赤穂浪士討ち入り/Wikipediaより引用

江戸時代

赤穂事件=赤穂浪士の討ち入りはテロ事件?史実はどのように進んだか

12月の歴史的な出来事といえば、やはり忠臣蔵の元ネタである元禄赤穂事件でしょう。

一昔前までは、毎年この時期ドラマなりドキュメンタリーで見かけていましたが、最近はさほどの需要でもないようで。

事件や忠臣蔵に対する世論が大きく変わってきたことを感じます。

忠臣蔵はお芝居なので脚色がスゴいですが、史実の事件も現代人からすると「ゑっ?」とツッコみたくなる点が多すぎますからね。

というわけで、今回は元禄15年12月14日(1703年1月30日)に起きた、元禄赤穂事件赤穂浪士)の討ち入りを振り返ってみたいと思います。

ちなみに本事件は【鍵屋の辻の決闘】と【曾我兄弟の仇討ち】と併せて【日本三大仇討ち】に数えられ、

藩主のカレシに横恋慕して殺害【鍵屋の辻の決闘】がなぜ日本三大仇討の一つに?

続きを見る

曾我兄弟の仇討ち
曾我兄弟の仇討ちは哀しい結末~巡り巡って鎌倉幕府に新たな犠牲者が

続きを見る

その中でも赤穂事件が最も日本人には知られている気がします。

ただ、あまり興味のない若い方は、

「キラという爺さんと揉めた正義の大名・浅野ナントカが理不尽な切腹にあったので、家臣が仇を取りにいった話」

ぐらいの認識しかないかもしれません。

そもそも、このあらすじがお芝居である『忠臣蔵』の影響を受けすぎていますので、赤穂事件の史実的な面にスポットを当ててみましょう。

※文中の記事リンクは文末にもございます

 

赤穂事件の当事者は吉良と浅野

まずは人物紹介から。

キラこと吉良上野介義央(きら こうづけのすけ よしひさ)。

この人は幕府と朝廷の儀式作法を教える高家(こうけ)というお家柄の人です。

実は今川氏真の玄孫(ひまごの次の代)にあたります。

氏真は、大河ドラマ『おんな城主直虎』で尾上松也さんが演じて話題になりましたよね。

今川氏真は愚将か名将か~敵だった家康や信長と友好的に振る舞えるのはなぜ?

続きを見る

もともと今川家は、足利家→吉良家という流れから派生した高い家格の一族でした。

もう一人は、浅野内匠頭長矩(あさの たくみのかみ ながのり)。

現在も赤穂の塩で有名な赤穂藩(現・兵庫県赤穂市)の大名です。

領地や官位からすればさほどエラい大名ではありませんでしたが、塩田の開発を成功させるなど、領国経営もうまくできていてそこそこ人気のあるお殿様でした。

赤穂浪士の四十七名については名を挙げると夜が明けてしまいますし、本題はそこではないので割愛します。

四十七名の内訳だけざっくりお話しますと、下は10代から上は70代。

生粋の武士から歌舞伎役者のような美青年、長矩とアーッ!な関係だった人までいろいろいました。

 

なぜ浅野は吉良を斬りつけたのか?

で、その浅野内匠頭が、突如として吉良上野介義央に斬りかかります。

それが元禄14年(1701年)3月14日のこと。

どうして浅野が吉良に切りつけたのか?

実は理由がはっきりしておりません。

忠臣蔵/Wikipediaより引用

吉良が浅野に嫌がらせをしたとか、浅野がワイロを送ってこなかったので教えるべき作法をきちんと教えてくれなかったからだとか。

いろいろ言われていますが、これはお芝居上の脚色や当時の「お・つ・き・あ・い」を考えてみると当たり前という面もあります。

吉良家は身分や仕事は保障されているものの、給料は少なく余裕はありませんでした。

しかし仕事上衣服や道具などにお金がかかるので、公私両面の支えとして、あっちこっちの大名からの礼金・贈り物は欠かせなかったのです。

贈るほうも粗相のないよう、きちんと作法を教えてもらいたいですからそれなりに奮発もします。

これがワイロのように見えるだけで、実際には「おぬしも悪よのう」「苦しゅうない、近う寄れ」「黄金色のまんじゅうは美味であったぞ」というような、いかにも時代劇な黒い話はさほどなかっただろうと言われています。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-江戸時代
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)