久坂玄瑞/wikipediaより引用

幕末・維新

幕末でモテモテだったのドコの誰?1位が久坂で2位が土方 薩摩隼人は……

男にも女にもモッテモテ!

2018年大河ドラマ『西郷どん』では、主人公の西郷隆盛がそんな視点から描かれることは放送前から周知されておりました。

明治維新から150年、2018年大河ドラマの主人公となるのは男にも女にも“日本史上最もモテた男”西郷隆盛です。

『西郷どん』 注目は男にも女にもモテる未熟でうかつな主人公│NEWSポストセブン

確かに西郷は、魅力的な人物として知られますし、そのことに異論を申し上げる気持ちはサラサラありません。
薩摩隼人たちの気風は、時代もエリアも異なる世界で生きる私からも非常に魅力的に映ります。

薩摩隼人が怖すぎ!漫画ドリフターズやゴールデンカムイなどで強烈な彼らを検証

続きを見る

しかし、です。
幕末・維新当時の人にとって、コトはそう単純ではありません。

特に江戸では
「薩摩芋がモテた? おととい来やがれ!」
「芋侍に抱かれるのだけは、勘弁でありんす」
と、散々な評価でした。

では実際にモテたのは?

結論から申しますと京都では長州藩士であり、その中でも久坂玄瑞が際立った存在。
そして新選組土方歳三も同様に女性からの人気が絶大でした。

久坂玄瑞 幕末一のモテ男が25才で夭折したのは松陰の遺志を継いだからこそ?

続きを見る

土方歳三35年の生涯まとめ! 生き急いだ多摩のバラガキは五稜郭に散る

続きを見る

本稿では、西郷どんのモテモテ真偽とあわせて振り返ってみたいと思います。

 

薩摩趣味といえば男色でごわんど

モテるモテない以前に、大河ドラマ『西郷どん』からすっぽ抜けている要素。
それが、当初描かれると思わせぶりにしていた「男色」です。

薩摩趣味(薩摩の男色)を大河ドラマ『西郷どん』で描くことはできるのか?

続きを見る

別に「濃厚なBLをやってほしかった!」ということではありません。

薩摩では、明治時代になってから「鹿児島で遊郭ができた!」と驚かれるほど、男色が盛んだったということ。
つまり、女からのモテ要素を出すのはそもそもおかしいんじゃないのか、というところです。

西郷隆盛はじめ薩摩藩士が、美男を見て「よか稚児!」(美少年)と熱くなった話はありまして。

大山格之助なんか、戊辰戦争で大苦戦した庄内藩の名将・酒井玄蕃と出くわした際、そのイケメンぶりにメロメロになったと伝わります。

【マンガ版】幕末 東軍最強のイケメン名将・酒井了恒(のりつね)とは?

続きを見る

もう一点。
「島妻」であるる愛加那(とぅま)の扱いです。

彼女や彼女との間に生まれた子は、史実ではどう考えても差別的な扱いをされております。

愛加那~西郷2番目の妻とは? 西郷に愛され菊次郎を産んだ奄美の島妻

続きを見る

西郷菊次郎(西郷の息子)は戦争で右足を失い台湾へ 68年の生涯まとめ

続きを見る

薩摩本土と離島の間には、差別関係がありました。
差しだされたような立場の島妻を、「島の女にもモテた!」と言い張るのは、無神経だと思うのです。

 

幕末モテモテ伝説! 主役は長州・久坂と……

では幕末でモテモテ伝説を持つ集団と言えば?

長州藩士たちです。

中でも、180センチ超の長身かつ、一番の美男であり美声の持ち主・久坂玄瑞がバツグン。
吉田松陰の妹・文からも惚れられ、久坂本人はいやいやながらも結婚に至っております。

彼が京都で漢詩を吟じながら歩くと、色街の女がうっとりとして声をあげたというのですから、幕末ナンバーワンのモテ男かもしれません。

久坂玄瑞 幕末一のモテ男が25才で夭折したのは松陰の遺志を継いだからこそ?

続きを見る

久坂以外も、長州藩士はともかくモテモテ。
それというのも、色街でパーッと気前よくお金を使うからです。その原資が藩の金だと思うと、ちょっと複雑な話ですけれども……。

禁門の変」では、長州藩の暴走という側面がありましたが、それでも京都の人々は彼らにエールを送り続けました。
女性相手でも、お金を使いまくる話が「英雄色を好む」ものとして喧伝されたのです。

ちなみにモテないことで有名だったのは、会津藩士です。

それというのも、彼らの背景には「真面目さ」と「苦しい藩財政」がありました。
会津藩士は、妻以外の女性および男性との性的交渉は原則禁止。
それを破った場合、妻が誇りを失ったとして離縁することすらありました(山本覚馬と妻・うら等)。

ただし、藩主である松平容保はまた別の話。
その美しさと気品ゆえに、彼が姿を見せると女官がざわめいたのだとか。

松平容保とは?会津藩祖・保科正之の教訓に縛られた悲劇の血筋【幕末名君譚】

続きを見る

「壬生狼」と京都の人々から嫌われ抜いた新選組隊士だって、色街ではモテることがあります。

そんな中でも、モテ男伝説ナンバーワンは、この方!

報国の心ころわするゝ婦人哉
【意訳】モテモテで国への忠誠心すら忘れちゃうヤダー

そんな狂句を詠むほどに女性から支持されたのは土方歳三。

現代人も当時の人が見ても
「こ、この人はイケメン!」
と驚くほどの美貌の持ち主ですからね。そりゃ、モテますわ。

土方歳三35年の生涯まとめ! 生き急いだ多摩のバラガキは五稜郭に散る

続きを見る

んで、肝心の薩摩は?

西郷と豚姫、あるいは大久保利通のように、個々のロマンスは確かにあります。
ただ、久坂レベルの伝説はナシ。

あの西郷にも愛人がいた!? その名も「豚姫」という祇園仲居の人柄に惚れ

続きを見る

西郷の側近であり、人斬り半次郎として恐れられた中村半次郎桐野利秋)なんかは、坂本龍馬の妻・おりょうを脅して関係を迫ったとして、宿屋から「嫌やわぁ」と嫌われた話もあります……。

龍馬の妻・おりょう(楢崎龍)66年の生涯~夫を暗殺された後は生活苦?

続きを見る

中村にも、村田さとという交際女性はいたそうですけれども、モテとはちょっと違いますね。

ちなみに『花燃ゆ』でこうした長州モテ路線が封印されたのは、そこを描くとヒロインが気の毒だからでして。
さすがにその辺りは脚本家にとって気の毒だったと思います。

 

生麦事件で迷惑を被ったのは薩摩だけではない

京都ではボチボチ……と言った薩摩藩士のモテっぷり。
これが江戸になると、断然、ヤバくなってきます。

江戸での薩摩イメージは、幕末以前から、
「犬を喰っている薩摩、やべえな……」
というのがありまして。

現代のフィクション作品でも【薩摩隼人】と言えばワイルド&狂気なイメージで流通しておりますが、元を辿れば江戸時代からだったんですね。

薩摩隼人が怖すぎ!漫画ドリフターズやゴールデンカムイなどで強烈な彼らを検証

続きを見る

維新直前については後述するとして、幕末の時点で薩摩は江戸っ子にとって大迷惑でした。

生麦事件です。

生麦事件~そしてイギリス人奥さんは頭髪剃られ 薩英戦争で友情生まれる

続きを見る

実は薩摩藩士が噛んでいた「桜田門外の変」では井伊直弼をおちょくっていた江戸っ子も、今度ばかりは洒落になりません。

イギリスとの賠償交渉で決裂したら関東が火の海になってしまう――。
そんな懸念から、事件後は老中の井伊正直が関八州の大名・旗本に対して、何があっても対応できるように!と促していたのです。

この部分、あまり触れられないので、
「薩摩とイギリスの薩英戦争で終わったんでしょ」
と思われがちです。

が、冷静に考えてみればそうですよね。
薩摩だろうが長州だろうが、自国民を殺された英国が幕府に対して黙っているワケがない。

江戸が攻撃される恐れだって当然湧いてくる。

結果、江戸っ子もパニックになり、混乱に乗じて犯罪が横行、治安が劇的に悪化したのでした。

生麦事件の結果、薩英戦争に至ったとはいえ、薩摩藩側はイギリスと手を結び、WIN-WINの関係へと持ち込んでいます。
しかし、その背後で大迷惑を被った関東の人々もいたわけでした。

薩英戦争で意外に少ない薩摩の被害 イギリスと仲良くなった理由とは?

続きを見る

 

無粋な客は帰りやがれ

そんな江戸っ子にとって、最悪の展開を迎えたのが維新前夜です。

大河『西郷どん』では、
「慶喜が生きていたら民が苦しむから、江戸を放火して戦争を起こそう!」
という西郷のムチャクチャな理屈で、視聴者が困惑しきりました。

んで、実際に薩摩御用盗というテロ集団が暴れ回り、放火、殺人、強盗、暴行を繰り返したんですから、そりゃあ江戸っ子も怒りますわ。

相楽総三と赤報隊は時代に散った徒花~西郷に見放された草莽の志士たち

続きを見る

新政府軍は江戸っ子から嫌われておりました。

『西郷どん』では西郷が本を読みながら居眠りしていた場面が暢気に出てきましたが。当時の江戸っ子のホンネはこんなものです。

「ケッ、目障りな田舎武士どもが将軍様のお城に居座りやがってよぉ。とっとと帰りやがれ」

当時江戸で出回っていた諷刺画では、図々しい客が長居し、家主がうんざりしている様子が描かれております。

そんな諷刺画でも、特に切れ味鋭く、歴史の本質を突いたものがありまして。
豊原国周の『善悪悪人鏡』というシリーズです。

役者を描いた「判じ絵」で、この石川五右衛門がスゴイ!

眉墨や衣装からして公卿風味。
着物の柄は「い」の文字を使った紋。

つまり岩倉具視を示しておりました。

これは江戸っ子の、
「おめえさんたちゃあ、ヤレ天子様の勅を得ただの大いばりだけどよ。俺らからすりゃあ、おめえさんが大泥棒の石川五右衛門だってこたぁ、お見通しよ」
という、精一杯の嫌味です。

江戸っ子からすると「倒幕の密勅」などは、天下を盗もうとする大泥棒の猿芝居に過ぎません。
彼らはその胡散臭さをわかっていました。

実際、その真贋となると、偽勅(ぎちょく・偽の勅)である見方が強いのです(以下、関連記事に詳細あり)。

【討幕の密勅】をわかりやすく解説!なぜ大政奉還と同日に出されたのか?

続きを見る

 

「情夫(いろ)にするなら彰義隊

『西郷どん』では、モテたという設定の新政府軍も江戸っ子からは嫌われておりました。

幕末の江戸っ子は明治維新を全く歓迎せず? 瓦版が語る「おはぎとおいも」

続きを見る

彼らが声援を送っていたのは、彰義隊士、会津藩と庄内藩。
幕府の誇りのために戦うと期待されていたのです。

これは江戸っ子のみならず「悪逆を倒してくれ!」あの天璋院篤姫も期待を寄せていたほどです。
実家の島津家から顔に泥を塗られるような真似をされていた彼女も怒り心頭であり、ドラマのような生ぬるい対応はまずありえません。

西郷と篤姫の関係は? 史実から見て2人の間に恋愛感情は無理ありすぎ

続きを見る

彰義隊にしても、ドラマではまるで「聞き分けが悪い反抗期の子供たち」のような描かれ方をしておりました。

が、彼らとて命がけで武士の誇りを賭けて戦ったのであります。そして、これがもう最期になるだろうと遊郭に向かえば、江戸の遊女たちは大歓迎しました。

「情夫(いろ)にするなら彰義隊」
そう口にして、彼らをもてなしたのです。

一方で新政府軍の兵士は遊郭でも嫌われ、不運にも殺害されることすらあったのだとか。

その中でも嫌われ度ランキング堂々の一位は薩摩藩士でした。

理由は、言うまでもありませんが「薩摩御用盗」です。
江戸の家を焼き、財産を奪った相手を、誰が好きになるというのでしょう?

そしてこの「薩摩御用盗」を放ったのが西郷隆盛ですから、モッテモテどころか非モテの筆頭。
むしろ西郷どんのせいで、薩摩藩士が嫌われてしまうのです。

のちに「血まみれ芳年」とすら呼ばれるほど残酷な画風が特徴であった月岡芳年は、上野戦争で倒れて死にゆく彰義隊士の姿をその目に焼き付け、後にその姿を描きました。

彰義隊士の無念を絵画に込める――。
江戸っ子は、自分なりの戦い方で、新政府のやり口に反抗する方法を模索していたのです。

彰義隊が散った上野戦争~旧幕府軍の悲しき結末を振り返る

続きを見る

 

負け惜しみの強い江戸っ子と、強情な会津っぽ

新政府の支配下になってからも、江戸っ子たちは腹の底では不満をくすぶらせていました。

そんな江戸っ子も西郷隆盛を賞賛した時があります。

それは別に西郷が好きというよりも、
「こんな新政府がでぇ嫌いでぇ、倒してくんな!」
という意味のエール。

政府を下野して西南戦争に至る姿であり、モテと呼ぶにはさすがに無理がある。

負け組となった幕臣旗本も、新政府について働く人は少数派。
大半が徳川慶喜について静岡へ移住します。

なぜこうなったか?と申しますと、政府に仕えて東京で暮らし続ければ、近所から白い目で見られてしまうことすらあったのです。

八百屋や魚屋も、こうした家とは取引をしなかったことがあるほどだとか。
こうなると生活できないレベルです。

西郷の倒幕で民は腹いっぱい食えるようになった?明治維新のマイナスあれこれ

続きを見る

『西郷どん』では「俺、西郷どんのファン!」とニコニコ笑顔の勝海舟も、実際はそんなはずはありません。
実際、あんなことをして鰻を一緒に食べていたら、江戸っ子からブーイングの嵐でしょう。

彼が新政府に協力的に見えたのは、主君である慶喜の身分を、政府に取り入ることで守るという意図がありました。

しかし、そんなものは福沢諭吉からすればお話にならない理屈。

「痩せ我慢もせずに明治政府に仕えて生きている勝海舟とか、榎本武揚とか、生きていて恥ずかしくないの?」
という内容の『痩せ我慢の説』を発表し、大炎上を起こしております。

慶応ボーイのイメージとはかけ離れた反骨っぷりですね。

福沢諭吉67年の生涯をスッキリ解説!強烈な武士の誇りを持ち続けた偉人の素顔

続きを見る

福沢のようなガチで大炎上上等だった幕臣以外でも、江戸っ子たちの胸にも武士の誇り、将軍様のお膝元で生きてきたという思いがありました。

例えばこんな有名人がいます。

先祖は三河武士。
しかもあの徳川家康の身代わりになっていた――。

明治維新で没落したけれども、自分の体には誇りある血が流れている。
彼もそう思っていたことでしょう。

この人物は、イギリスに留学したのち、新聞記者、そして作家として歩みだします。

夏目漱石の先祖は三河武士! しかも三方原の戦いで家康の身代わりで死んだって!?

続きを見る

そうです、夏目漱石です。

夏目漱石の人生を変えたあの名著『吾輩は猫である』ができるまで

続きを見る

彼の代表作『坊ちゃん』には、維新で苦労した人々が登場します。

主人公は、無鉄砲な江戸っ子。
主人公を可愛がる下女の清は、維新で没落して苦労を重ねた女性。
主人公と気が合う、真面目で正義感の強い数学教師・山嵐こと堀田は、会津っぽ。

無鉄砲な主人公を取り囲む人物は、維新で苦労をした側ばかりなのです。

主人公と山嵐は、うらなりという弱々しい教師を救うべく、卑劣な上層部と奮闘し、敗北してしまう。そういうお話。
この二人は、互いに負け惜しみが強いわけだ、意地っ張りだと語りあいながら、意気投合してゆくのです。

ちょっと深読みかもしれないとは思うのですが、維新で負けた側が、それでも俺らはただ負けたわけじゃねえ、そう言い張っているような、そんなプライドを、漱石の作品からも感じてしまうのです。

話をモテに戻しますと……西郷も薩摩藩士も別にモテておりません。
明治以降も、あまりにワイルドな薩摩隼人ぶりがドン引きされたことすらありました。

薩摩隼人は色々と規格外!大久保の畳回し!従道の裸踊り!川路の大便投下!

続きを見る

黒田清隆に至っては、酔っ払って砲撃して死者を出すわ、妻を殺したという噂までありまして……。

モテたどころか、むしろ江戸っ子から引かれていた薩摩藩士。
にもかかわらず大河ドラマで、捏造レベルで描くのは、今更ながらに『やりよったな……』という思いです。

全然モテなかった学生時代の記憶を改ざんして、
「いやあ、俺マジでモテて困っていたわ」
と主張する奴がいたら、聞かされる方は辛いだけでしょう。

なぜ2015年の長州大河でモテをテーマにしなかったのか?
他に薩摩隼人の魅力を引き出す方法はあっただろうに……つくづく悔しい大河になってしまいました。

文:小檜山青

【参考文献】
『幕末維新の風刺画 (歴史文化ライブラリー)』(→amazon link
『江戸の瓦版~庶民を熱狂させたメディアの正体 (歴史新書y) 』(→amazon link

 



-幕末・維新
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.