島津忠恒/wikipediaより引用

島津家

島津忠恒(四兄弟の跡継ぎ)は鬼島津の息子なれど謀殺や嫁いびりが酷い?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
島津忠恒
をクリックお願いします。

 

嫁いびりは天下一品

むろん戦国時代のことですから、暗殺や謀殺に走った武将や大名なら他にもたくさんおります。

宇喜多直家斎藤道三あたりが、よく取り沙汰されますよね。

宇喜多直家(戦国の謀殺王)は本当に謀将か?没落の身から息子は五大老へ

続きを見る

斎藤道三
斎藤道三 史実の人物像に迫る!マムシと呼ばれた戦国大名63年の生涯

続きを見る

それでも忠恒の悪さが際立つのは、自分の正妻『亀寿』に対する意地悪エピソードが残されているからでしょう。

忠恒の妻・亀寿は、先代の当主・島津義久の娘で、元々は朝鮮出兵で亡くなった兄・久保の奥さんでした。要はイトコですね。

分家の男児と本家の娘を結婚させて、御家の跡継ぎとするのは、大河ドラマでの井伊直虎井伊直親の関係に似ております(直虎と直親は婚約だけに終わりましたが)。

井伊直虎が強国に翻弄され“おんな城主”として生きた道【46年の生涯】

続きを見る

井伊直親(徳川四天王・直政の父)が今川家に狙われ 歩んだ流浪の道

続きを見る

忠恒と亀寿は、兄が亡くなった後に再婚したのですが、もともと彼女は「人柄は良いが見た目はチョット……」とされる姫でございました。

しかも忠恒から見て5歳も年上。

2人はイトコの関係ながら、こんだけ仲が悪けりゃ、そりゃあ実子には恵まれません。

そこで忠恒はあてつけのように

・将軍家から養子を貰おうとした

のです。

家老の平田増宗を暗殺したのはこれに反対したからのようです。

さすがに義父の目の黒いうちは遠慮もあったようですが、

・義久が死ぬとソッコーで亀寿と別居

・そして側室を8人囲って子作りしまくり33人

とまぁ、あてつけどころか、まるで狂ったかのように子作りに励んでしまっているのです。

 

「真田日本一の兵」の主

更には亀寿が死んだ後もひどいものでして。

・「奥さん死んじゃったけどそこまで悲しくないなぁ」という意味の歌をわざわざ亀寿の女中に送り付ける

・墓を建てなかった

さすがに奥さんの墓が無いというのは人格を疑われても仕方ないですよね。

まぁ、これは後で忠恒の息子がちゃんと建てたようですが、それでも

・島津の歴代藩主で唯一、正室の墓が隣でない

と最後まで不仲でありました。

なお、大坂の陣における真田幸村

「真田日本一の兵(つわもの)」

と評したのはこの忠恒です。

大坂夏の陣(大阪夏の陣)
大坂夏の陣の全貌がわかる各武将の戦闘まとめ! 幸村や又兵衛の散り際

続きを見る

しかし本人は冬の陣に不参加で、夏の陣では現場に間に合っておりません。

あまりこのことが語られないのは、ヘタすりゃ真田の名前を傷つけてしまうからでしょうか。なんだかなぁ。

「島津に暗君なし(島津家にバカな当主はいない」とは言われます。

島津に暗君なし
島津に暗君なし(バカ殿はいない)ってマジ?薩摩藩主全12代まとめ

続きを見る

確かに能力は低くないようですが、それでも、ウーンと唸ってしまうのが忠恒さん。

ワル査定としてこんな感じでしょうか。

悪人度  ★★★★☆
影響力(権力)★★★☆☆
嫁いびり度 ★★★★★

あわせて読みたい関連記事

島津貴久
戦国最強四兄弟の父・島津貴久はどんな人?大隅を支配した島津中興の祖

続きを見る

島津義久
島津義久(四兄弟の長男)が九州統一に迫る! 戦い続けた79年の生涯

続きを見る

島津義弘
島津義弘(四兄弟の次男)が鬼島津と呼ばれる功績が凄い 85年の生涯まとめ

続きを見る

島津家久
島津家久は四兄弟最強! 次々に大軍を撃ち破った軍神41年の戦歴凄まじ

続きを見る

島津に暗君なし
島津に暗君なし(バカ殿はいない)ってマジ?薩摩藩主全12代まとめ

続きを見る

庄内の乱
戦国島津家ドロドロの内紛「庄内の乱」関ヶ原直前に起きた薩摩の大乱!

続きを見る

宇喜多直家(戦国の謀殺王)は本当に謀将か?没落の身から息子は五大老へ

続きを見る

斎藤道三
斎藤道三 史実の人物像に迫る!マムシと呼ばれた戦国大名63年の生涯

続きを見る

井伊直虎が強国に翻弄され“おんな城主”として生きた道【46年の生涯】

続きを見る

井伊直親(徳川四天王・直政の父)が今川家に狙われ 歩んだ流浪の道

続きを見る

大坂夏の陣(大阪夏の陣)
大坂夏の陣の全貌がわかる各武将の戦闘まとめ! 幸村や又兵衛の散り際

続きを見る

文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

戦国診察室表紙

【参考】
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon
『戦国時代人物事典(学習研究社)』(→amazon
島津忠恒/wikipedia
武功雑記

TOPページへ

 



-島津家
-