歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

山岡鉄舟/wikipediaより引用

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新

山岡鉄舟53年の生涯をスッキリ解説! 西郷隆盛を説得した武芸のサラブレッド

更新日:

さて、問題です。

Q.幕末に西郷隆盛を説得した、名前に「舟」のつく幕臣は誰でしょう?
A.勝海舟

ブブーーーーーーーッ!
惜しい。実は半分正解で、答えは勝海舟と
山岡鉄舟
になります。

読み方は【やまおかてっしゅう】ですね。

歴史好きの方にはよく知られた名前であり、「幕末の三舟(ばくまつのさんしゅう)」として、勝海舟・高橋泥舟(たかはし でいしゅう)と並び称される傑物。
その生き様はまるで「武士の鏡」のようであり、はたまた剛毅で真摯な心の持ちようは、現代人の魂をも熱く揺さぶる特別な存在でした。

一体、山岡鉄舟とは?

 

神陰流、槍術樫原流、北辰一刀流

山岡鉄舟(本稿はこの名で統一)は天保7年(1836年)、徳川家康以来の旗本・小野朝右衛門の長男として江戸に生まれました。

後述しますが、槍の師範である山岡家に養子として入ったのが安政2年(1855年)のこと。
同家の跡を継いで山岡姓となりました。

ともかくこの山岡、武芸のサラブレッドとも言えるほどの血筋でして。

実家の小野家も武芸の家柄、母の家は剣豪・塚原卜伝を祖先に持つというのです。

ご本人にも、やはり才能があったのでしょう。
幼い頃から神陰流、槍術樫原流、北辰一刀流を学び、メキメキと力を付けます。

16才で母、17才で父を亡くすという不幸に見舞われながら、山岡はたくましく成長。
身長6尺2寸(188センチ)、体重28貫(105キロ)という、当時としては規格外の体格にまで育ちました。

幕末から明治時代の男性平均身長が155センチ程度とされていた時代にこの体格です。

現在だったら2メートル越えくらいの感覚でしょうか。
そりゃあ、強いのも、納得ですね。

 

スポンサーリンク

「幕末の三舟」の一人・高橋泥舟は義理の兄弟

嘉永5年(1852年)。
山岡は父の死に伴い、江戸へ戻って幕臣となります。

父は生前、3500両もの大金を貯めていました。
「俺が死んだらこれで御家人株でも買えばいい。それで身を立てろ」
そう言い残していたのです。

そしてその翌1853年、黒船が来航します。

勝海舟や福沢諭吉のような、西洋流の学問に通じた者とは異なり、山岡は武芸の男。
彼自身の政治的な見解としては、
「異人め許さん!」
程度で、当時としては平均的なものでした。

山岡は千葉周作らから剣術を、山岡静山から槍術を学びます。
そして静山が亡くなると、その妹・英子を妻に娶り、山岡家の婿養子として跡を継ぐのです。

ちなみに静山の弟が「幕末の三舟」の一人である高橋泥舟。
泥舟は槍の達人であり、母方の高橋家を継いでいました。

 

新選組に入るところだった!?

安政3年(1856年)。
刀槍の技量を認められた山岡は、講武所剣術世話役に任命されます。

さらに翌安政4年(1857年)には、清河八郎と共に「虎尾の会」を結成。
ここでピンと来た方もおられるでしょうか。

そう、清河八郎といえば新選組です。

清河の働きかけにより、文久2年(1862年)、幕府は浪士組を結成させ、山岡が取締役に任命。
文久3年(1863年)には、将軍・徳川家茂について上洛します。

幕府は、この段になって初めて清河の目的に気づきます。
彼の目的は、将軍家ではなく天皇家配下の戦闘員を集めることでした。

そこで幕府は浪士組を江戸に呼び戻すのですが、京都に残留した試衛館の者たちが新選組となります。

山岡は、このとき江戸に戻ります。
そして、清河が暗殺されると、彼と親しくしていた山岡も謹慎処分となってしまいました。

 

スポンサーリンク

質素倹約 剣と禅に生きる

時代がいよいよ激動の最中へ動いていきますが、鉄舟はあくまで剣と禅に打ち込みます。

剣は、中西派一刀流の浅利又七郎義明に弟子入り。
禅は、長徳寺願翁らの元で修行を積みました。

山岡の家は極めて貧しく、妻の英子が育てた野菜を食べてしのぐ、そんな生活です。
が、食事に不平不満は一切言わず、ただ腹がふくれればよしとし、質素倹約を旨としました。

山岡は不殺を貫き、家のネズミすら殺しませんでした。

そのため、ただでさえ粗末な家が、ネズミにかじられてボロボロ。
そんな生活でありながら、来客があると非常に丁重にもてなす。

まさに武家の鏡のような山岡夫妻でした。

 

難しい交渉 西郷への使者に立候補

慶応4年(1968年)、徳川慶喜は鳥羽伏見の戦いで敗北し、江戸まで敗走して来ました。

江戸城では、勝海舟が幕臣たちの意見をまとめ、西軍を率いる西郷隆盛に渡してしまおう、ということになったのですが……誰も行きたがりません。

「高橋泥舟ではいかがでしょうか?」
そんな案も出ますが、慶喜は泥舟を側に置いておきたいと反対します。

ここで立候補したのが、山岡でした。

勝海舟は、ちょっと困ったようです。
勝にとって、山岡は【攘夷だと張り切っていた剣豪】という認識しかありません。

難しい交渉事など不可能。ヘタをすればとんでもない条件で西郷と折り合ってしまうかもしれない。

そんな懸念も横切りながら、しかし、やがて山岡の気魄に感じ入りました。
コイツなら任せられる――。
そう確信したのです。

困窮のあまり刀すら差していない山岡は、大小を友人に借りました。

同行者は、薩摩藩士の益満休之助(ますみつ きゅうのすけ)

益満は、西郷から受けた江戸攪乱の密命によって暴れまわっていたところを捕縛され、勝のはからいによって捕虜とされていたのです。

「朝敵徳川慶喜家来、山岡鉄太郎! 大総督府へまかり通る!」

そう大声で叫びながら、ズンズンと突き進む山岡。
西軍はあっけにとられ、誰も手出しできず……と言われています。




スポンサーリンク


いかにも豪胆な山岡らしい振る舞いですが、ここは益満の、
「薩摩藩でごわす」
という言葉の方が効果があったと考える方が自然かもしれません。

次のページへ >



-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.