歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

ゴールデンカムイ特集

『ゴールデンカムイ』尾形百之助のルーツと因縁を考察!薩摩と水戸の関係とは

投稿日:

2018年に実施されている『ゴールデンカムイ』初の人気投票で、主役の杉元と争うほど支持されているのが尾形百之助です。

皮肉みとユーモアのある性格。
スナイパーとしてのスキル。

それだけではなく、彼の抱える悲劇性も、その人気に大きな貢献をしていることでしょう。

尾形は「両親と異母弟を手に掛けた」という血塗られた過去を持っています。

実は彼のルーツが、幕末維新にかけての業がてんこもりなのです。
悲劇の存在となった背景には、そうした暗い歴史もあるのでしょう。

少し詳しく見て参りましょう。

尾形百之助「祝福された道が俺にもあったのか……」
コミックス10巻103話より

 

水戸と薩摩、因縁の子

父:薩摩藩出身のエリート陸軍人・花沢幸次郎
母:茨城県(旧水戸藩)出身、浅草芸者

尾形は、父が薩摩出身で母が水戸です。

もう、この段階で業が深すぎるのです。
なぜ?
って、幕末におけるこの二つの藩は、深い因縁がありました。

幕末序盤における水戸藩は、諸藩の中でも思想的にリードしておりました。
その原動力となった学者が藤田東湖です。

藤田東湖/wikipediaより引用

【関連記事】藤田東湖

薩摩藩の大久保利通有馬新七らが指導し、後に「精忠組」と呼ばれる藩士たちも、水戸藩発の国学には大いに賛同するものがありました。

この二藩は、徳川家定のあとの将軍を徳川家茂徳川慶喜、どちらにするかの問題である「将軍継嗣問題」で一致団結します。
当時の薩摩藩主・島津斉彬は、熱心に慶喜を支持していたのです。

彼らは、国難の中、水戸藩出身で意志強固な慶喜こそ、将軍にすべきだと主張しましたが、斉彬の死後、井伊直弼の「安政の大獄」によって解決的な打撃を受けます。

【関連記事】井伊直弼

井伊を暗殺した「桜田門外の変」においても、実行犯は水戸藩士と薩摩藩士でした。

【関連記事】桜田門外の変

徳川家茂が早死にすると、薩摩藩が推していた水戸藩出身の慶喜が、将軍になります。
しかしこの慶喜と、薩摩藩の国父と呼ばれた島津久光(斉彬の弟)が、激しく対立することになるのです。

【関連記事】島津久光 一橋慶喜(徳川慶喜)

薩摩藩は、慶喜を権力の座から追い払うため、秘密裏に「薩長同盟」を締結。
朝廷工作をして「倒幕の密勅」を出させました。

いわば、かつて親しくしていた相手にとどめを刺すべく、動いたようなものです。

【関連記事】薩長同盟 討幕の密勅

結果、幕末の水戸藩は、坂道を転げ墜ちるように、悲惨な方向へ。
薩長土肥からも外され、幕末は藩内で東西両軍どちらかにつくかで割れてしまい、悲惨な内戦に陥ります。

幕末期、薩摩藩と結び、国学をリードした水戸藩。
いくつかの問題はあったものの、将軍慶喜まで輩出した水戸藩。

しかし、維新が終わってみれば、呆気なく失墜してしまうのです。

熱愛から、憎悪へ――。
これぞまさしく、幕末薩摩と水戸の関係です。

 

スポンサーリンク

母に殺鼠剤 父に割腹自殺

尾形百之助「親殺しってのは……巣立ちのための通過儀礼だぜ」
コミックス6巻59話より

尾形両親の関係は、西郷隆盛や大久保利通と、水戸藩の豪農であった相楽総三をも彷彿とさせます。

相楽は、西郷と大久保らの要請に応じて江戸でテロを起こし、幕府を挑発。
その後、年貢半減令を出しながら進軍します。

しかし、年貢半減は無理だと悟った西軍は、相楽を偽官軍扱いして斬首したのです。

【関連記事】相楽総三と赤報隊

薩摩出身男性の言葉を信じて突き進み、破滅した相楽の姿。その姿は、誰かを彷彿とさせませんか?

そう、尾形の母です。

浅草芸者であった尾形の母に、ぞっこん惚れた花沢幸次郎。
二人は恋に落ち、尾形百之助が母の腹に宿ることになります。

しかし花沢は、軍人としての世間体を重んじます。
縁談が迫ると、あっさり尾形母子を捨て、他の女性(花沢勇作の母)と結婚したのです。

尾形の母は、愛した相手に捨てられたことで精神が錯乱してしまいます。
まだ幼かった尾形は、母を毒殺すれば父が看取りに来るだろうと考え、母に殺鼠剤を飲ませました。

そして、母は苦しみ亡くなりました。
冷たい父は、それでも母の最期を看取ることはなかった……。

明治維新では、水戸藩は酷い目に遭う一方です。
しかし尾形は、その通りの歴史を歩むことを拒否します。

尾形は日露戦争の最中、異父弟の勇作を射殺。
そして戦争後、父までも自刃に見せかけて腹部を切り裂き、殺害するのです。

その背後にいたのは、鶴見でした。

幕末の水戸と薩摩の関係を反転させたとみるか?
水戸藩の薩摩藩への復讐とみるか?

しかも新潟の鶴見まで、一枚噛んでいるのですから、業が深いです。

 

母方一族は「士族かもしれない」

尾形に注目してみますと、彼の母方一族は「士族かもしれない」と思わせる要素があります。
他の素朴な兵士たちとはちょっと違う、洗練性を身にまとった人物像です。

尾形は異母弟のような「祝福された道」について父に問いかけます。

彼のように知勇兼備で、父によく似た青年ならば。
上等兵にまで上り詰める能力の持ち主ならば。
確かに、祝福さえされれば、弟のように気品溢れる立派な軍人となっていたのではないかと思わせる、そういう説得力があるのです。

それが、何かの少しのズレで、そうはなれなかった――いわば宿命がまとわりついているように思えます。

尾形の母は、客であった父に惚れ込むほど、純情である。
芸者とは本来、芸を売るものであり、客と性的関係は持たない(持つと「山猫」と陰口をたたかれる)。
それを越えてしまうほど、二人は親しくなった。
尾形の母には相当な覚悟があったのでは?

尾形の祖父母、母ともども姿勢がよく、どこか気品を感じさせます。
彼自身も、どこか洗練性がある。

アメリカ独立戦争での狙撃手について知っているほど知性的で、博識。
幼少期の尾形が身につけた射撃の術と銃は、幕末に戦った祖父から受け継いだ可能性もありますね。

 

スポンサーリンク

「之助」という名前は武士由来

『ゴールデンカムイ』の人物名を見ていると、実は共通点がある人物がおります。

それは尾形百之助と、薩摩閥のエリート・鯉登音之進です。
「之助」と「之進」は、共通点があります。

ウィキペディアの【仮名(通称)】から引用させていただきますね。

〜之介、〜之進
武士が官職風の仮名を名乗る過程で、京官の地下人たる「進」、地方官(国府)の次官である「介」「助」などの呼称が人名として用いられるようになる(鉄之助など)。町人の中にも助という名乗りをする者がいたが、「〜介」「〜之介」「〜之進」などの名乗りはほとんど武士階級のみが用いた。

この二人は、名前からすると士族両親の子の可能性があるわけです。

尾形家とは、幕末の動乱で落ちぶれた水戸藩士族で、貧しさのあまり、娘を芸者としたのかもしれません。
そう考えると、明治政府真ん中でエリート街道を歩んだ花沢家との格差に驚かされます。

「祝福された道が俺にもあったのか……」

尾形は、父にそう語りかけますが、これは水戸藩が言いたかった言葉ではないでしょうか?
もしも水戸藩が祝福されていたら、幕末から明治にかけて、もっと別の道があったでしょう。

尾形という男は、両親から幕末の因果を受け継いだ、業の深い人物です。
薩摩出身の父に復讐を遂げたとはいえ、主人公の杉元たちとは激しい対立軸があります。しかも、射殺した異母弟・勇作の亡霊に取り憑かれているのです。

尾形という人物は、歴史の亡霊に取り憑かれたかのような、暗い魅力があります。
彼は深い業と運命を背負った、宿命の中から生まれた人物なのだ、と思わざるを得ません。

そこが人気投票でも首位を争う、魅力なのでしょう。




スポンサーリンク


文:小檜山青

【参考文献】
ゴールデンカムイ
明治維新とは何だったのか: 薩長抗争史から「史実」を読み直す』一坂太郎
もう一つの「幕末史」』半藤一利

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-ゴールデンカムイ特集

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.