょうか。

    海外サイトでは、平家物語での描写を引用し、肌の整った長い黒髪の美女で“悪魔や神とも対峙する心構え”がある弓と剣の達人と紹介しています。

    以下は巴御前の記事ですのでよろしければ併せてご覧ください。

    木曽義仲と巴御前 「滅びの美学」~最期は顔面に矢を受け非業の死

    人 ...

    続きを見る

     

    9位 源為朝

    源為朝/wikipediaより引用

    9位とはいえ、やけに通なチョイスが入ってきました。
    源頼朝源義経兄弟の父である源義朝の弟、つまり兄弟の叔父にあたる人物です。

    海外の方は“サムライ”といえば剣豪という印象をお持ちのようですが、為朝は類まれなる弓術の達人。
    右腕より6インチも長い左腕を持ち、一発の矢で平家の船を沈めたとされる逸話などが紹介されています。

    また記録の上で、切腹をした最初のサムライの一人であると言われていることも述べられていました。

    源平時代の最強武士は源為朝でOK?身躯2m超・暴れん坊の豪快伝説とは

    嘉 ...

    続きを見る

     

    8位 楠木正成

    楠木正成/Wikipediaより引用

    後醍醐天皇が成立した「建武の新政」の立役者である楠木正成。
    鎌倉幕府を相手にした戦いでは、天才とも言うべき数々の戦術を編み出し、当時の戦を変えたほどでした。

    天皇に対する絶対の忠誠心がとても印象に強いようです。
    忠実に仕えてきた天皇との関係が絶たれ、絶望的だと知りながらも足利尊氏との戦いに挑んで敗れ、切腹して果てた正成の清廉さに人気が集まったようです。

     

    7位 宮本武蔵

    サムライの中でも最も面白いエピソードを持つ浪人、それが宮本武蔵だと述べています。

    浪人の事を英語で「men of the waves(波の人)」と訳すこと。
    浪人について何らかの理由で主人を持たず、傭兵として自分で仕事を探していたサムライだと定義しているところが面白いです。

    六十余戦無敗ってマジか!? 剣豪・宮本武蔵62年の生涯「水墨画家」もやっていた

    正 ...

    続きを見る

     

    6位 本多忠勝

    並びなきその武勇から織田信長に「花実兼備の勇士」と讃えられた本多忠勝
    海外サイトでは"The Warrior who surpassed Death"(死をも超越した勇士?)と呼ばれたと紹介されています。

    徳川四天王の一人として活躍した大変な猛者であり、生涯無敗というだけでなく傷すら負わなかったというところに、インパクトがあったのかもしれません。

    本多忠勝の生涯と5つの最強エピソード・年表付!兜や城下町の秘話も熱い

    ─ ...

    続きを見る

     

    5位 伊達政宗

    「うまれるのがあと10年早ければ1位だった?」(絵・富永商太)

    絵・富永商太

    まず、戦国時代の多くのサムライを指す言葉として“Ruthless”(無慈悲な、冷酷な、無情な)が用いられており、それは天下統一の為に必要な資質だったからと紹介されていることに驚きました。

    その上で、戦の際にその暴力的な性質と無謀な姿勢により、目の当たりにした者全てに恐怖を与えた政宗ほど、その資質を持ったサムライはいないと評しています。

    個人的に、政宗に対する印象が最も意外に感じました。

    伊達政宗は逸話も史実も全部オモロイ!70年の生涯まとめ【逸話の正誤表付】

    戦 ...

    続きを見る

    ※続きは次ページへ

    次のページへ >



    -諸家

    Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.