お城野郎! 武田・上杉家

「城は城、石垣は石垣」信玄の城マネジメント能力を見誤るなかれ

投稿日:

武田信玄と城――。

戦国ファンの中でも、よほどの武田氏LOVEな方でない限り、信玄と城の関係について深く考えることはあまりないと思います。

なんせ「人は城、人は石垣、人は……」なんて言葉が拡散しておりますように、人材を活かしてこその信玄!というイメージも強いでしょう。

ましてや本拠地を漢字で書ける方はかなり少ないはず。まぁ、私も手書きなら厳しいですけどね。
「躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)」です。

ええ、大丈夫です。
最初は読めなくても仕方ありません。

『信長の野望』で「よし! 信玄で暴れまくるぞ!」と威勢よく選んでも、いきなり本拠地が読めない上に「てか、館て、お城じゃないんかーい(´・ω・`)」となるぐらいですもんね。

しかし。
信玄にとって城が重要じゃない――だなんて考えは、大いに間違っております。

むしろ信濃への侵攻は、きちんと城攻略をベースとして進めており、重要視していたことが史実からも読み取れます。

つーことで今回は【信玄と城】をテーマに進めて参りたいと思います。

なお、躑躅ヶ崎館は、現在、武田神社になっています。

写真2

武田神社

 

躑躅ヶ崎館の北に「要害山城」を備えておりました

甲斐国の武田居城――躑躅ヶ崎館。

鎌倉から室町時代にかけて建てられた武士の住まいの延長線上にあるような「館」であるため、信玄の城イメージが薄れてしまいがちです。

が、その館の少し北に「要害山城」という防御力ハンパない山城を備えています。ついでに温泉も備えています。

写真3

要害山城の麓

要害山城登城後の積翠寺温泉は最高ですよ。日帰り入浴可能です。

温泉はさておいて、この城は、敵に攻められた時に立てこもるための詰めの城と言われています。
いざ戦闘になれば「躑躅ヶ崎館」を捨て、戦闘用の山城(=要害山城)に移ればいいじゃん!という考えですね。

実際、武田信虎(信玄のオヤジ)の時代に、駿河、今川家の武将・福島正成くしままさなりに侵攻されたとき、信虎は家族を要害山城に避難させています。

その時に生まれたのが武田晴信。
そうです、後の武田信玄です。

永正18年(1521年)11月3日のこと。
実は信玄、山城生まれだったんですねえ。

「躑躅ヶ崎館」と「要害山城」を2つも築いているなんて、まるでiPhoneとAndroidスマホの2台持ちですが、武田家に関わらず、戦国時代初期ではこれが一般的でした。

写真4

要害山城絵図。まさに要害です。

では信玄は、甲斐領国において躑躅ヶ崎館と要害山城しか持っていなかったのか。

これも少し誤解があります。

甲斐の国東部である武蔵国との国境付近には【岩殿山城】があり、甲斐南部の駿河との国境付近には【勝山城】など、国境にはしっかりと山城を築いています。
信玄のオヤジ・武田信虎の代には、勝山城を今川勢に奪われ、拠点にされたりしてもいますね。

こうした情勢に変化が訪れたのは【甲相駿三国同盟】が結ばれてから。

信玄の代になって南の今川義元、東の北条氏康と外交関係が結ばれ、甲斐国南部と東部に割いていた兵力を甲斐国北西部、つまり信濃地方への戦力に集中させられるようになりました。

さすが信玄。
戦力が充実している駿河(今川)と武蔵(北条)に比べ、信濃は小さな国人衆が群雄割拠としていました。
ゆえに付け入る隙は信濃にあり――そう考えるのもよく分かります。

※赤の拠点……高遠城(下)と砥石城(上)
※黄の拠点……(左から)躑躅ヶ崎館、要害山城、勝山城、岩殿山城

ということで、岩殿山城や勝山城の重要性は知名度と共に薄れていきます。

戦いは北西部の信濃地方へと移り、それと共に「武田信玄の城」も信濃地方へと移っていくのでした。

 

本拠地を次々に移した信長さんがおかしい

築城の基本は「要害を築いて侵されない」ことです。

戦国後期から江戸時代にかけ、城は権威の象徴としての「見栄え」が重要になっていきますが、信玄の時代は「要害」であることが最も重要。
軍事進攻の基本は「影響力を及ぼしたい地域に橋頭堡を築くこと」であり、これは古今東西を問わぬ軍事の根本です。

また、戦をするなら自分の領国内ではなく、領国外でするのも軍事の基本です。

織田信長は、若い頃からこれを徹底しています。

それだけではありません。
信長は、領国の拡大とともに本拠地を

清須城

小牧山城

岐阜城

安土城

と移していきました。

今となっては当たり前のように語られたりしますが、実は例外中の例外。
ほとんど織田信長だけが実行しており、9割9分の戦国武将たちは自分の本拠地を移転することはありません。

戦いの場が、信濃地方の奥深くに移ろうとも、躑躅ヶ崎館が古くさい館だろうとも、諏訪の姫がいくら美人だろうとも、上杉謙信がどんなに憎らしくても。
武田信玄の本城は躑躅ヶ崎館であり、居城を動かすこと自体「は?ありえないんですけど」が常識でした。

 

城は多すぎても維持できない そこで開発されたのが…

さて話は戻りまして。
信濃地方に影響力を及ぼしたい武田家(信玄のオヤジの代から狙っています)は、信濃地方に橋頭堡、すなわち城の獲得を目指します。

狙いは甲斐と南信濃の国境付近にある高遠城。
ここを奪えば信濃への最初の足がかり、るまり橋頭堡を築けます。

写真5

高遠城。草木に埋もれています

城を奪うために画策した諏訪氏や高遠氏とのめくるめく戦いについては割愛。
重要なことは、橋頭堡を築きつつ、さらに信濃の奥へと侵攻していったことです。

橋頭堡として国境の、すなわち「境目の城」ではありますが、単なる防御線ではなく、次の攻撃目標への前線基地でもありました。

そして次の攻撃目標を奪い新たな橋頭堡を得られれば、その城は後方の基地、すなわち躑躅ヶ崎館と新しい前線基地を結ぶ「支城」となるのです。

こうして見て行くと、武田信玄が本拠地の甲斐に城が極端に少なくて、信濃に多くの城を持っていた理由が明らかになってきますね。

信濃のように縦深のある 国は、多くの支城が必要になってきますが、それも多過ぎても維持できません。
さらに信濃は山間部が多い国です。

そこで考えたのが烽火台でした。

 

武田流築城術として代表的な「丸馬出し」

「本拠地は動かせない」

そんな当時の常識(「信長は基本非常識」ぐらいに覚えてた方が分かりやすくなると思います)に当てはめると、烽火台は武田オリジナルというよりは、本拠地と前線を繋ぐ信濃で必須のネットワークでした。

では、武田家の前線基地はどのような城だったのか?

まず前提として意識しておきたいのが、
「信濃地方に前線を拡大する戦略」
を構想していたことです。

拠点の要害でありながら、次の攻撃基地でもあり、しかも他国への橋頭堡でなくてはならない。
つまり武田の城は専守防衛ではなく、攻撃もしなければなりません。

この戦略思想が形としてはっきり現われたのが武田流築城術として代表的な「丸馬出し」です。

写真6-(1)

こちらは掛川城の三日月堀になりますがご参考にどうぞ

 

大坂の陣の「真田丸」も丸馬出しの発展形だった

丸馬出しとは?

簡単に説明すると、城内を隠すようにして門の前面に張り出した半円状の防御施設で、半円状の脇から将兵たちが城の内外へと出入りできるようになっています。
半円状の堡塁の前面は堀にしておき「三日月堀」と呼ばれます。

「丸馬出し」は城の最大の弱点である門を防御すると同時に、城内の様子も半円状の堡塁で見えなくして、さらに出撃する兵士がどれだけの数で出てくるのかを分からなくする効果があるんですね。

城門の最終形態である「枡形虎口」も同様の機能を持ちます。

が、枡形虎口は誘い込んで殲滅させる威力を持っていて、より防御に徹しています。

ちなみに「丸馬出し」の最終形態は大坂城の真田丸です。

城郭研究第一人者の千田嘉博先生によって、【真田丸が独立した城砦】であると目される以前、真田丸は大坂城にくっついた巨大な丸馬出しだと考えられておりました。
防御によし、攻撃によし――ということで、武田の流れを汲む真田信繁真田幸村)が作り上げたと思われたんですね。

千田先生のご著書を拝読しますと、確かに独立した城砦のように思えてきますが、それまで丸馬出しだと思われていたのは、さほどに強固な防御施設だったからとも言えるでしょう。

このように、戦国武将の戦略を考えると、何がしたくて目の前の城を建てたのか、何が狙いだったのかを理解できて、よりお城を楽しめることができます。

お城の大原則はこうです。

「すべての城にはそこに建てられた意味がある!」

存在した意味を知ろうとすれば、どんなにちっぽけで現代では埋もれてしまった城跡でも、時空を超えて甦ります(脳内で)。

そしてそれはもうマニアの境地です。
こちらの世界へようこそ。

 

北信濃へ進出!ついに生涯の仇敵と

さて、信濃地方をどんどん北上して行った武田信玄は途中、村上義清の砥石城で惨敗を喫したりしながらも(惨敗しても帰るべき支城と本拠地があるので、立て直しが利く)、ついに北信濃に進出。
ところが、そこに越後から上杉謙信がやって来ます。

武田信玄は、そこでほぼ初めて、大国を相手にするわけです。

ここでどのような戦略を構想したのか。
前線基地を築城したのか。

後には、信濃の山を越えて上野(こうずけ・群馬県)や、はたまた南の駿河、西の美濃にも進出し、城の数もますます増えていきます。
時代と共に丸馬出しや他の城の機能も洗練されていきました。

「武田信玄の城」は一体どのような最終形態になっていったのでしょうか。

以降は【川中島の戦い】と密接に関わってくるため、別記事にてご報告させていただきます。

実は、これらの超有名な合戦も城と密接にリンクした詰将棋のような展開だったりして、二人の軍神の思慮深さに驚かされます。

武田信玄53年の生涯をスッキリ解説【家系図付】戦国最強甲斐の虎 そのリアル

戦 ...

続きを見る

筆者:R.Fujise(お城野郎)

武将ジャパンお城野郎FUJISEさんイラスト300-4

日本城郭保全協会 研究ユニットリーダー(メンバー1人)。
現存十二天守からフェイクな城までハイパーポジティブシンキングで日本各地のお城を紹介。
特技は妄想力を発動することにより現代に城郭を再現できること(ただし脳内に限る)。

※編集部より
R.Fujise(お城野郎)の日本城郭検定・二級合格証書を掲載させていただきます。

FUJISEさん城郭検定2級

 

 



-お城野郎!, 武田・上杉家
-, , , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.