三成の逃亡生活

石田三成(左)と三成を捕らえた旧知の武将・田中吉政/wikipediaより引用

豊臣家

関ヶ原で敗戦した三成その後~最後は旧知の武将・田中吉政に捕縛され

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
三成の逃亡生活六日間
をクリックお願いします。

 

助命嘆願する武将は誰もいなかったんすね……

どちらが真実か。

詳細は不明ですが、この報告を受けたのは旧知の仲で元・豊臣秀吉の側近だった田中吉政という武将です。

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

佐和山城の戦い】にも参加して落城させたばかりで、後ろめたく思っていたのかもしれません。

三成が会ったことのある人間を捕縛に向かわせたり、「腹の調子が悪い」と聞いては腹痛に効くといわれていたニラ粥を用意してやったり、細かく世話を焼いています。

これは吉政の策略という説もありますが、三成は「お前に捕まるならまだマシだ」と言って、形見と称して刀をあげていた。

そんな話も伝わっていますので、少なくとも三成から見た吉政は信頼の置ける人物だったのでしょう。

結局、捕縛されたのは伊吹山中でした。

 

六条河原で処刑

三成はこの後、同年10月1日に京都の六条河原で処刑されてしまいます。

敗軍の将には避けられないこととはいえ、誰か助命嘆願くらいはしてあげてもいいんじゃないかという気がするのですが、残念ながらそうした人物の記録は見つかっていません。

立花宗茂毛利秀元のように「まだオレたちは戦えます!」と言ってくれた人はいましたが、(本来の)西軍総大将・毛利輝元がさっさと大阪城から出てしまったので、再戦は叶いませんでした。

立花宗茂
西の戦国最強と称された立花宗茂~浪人から大名へ復活した76年の生涯

続きを見る

毛利秀元
元就の孫・毛利秀元が「文禄の役」で鮮烈デビュー 毛利軍3万の総大将に

続きを見る

もし三成が最初から佐和山城ではなく、大坂城を目指していて、無事入城できていたらまた歴史が変わっていたのかもしれませんね。

島津のように敵中突破するなどの豪胆さを見せていたら……。そんなに豪胆だったら、そもそも最初から勝っているか。

なお、三成が必死の思いで目指していた本拠地・佐和山城は、9月18日に陥落しておりました。

もちろん徳川家康に攻められたからですが、実際に戦闘に参加したメンツがかなりキツい。

徳川家康
三度の絶体絶命を乗り越えた徳川家康~天下人となる生涯75年とは?

続きを見る

小早川秀秋をはじめとした関ヶ原の裏切り者達だったのです。

以下詳細がございますので、よろしければ併せてご覧ください。

佐和山城の戦い
関ヶ原直後に起きた佐和山城の戦い(三成の居城)女郎墜の悲劇が酷い

続きを見る

また、石田三成の生涯については以下の記事をご参照ください。

石田三成
日本一の嫌われ者・石田三成を史実から再評価!豊臣支えた41年の生涯

続きを見る

本文中に出てくる関連記事

三沢秀次(溝尾茂朝)
光秀の首を介錯した三沢秀次(溝尾茂朝)はナゾだらけの腹心 何者だ

続きを見る

三成腹
三成が関ヶ原で負けたのは三成腹(重圧で腹痛や下痢)が影響していた?

続きを見る

立花宗茂
西の戦国最強と称された立花宗茂~浪人から大名へ復活した76年の生涯

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

毛利秀元
元就の孫・毛利秀元が「文禄の役」で鮮烈デビュー 毛利軍3万の総大将に

続きを見る

徳川家康
三度の絶体絶命を乗り越えた徳川家康~天下人となる生涯75年とは?

続きを見る

佐和山城の戦い
関ヶ原直後に起きた佐和山城の戦い(三成の居城)女郎墜の悲劇が酷い

続きを見る

石田三成
日本一の嫌われ者・石田三成を史実から再評価!豊臣支えた41年の生涯

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
澤宮優『戦国廃城紀行 敗者の城を探る』(→amazon
三池純正『義に生きたもう一人の武将 石田三成』(→amazon

TOPページへ

 



-豊臣家
-