明治・大正・昭和 食・暮らし

北海道は「食の歴史」も過酷そのもの~米豆の育たぬ地域で何を食う?

「来週、北海道旅行なんだよ~♪」

友人からそんなふうに言われたら、どう思います?

雄大な大自然とか、サッポロビールとか、松山千春さんとか鈴木宗男さんとか発想する前に、まずはコレですよね。

「美味いもん食べまくりだな、くぅうううううう!」

嫉妬混じりな思いが浮かぶと同時に、さりげなく六花亭のお土産をねだったりして、ともかくあなたの口元は(^q^)ジュルリとほころぶことでしょう。

しかし、です。
北海道のグルメが有名になったのは、そう昔からの話ではありません。

なんせ本格的な入植が始まったのは明治維新後のこと。

北海道開拓はとにかく過酷! 明治維新の敗者、屯田兵、新選組、囚人、ヒグマ

続きを見る

開拓者や屯田兵は、本州とはあまりに違う気候に悩まされ、日々の食にも四苦八苦しておりました。

本稿では、北海道の食の歴史について見て参りましょう。

 

臭くてマズイ 冷蔵技術も未発達

北海道への入植が始まった明治時代。

日本人の食習慣が今とは異なっており、現在好まれている北海道特有の品々も、こんな風に思われておりました。

◆乳製品→明治時代の人々にとってはむしろ「臭くてマズイ」

◆豚肉と牛肉→あくまで外国人向け

◆羊肉→臭くてマズイの代表格

◆海鮮料理→冷蔵技術が未発達なため、距離の遠いところではそうそう気軽に食べられない

◆米→稲作が普及しておらず主食はジャガイモ、トウモロコシ、カボチャ

現代のようなラーメン、スープカレー、チョコレートなど、口元(^q^)ジュルリな食べ物は、戦後、普及までにかなりの時間がかかっております。

西洋から持ち込まれた果樹栽培についても、苦労を重ねてなんとか定着させなければ……という状況でした。

(ニシン)やエゾシカのように、過剰な狩猟や漁業によって、生態系が歪んでしまった悲劇もあります。

なにより明治時代はしばらくの間、稲作すらできませんでした。

 

米飯、味噌、醤油、漬け物がない

主食となる炭水化物は、ジャガイモからの摂取に頼りました。

トウモロコシだって米飯代わりにやむなく食べるもの。米が取れないから、糠(ぬか)もない。つまりは沢庵(たくあん)といった漬け物すら作れません。

しかも、その頃は梅も大豆も作れない。

えぇ、そうです。
味噌と醤油も納豆もないということに他なりません。

米、味噌、醤油、漬け物。調理に大事なものが何もない!!!

本州から来た人々にとって、さぞかし絶望的な状況だったことでしょう。かつての北海道がどれほど味気ない食事だったか、辛かったか……想像を絶するものがあります。

ゴールデンカムイ』の杉元は、好物の干し柿が食べられないとアシリパに語ります。

それ以外にも、本州以北にあっても北海道にはない食物がありました。

※「アシリパ」の「リ」は小文字です

 

「三平汁」に見られる苦労の跡

北海道出身者にとっては、懐かしの味があります。

その代表格が「三平汁」です。

かつてはただの「三平」と呼ばれていたそうで、鮭のアラや魚介類たっぷり。塩でシンプルに味を付けても、魚介類の出汁が出ていて実に美味!※レシピ例

というものではありますが、この料理には苦労のあとが見て取れます。

・調味料は塩だけ
→大正時代までは大豆栽培が広まらず、醤油も味噌も高級品だった

・魚介類や昆布を入れる
→出汁を出すということもあるけれども、他に豊富な食材がなかったから

江戸時代からあったこの料理、起源も諸説あって特定はできません。

入植した人々が、ありあわせの材料を刻み汁物にする。

それを松前藩主のような身分の高い方から名前を聞かれ、ひねりだしたのではないかとされています。

ご当地グルメなんて感覚ではなく、限られた食生活の中、人々が工夫を凝らして食べられるようにした料理です。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-明治・大正・昭和, 食・暮らし
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.