モルガンお雪

モルガンお雪/wikipediaより引用

明治・大正・昭和

モルガンお雪「4万円(8億円)の貞操」と罵られ~JPモルガン御曹司との愛

いつの時代も、女性に関する話は尾鰭が付くものです。

例えば著名な芸能人同士の不倫だと、男性側にも非がありながら、世間の攻撃は女性に対して激しくなったりしますよね。

となると、昔の話ならもっとえげつない差別をされていたことは想像に難くなく、本日はその一例に注目。

明治三十七年(1904年)1月20日は、京都の芸妓・お雪がアメリカの大富豪ジョージ・デニソン・モルガンに身請けされたとされる日です。

俗に【モルガンお雪】と呼ばれ、数々の舞台や小説の題材にもなりました。

名前だけ聞き覚えがある、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

現代でもそう多くはない国際結婚で明治時代は言わずもがな。

お雪は一体どのようにして、ジョージの妻となったのでしょうか。

 

ワールドクラスの大金持ち・モルガンに見初められる

お雪の生い立ちははっきりしていません。

士族の家柄、刀鍛冶の娘、刀剣商の娘など諸説あり、姉が祇園で妓楼を経営していたため14歳のとき芸妓になったとされ、外国人専用のお店で働くようになりました。

当時、外国人用の店はその手の業界では格下に見られていたとのこと。

が、お雪は歌や舞、そして胡弓の演奏を得意としており、評判が良かったそうです。

そして20歳のとき、ちょうど10歳年上のジョージと出会います。

ジョージ・デニソン・モルガン/wikipediaより引用

彼はアメリカの財閥・モルガン家の一族で、“超”がどれだけつくのかわからないほどの大金持ちでした。

母国で婚約者から一方的に別れを告げられ、失恋の痛手を癒すために日本へ旅行に来ていたのだそうで、風物が性に合ったのでしょうか。

ジョージは少しずつ立ち直っていきます。そして、夜の遊び場でお雪と出会ったのです。

お雪の美貌と優れた芸の腕前に惚れ込んだジョージは「お雪を身請けしたい」と申し出ました。

即座に返事ができることではないため、お雪も郭の主人も話を引き伸ばします。

そして資産家の一族であるという都合上、ジョージも一度に長期間の滞在はできないため、一旦アメリカへ帰りました。

 

新聞に報じられ、京都帝大の学生と破局

この間お雪は、他の客にも「外国人から身請けしたいと言われている」という話をしていたようです。

その中に、芝居小屋「千本座」の主・牧野省三がいました。

彼はこの話を聞いて面白がり「そんなら4~5万くらいふっかけてみな」と言ったそうです。

それがなぜか数日後の新聞に「4万円の貞操」という大見出しと、お雪の写真入りで書きたてられました。

開国後・維新後とはいえ、まだまだ日本人にとって外国人は「毛唐」だの何だのと言われ、印象が良くなかった頃のこと。まだ何も話が進んでいないのに、お雪への世間の印象が悪くなるのは当然でした。

実はお雪にはこの頃ちょうど、ジョージと同じ年頃の恋人がいたのです。が、この騒動によって別れざるを得なくなったといわれています。

恋人とは、京都帝大(現在の京都大学)の学生だったらしいのですけれども、学生の身分でどうやって郭の女性とそういう関係になったんですかね。

当時の帝大生といえば、それなりの資産や身分、学力がなければ入れません。

となるとジョージの身請け話やスキャンダルがなくても、雪との結婚は親族から反対されて実らなかった可能性が高い気がします。

一方で、ジョージは日米間の移動に数ヶ月を要する時代、4年に3回という頻度でわざわざ海を渡って来てくれたのですから、彼女も誠意を感じたことでしょう。

こうして雪は、ジョージに4万円で身請けされることになったのです。

モルガンお雪/wikipediaより引用

 

「金に目がくらんだ女」と書きたてられ、米国でも疎まれて

さて、ここまで引っ張ってきて、皆さんもじれったく感じられていることでしょう。

だ・か・ら、当時の4万円って今のナンボやねんな!

タイトルからお察しいただいているかもしれませんが、現在だと8億くらいの金額になると言われてます。

雪とジョージは正式に結婚式を挙げてアメリカに移った後、一時帰国したことがあるのですが、そのときこの金額が持ち出され「金に目がくらんだ女」などと新聞に書きたてられました。

モルガンと日本人妻・雪の米国到着を伝える新聞記事(1904年)/wikipediaより引用

自分が大金を稼げないからといって、人の稼ぎにケチをつけるのはいただけませんね。

ジョージは雪の美貌と芸、人柄がどうしてもほしくて、納得してお金を出したのですから、当事者以外がゴタゴタいうことではありません。

そもそも妓楼にいる女性は身請けされるか、借金を返済しなければ郭から出られないのです。

そこで金額が法外だからとはいえ、正当な手段で出た雪を非難するのなら、郭の仕組みそのものを否定して女性たちを助けろと。

そういうこともせずにただ罵るのは筋違いなことではないでしょうか。

「自由と平等」と(表向きは)謳うアメリカですら、雪への視線は冷たいものでした。

クリスチャンでないこと、東洋人であることなどから、モルガン家やニューヨークの社交界に受け入れてもらえなかったそうで。

ジョージの姉・キャロラインだけは理解してくれたらしいのですが、親族の中で味方が一人だけというのも辛かったでしょう。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-明治・大正・昭和
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)