菅原道真/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安時代

無名のヒラ役人が朝廷No.3へ大出世!菅原道真ってやっぱり学問の神様だ!

投稿日:

学問の神様といえば天神様こと菅原道真

受験生に大人気の神様ですが、10月はまだちょっと気が早いですよね。
にもかかわらず、なぜ今日この日(10月18日)に道真公を取り上げるかというと彼にとって特別な日だからです。

平安時代の元慶元年(877年)10月18日、菅原道真が文章博士に登用されました。

 

菅原道真は大学教授で文筆家&天皇の先生

文章博士の読みは
「ぶんしょうはくし」
ではなく
「もんじょうはかせ」です。

仕事内容は、大学の教授と文筆家のみならず、天皇の先生を兼任するというスペシャルハードなものでした。

もっとも、これには日本人の気質が大きく関係していて、単に全部押し付けられたとかそういうわけではありません。
日本の学校制度は当初中国の歴代王朝を基本にしており、中国人と日本人で好む学問の分野が違ったため、こういう収まり方になったのです。

具体的に申しますと、中国では儒学が好まれた。

一方、日本では文学や史学に関心を持つ人が多かったので、担当する文章博士の権威も大きくなり、そこから発展して天皇の先生をやったり、貴族からの依頼で漢詩や文章を書くようになっていったのです。

現代でも紙の本や電子書籍問わず「日本人は読書好きだ」って言われることがありますから、民族性なんですかね。
まぁ、全国民に対し統計取ってみたら、諸国と変わらん……なんてこともあるかもしれませんが。

 

道真は生誕地も不明なほど身分が低かったが

やがて文章博士は身分も引き上げられます。
従五位下という貴族と同等の位を与えられるようになりました。

同格には少納言や少輔など、貴族や戦国武将の官位でよく耳にするものが並んでいます。 そのくらい重要視されるようになったということです。

時は藤原氏が隆盛を極めんとしていた頃。
下級貴族たちにとって、藤原氏のコネ以外で出世するには、文章博士になるのがもっとも手っ取り早く確実な手段といっても過言ではありませんでした。

そこで下級貴族たちは、息子をこぞって大学寮(国立の官僚候補学校)に通わせるようになります。
道真も同様に大学寮へ入っています。

実は、道真の生誕地はわかっていません。
そのくらい元の身分が低かったんですね。

とはいえ、小さい頃から詩歌の才があったといわれていますので、少なくとも読み書きなどの教育が受けられるギリギリの家だったという可能性が高いです。
ちょっと意外。

 

無名の青年が頭脳を武器にわずか8年で大出世!

大学寮は中国の科挙と同じように、試験にさえ受かれば身分の低い者でも入学できました。
ごくごく僅かですが、名字を持たない身分の人が入学した記録もあります。

道真もこのシステムのおかげで頭角を現し、18歳で入学して23歳の時には文章得業生もんじょうとくごうしょう(文章博士の候補者)に選ばれています。

さらに26歳のときには、文章博士の行う「方略試ほうりゃくし」という試験にも合格しました。
本当はここで位階が3つ上がるのですが、それでは文章博士を超えてしまうというので1つに留められたほどです。

無名の青年が頭脳を武器に、わずか8年で大出世!
なかなかドラマチックな展開ですよね。

そして元慶元年に文章博士になった後も讃岐守となって領地をもらったり、宇多天皇と藤原氏とのゴタゴタを片付けるなど活躍しました。

宇多天皇からも厚く信頼され、その息子・醍醐天皇の代には右大臣にまで上り詰めています。
隆盛振りは凄まじく、自分の娘を宇多天皇の息子・斉世親王(ときよしんのう)に嫁がせるほどでした。

と、これがやっかみを買う原因になってしまいます。

 

皇位簒奪のデッチ上げで太宰府へ左遷される

ただでさえ余所者が権力を持つことが気に入らない藤原氏です。
直接邪魔をされた上、皇室の外戚となった道真に報復しないわけがありません。

この雰囲気を感じ取った後輩で同年代の三善清行みよしのきよゆきが道真に「お前、ちょっとやり過ぎてるからここらで引退したほうが後々いいんじゃないの?」と忠告してくれたのですが、元々この二人は仲が悪かったため、道真は聞き入れませんでした。

仲悪いのに忠告してくれたなんて清行さんマジ善人。

案の定、道真は
「婿の親王殿下を皇位につけようとしている!」
なんて出鱈目をでっちあげられ、都から比べれば未開の地にも等しかった大宰府へ左遷されてしまうのでした。

大宰府で過ごしたのは亡くなるまでの二年ほどでした。
が、息子達も流罪になってしまったため、家を再興する見込みも絶たれてしまっています。

左遷の首謀者は藤原氏なのか。
天皇家内のいざこざによるものなのか。
詳細は不明ですが、どちらにしろ道真のミスではありません。

せっかく頑張って、一代で官位No.3まで上り詰めたのに、そんな目に遭わされたら祟りたくもなろうというもんでしょう。

それで清涼殿落雷事件なんて起きるのですが、それはまた以下の記事へお譲りさせていただきます。

清涼殿落雷事件は菅原道真の祟りだと!? 醍醐天皇に降りかかった大事件

延 ...

続きを見る

長月七紀・記

【参考】
国史大辞典
太宰府天満宮

 



-飛鳥・奈良・平安時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.