飛鳥・奈良・平安

イケメン貴族・平貞文のおマヌケ失恋劇~人妻を諦めるため◯◯を盗んだら

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
平貞文
をクリックお願いします。

 

「あの美人も人間なんだから、出すものは出すだろう!」

後日そのことを咎めても、本院侍従は「急に陛下からのお召しがあったので」としか言いません。

振り回されてばかりの状態に堪忍袋の緒が切れたか、貞文は「こちらから振ってやろう」と考えました。

この考え自体が未練タラタラかつモテなさそうな感じですが、貞文は残念だけどイケメンなのでモテモテです。

そして、なぜか本院侍従のお◯(隠れてきれてない表現)を持ってくるよう、従者に命じました。

※注 当時はいったん樋箱(ひばこ・携帯トイレのこと)にしてから捨てていた

「あの美人も人間なんだから、出すものは出すだろう。それを見れば、百年の恋も冷めて諦められるに違いない!」と思ったわけです。おいおい、もうちょっと手段を選べと。

しかし、従者がイヤイヤながらにお◯を持ってくると、何やら良い香りがします。

不思議に思って貞文が開けてみると、そこにはお香を練り固めたものが入っていました。

「してやられた!」とは思ったものの、これで貞文はますます本院侍従を諦められなかった……。

という話です。

 

個性が強すぎて絶句するほかないが……

上記の通り、物語に入っている話なので、まるごと創作の可能性はあります。

もし事実だとすれば、貞文の従者が本院侍従やその侍女にかくかくしかじかと話して、一計を案じただけだったかもしれませんね。

さすがに「お◯を持って来い」とまで考えることは予測できなかったでしょうし、本院侍従も「汚いものをわざわざ見せたくないわ。ちょっとからかってあげましょう」と思う……ハズ。

このエピソードが強烈過ぎて、平中といえば歌や史実よりもこの話が出て来る始末。

そういうことを予測できないから、本院侍従にもフラれるんじゃないですかね……。

貞文のご先祖様である桓武天皇には、在原業平の他にも嵯峨源氏や桓武平氏など多くの子孫がいます。

その中で、なぜ貞文だけがこれほど個性的な面だけを語られるようになったのか。

興味の尽きないところですね。

貞文が「さだふん」なのも、もしかしてフンだけに……はしたなくてスミマセン。

あわせて読みたい関連記事

桓武天皇
桓武天皇のパワフル生涯! 遷都のほか様々な改革を実行できたのはなぜ?

続きを見る

家臣の妻の風呂を覗く師直
家臣の妻の風呂を覗いて大コーフン 人妻大好き黒執事・師直は星4つ

続きを見る

女性関係のもつれで放った矢が法皇へ!藤原伊周が長徳の変でやっちまった

続きを見る

亀姫
母は殺され兄は自害~家康の長女・亀姫はメンタル不安定な毒姫か?

続きを見る

愛する男に逢いたくて放火 評判の美人・八百屋お七に一体何が起きた?

続きを見る

藤原薬子
娘の夫と不倫した傾国の美魔女・藤原薬子 挙句の果てに事件を起こす

続きを見る

藤原道綱母『蜻蛉日記』
嫉妬でドロドロ藤原道綱母の『蜻蛉日記』行き過ぎたツンデレが我が身を呪う

続きを見る

孝謙天皇(称徳天皇)の珍妙ネーミング攻撃!政敵は改名で凹ませて

続きを見る

島津忠恒(四兄弟の跡継ぎ)は鬼島津の息子なれど謀殺や嫁いびりが酷い?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
平貞文/wikipedia
平中物語/wikipedia

TOPページへ

 



-飛鳥・奈良・平安
-