源義経/wikipediaより引用

源平

源義経31年の儚き生涯まとめ! 兄・頼朝とすれ違い続けた悲しき英雄とは

歴史上の人物は、コトを成した人よりも、悲劇的な最期を迎えた方が人気が出がち。

例えば……。

いずれも同時代に活躍しながら儚く散っていった前者の方が圧倒的に支持が厚く、物語として、あるいは神様として、今なお語り継がれています(道真と道長は少し時代が離れてますが)。

しかし、そんな彼らより、圧倒的に人気の差がクッキリしている兄弟がおります。

そう、源義経源頼朝です。

頼朝が政治力も駆使しながら鎌倉幕府を開く――という偉業を成し遂げる最中、その頼朝から追われて奥州藤原氏に殺害されるという悲劇のヒーロー・源義経。

いわゆるドストレートな判官贔屓ですが、実際、気分的には義経を応援したくなりません?

そこで本日は、源義経の生涯という面にスポットライトを当ててみたいと思います。

 

平治の乱があった年に生まれる

まず、最初に断っておかねばならないことがあります。

今なお日本史でトップクラスの人気を誇る義経ですが、史料はかなり少ないです。

登場するのは、晩年にあたるほんの数年。それも『平家物語』や『義経記』などの創作物が中心のため、どこまで事実なのか判然としない部分が多々あります。

つまりは、今後、新たな発見の余地が残されている人物であり、通説が覆される可能性も十分にありますが、ともかくそれでは前に進めませんので、「こまけえこたあいいんだよ」の精神でお話を進めていきます。

えさし藤原の郷にて再現された義経街仏堂

源義経は平治元年(1159年)、平治の乱があった年に生まれました。

平治の乱は年末の話(新暦では年明け)なので、当時の義経はおそらく生後数ヶ月。幼名は牛若丸といいました。

源頼朝や源範頼と比べて広く知られているのは、やはり創作の多さと判官贔屓によるものでしょう。

母の常盤(ときわ)は、近衛天皇の中宮だった九条院(藤原呈子)の雑仕(身分の低い召使い)だったといわれています。

義経の父・源義朝とは、ドコで出会ったのか不明。

常磐が身ごもったと思われる時期は保元の乱と平治の乱の間で、義朝もアレコレ忙しかったはずです。

ただ、両者の間には、義経の他にも二人の息子がいるので、それ以前から懇意にしており、お気に入りだったのでしょう。

当時の価値観や、常磐の雑仕という身分から考えると、その辺で顔を見て気に入った……なんて可能性もありそうです。

少女マンガにでもなりそうなシチュエーションですね。

 

「将来出家するなら命だけは助けよう」

平治の乱で義朝が敗死すると、常磐たちも窮地に晒されました。

常磐は義経ら幼い息子たちを連れて逃げましたが、平家側の追っ手に捕らわれてしまいます。

同じく捕縛された頼朝は、この時点で元服・初陣を済ませていました。

斬首にされる寸前で、清盛の義母・池禅尼の決定で伊豆への流罪で済んでいます。詳細は、頼朝の記事を御覧ください。

源頼朝53年の生涯まとめ! 出生から鎌倉幕府の設立 死因 その素顔に迫る

続きを見る

一方、義経たち三人は全員、年齢がひとケタ代だったため、

「将来出家するなら命だけは助けよう」

ということになりました。そして全員、別々のお寺に預けられます。

義経は京都の北にある鞍馬寺に預けられ、仏道修行に入りました。

「夜は天狗に武術を教わっていた」なんて話もあり、いかにも平安時代の話という感じがしますね。

京都・鞍馬寺の山門

そして思春期頃に突如出奔し、自ら元服して「九郎義経」を名乗ります。

「九郎」は義朝の九男であることから。「義」は源氏の通字からきていると思われますが、「経」の字だけ由来がよくわからないところです。

「経」には経典や書物に関する意味が多いので、ただ単にお寺にいたから仏教に関係するような字を選んだのか、他の理由があったのか……。

ちなみに「首をくくる」という意味もあるそうです。こわっ。

 

奥州藤原氏へ身を寄せ

どこをどう歩いて流れ着いたのか。詳細は不明ながら、義経は奥州藤原氏へ身を寄せました。

当時の奥州藤原氏の当主は藤原秀衡です。

秀衡が義経の言い分をそのまま信じたかどうかはわかりませんが、源氏の御曹司を庇護することについて、デメリットはありません。

そもそも、奥州藤原氏は後三年の役で源氏に味方してもらったからこそ成り立ったという歴史的事実がありますしね。

前九年の役をわかりやすく! 源頼義が足場を固め、源氏台頭へ繋いだ一戦

続きを見る

後三年の役をわかりやすく! 武士のシンボル・源義家が偉大なる棟梁へ

続きを見る

もちろん、義経が本当に源氏の御曹司ならば味方につけておいて損はありませんし、もし事実でなかったとしても、担ぎ上げることはできます。

最悪の場合でも客将くらいに扱うことは可能でしたでしょう。

つまり、この時点では、どのパターンになっても奥州藤原氏にとっては悪くない話だった、と考えていいかもしれません。あくまでこの時点では……。

えさし藤原の郷で再現された奥州藤原氏の鎧

秀衡の縁者には、後白河法皇の近臣(いわゆる「院の近臣」)が何人かおりました。

その中に常磐の再婚相手だった一条長成(いちじょうながなり)がいたため、長成のツテによって義経は秀衡の下へ行った……という説もあるようです。

それならそれで、もうちょっと記録が残りそうな気もしますが。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-源平
-,

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)