我妻善逸

『鬼滅の刃』3巻/wikipediaより引用

この歴史漫画が熱い! 明治・大正・昭和

我妻善逸(鬼滅の刃)が人気投票1位だったのは「強さ&成長」が鍵では?

『鬼滅の刃』の人気キャラは誰なのか?

第2回ランキングの結果、第一位はなんと我妻善逸(あがつまぜんいつ)でした。

1位 我妻善逸

2位 冨岡義勇

3位 時透無一郎

4位 竈門炭治郎

5位 胡蝶しのぶ

6位 嘴平伊之助

7位 煉獄杏寿郎

8位 伊黒小芭内

9位 不死川実弥

10位 栗花落カナヲ

11位 竈門禰豆子

12位 甘露寺蜜璃

13位 宇髄天元

なぜ善逸が1位に輝いたのか?

圧倒的な人気作品だけに、数多の解析記事はあります。

◆意外?「鬼滅の刃」人気投票 1位は炭治郎ではなく……(→link

◆『鬼滅の刃』キャラクター人気投票、なぜ我妻善逸が首位に? ランキングを徹底考察(→link

◆善逸くんが堂々1位…『鬼滅」キャラランキングに見る今ドキの理想の「男の子」「悪役」とは(→link

流行りのウェブメディアのみならず、あの文春オンラインでも記事化されるほど。

ここまで錚々たるメンツを取り上げた上で「オマエの意見はどうなんだ?」と問われたら、冨岡義勇のこんな脳内会話が浮かんできます。

不死川実弥「人気投票理由の推察ぅ? チッ そんな簡単なことでいいのかよォ」

義勇「これを簡単と言ってしまえる簡単な頭で羨ましい」

スミマセン。上掲の記事を煽っているわけでもないのですが……人気投票の意義は何か、作品の本質にどの程度関わりがあるのか、本当に解析そのものが正しいのか?なんてことを考えると、色々と思うところも出てきてしまうのです。

例えば……。

・本作は複数回人気投票が実施されており、順位変動も激しい。最終的長期的な傾向解析は、今回だけでは測れないのでは?

・人気投票は、意図的な介入や操作の可能性もある。信憑性という点では、グッズ売上等の効果の方が確実かも知れない。

・真の理由は結局のところ、ある程度想像なり解析はできても、把握できないのではないか?

ここまで踏まえると、どうして1位が善逸なのか、ある程度の分析はできますが、「善逸が人気な理由はこれ!」とまでは断言できません。

ひとまず、順位を見た個人的な感想は以下の通りです。

「義勇が、現実世界にいたら真っ先に嫌われそうなのに、2位なんて凄い。他のフィクションでも、似たような性格のキャラはぶっ叩かれがちなのに……義勇、よかったな……」

冨岡義勇
冨岡義勇(鬼滅の刃・水柱)はコミュ障で片付けず本質を見てみよう

続きを見る

と、長い前置きで申し訳ありません。

ここから先は本記事のテーマである「善逸の人気」について理由を考察してみます。

『鬼滅の刃』3巻(→amazon

 

我妻善逸、実は強い

善逸に人気があるのは、ある意味、当然とも言えます。

彼は主役の炭治郎、伊之助と並ぶ立ち位置にいて、ベストスリーに入ることが自然な存在。

他の二人が4位と6位であるあたり、そんな簡単にセオリーは通じないのかもしれませんが、露出度などから他のキャラクターより目立つのは間違いないでしょう。

そして誤解されがちなことではありますが、善逸は同期の中でも飛び抜けて資質があり、かなり【強い】部類だと思うのです。

理由をざっと挙げますと……。

・五感組でも実は一番使い勝手がよい聴覚! 視覚のカナヲは疲労が激しい。味覚の玄弥は使い方が限定的

・日輪刀損耗率が低い。炭治郎はむしろ割と壊している

・負傷も、比較的重くないことがある

・技数、手数が少ないうえに勝利する。そこまで共闘が多いわけでもない。単独戦闘力はかなり高い!

・戦い方が割とシンプルで真似しやすい

そんなわけで、

「弱いのにがんばる善逸くんはエライ! そこが好き! 俺って善逸タイプ!」

と思っていると、それは彼の普段の性格に欺かれていることになります。

もしも『鬼滅の刃』五感組が現代に生きてたら? 怖いのは周囲の無理解かも

続きを見る

『鬼滅の刃』が少年漫画を変えた!善逸・沼鬼・伊之助らで変えたのだ

続きを見る

そもそも、なぜ善逸は弱い&ヘタレと思われるのか?

◆すぐ寝るから

絵柄とあいまってヘタレのように思えますよね。

しかし短期休息や睡眠で疲労をリセットし、突進力を出せる人はかなり強い。

現実世界で【パワーナップ】を取り入れてみるのもありでしょう。

◆弱音を吐くから

いつも涙目で、奇声を発するところがおかしくて、ヘタレに思えることは事実。

しかし実際は強いにもかかわらず、そう言っているだけであり……見様にとっては、卑劣な騙し方です。

空っぽの城でわざとらしく琴をかき鳴らす諸葛孔明かっ!

善逸は、心の底にある不安感や嫌な気持ちを素直に出してしまう。しかも出し方が極端ですよね。

自身への過小評価が根底にあり、かつそれが表面化しやすい。

ゆえに誤解されがちですが、何度も言う通り実際は強い。

善逸は無限列車で【稀に見る自我の強さ】の持ち主だと証明されてもいます。

そんな善逸は、実は2位の義勇と遠いようであり、近いところもあるのかもしれません。

善逸も、いつまでたっても死んでしまった錆兎と自分の比較をやめない。ゆえに自己評価が低い。

ただ義勇は徹底して隠す。隠蔽する。おまけに言葉足らずで誤解を招く。

両者ともに、自己評価が低く自己嫌悪に悩まされているにもかかわらず、そのアウトプットが歪んでいるために誤解を受けやすい。そんなタイプですね。

それが人気投票でワンツーというあたりに、本作らしさを感じます。

漫画やアニメで見ているぶんにはおもしろくとも、学校や職場で接する上ではトラブルになるかもしれません。

ギャーギャー弱音を吐いているくせに、いざ本番になると無茶苦茶強い善逸くん。嫌味か! ってなる。

自己評価が低く、全然しゃべらないし、何を考えているか不明。なのにやっぱり仕事ができる義勇さん。

隣にいたら困っちゃいませんか?

 

善逸は禰豆子ちゃんラブ! そしてエッチな女好きなのか?

「善逸はエッチでセクハラをしている! やっぱりそういう男子がいいんだよ!」

そんな意見も、善逸の誤解されている点だと思います。

『鬼滅の刃』で一番色香を理解し、粋に遊んでいる――そんな伊達男は圧倒的に宇髄天元でしょう。

顔がよいだけではなく、女性や弱者をさっと助ける男ぶりがお見事。三人も妻がいることは忍びの掟ありきとはいえ、相思相愛であることが凄い。

彼ほど、大人の色香がムンムンと漂うヒーローは、少年漫画では稀有な存在でありませんか。

そんな天元と比較すれば、善逸はひよっこ。男と女のなんたるか、なんて1ミリもわからねえガキだろ!……ってなところです。

天元は大人の男であり、女を守ることが何かをきっちり理解しています。女がいれば幸せになれるほど単純なものでもなく、与えて支えあってこその関係性。そこまで到達しています。

善逸はどうか?

彼は幼く、孤独な家庭環境もあってか、かわいい女の子を人間ではない、何か神秘的なものであると思っています。

女の子さえいれば、幸せになれる!

女の子さえいれば、きっと全ての悩みが消えてゆく!

生身の女の子ではない、何か理想のものを追い求めている。

善逸がヨダレを垂らして近づく女の子は複数おりますが、彼の目から見た理想の女の子像には、最近きっちり定義されつつあります。

【マニック・ピクシー・ドリーム・ガール】

【ボーン・セクシー・イエスタディ】

 

こういうヒロイン像が悪いというよりも、都合のいい、逆らわないヒロインでないと萌えられない、それってどうなのよ?

そんな問題提起の概念ですね。

『鬼滅の刃』禰豆子が漫画史に残る特別なヒロインの理由~さらば、妹萌え

続きを見る

善逸の禰豆子ちゃんへの愛情は、幼い少年の無邪気なもののようでいて、実は結構問題がある設定かもしれません。

というのも、禰豆子は話すこともできず、同意が取れない。あくまで善逸の一方的な目線での愛です。

天元と比べるとわかりやすい。三人の妻全員ときっちりコミュニケーションを取っている一方、善逸と禰豆子にはそれが成立していません。

禰豆子が人間に戻って、意思の疎通ができたとき――それでも善逸の愛が通じていて、お互い確認が取れるまでは、どう転ぶか決定的ではない愛だということです。

といっても、善逸の愛はあくまで純粋であり、卑劣な犯罪じみたことでもない。

禰豆子が動けない時に何かするとかではなく、花を持って笑顔で捧げているところに注目しますと……善逸だって悲しいのではありませんか?

笑顔で花を捧げるところではなく、奇声と共にセクハラするところが人気の理由とされたら、彼自身だってショックなのではないでしょうか。

これでもか!

そうダメ要素が多いとされる善逸ですが、決定的におかしいと思えるところは実はそこまでありません。

言われるほど嫌われる要素もないし、意外でもない。

それが善逸だとは思えるのです。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-この歴史漫画が熱い!, 明治・大正・昭和
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)