まんが日本史ブギウギ

平和な江戸時代に「鬼」と恐れられた白石さんて?まんが日本史ブギウギ194話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
まんが日本史ブギウギ194話
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

政権交代

◆綱吉の後を付いだのが6代将軍・徳川家宣

徳川家宣
在位三年で死亡の六代将軍・徳川家宣は清廉クレバー!知られざる実績とは

続きを見る

そして綱吉の死と共に去っていったのが、側用人政治の代表的存在として知られる柳沢吉保さんです。

柳沢吉保
旧武田家臣の末裔・柳沢吉保はコミュ力で爆出世!57年の生涯まとめ

続きを見る

柳沢吉保が去り、その後、重用されたのが新井白石間部詮房でした。

間部詮房
大奥の夜遊びスキャンダルに巻き込まれた間部詮房~日本史屈指の出世人

続きを見る

 

勘定奉行

 

ハクセキ

◆天才的頭脳で当時の学問を独力で修めた白石。

アタマが良すぎて潔癖な一面があったのでしょう。

産出量が落ちてきた金の含有量を以前の高品質に戻す――ついに経済改革を強行します。

しかしこれは必ずしも正解だったとは言えず、現在では「綱吉時代のほうが実情に応じていて正解だったのでは?」と目されたりもしております……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ